関西化工株式会社
余吾 俊

良い仲間に恵まれた

今まで無かった物を生み出す、それが賢者の仕事。 40年以上に及ぶ研究と開発の歴史。決して楽では無かった。 それでも、その歩みは止まる事はない。 明日の成功を信じ進み続けた賢者と、その仲間達に迫る。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 余吾 俊
会社名 関西化工株式会社
出身地 愛媛県
出生年 1950年
こだわり LOHAS
趣味 ガーデニング
特技 マージャン
休日の過ごし方 スポーツ、ガーデニング
座右の銘 我以外皆我師
好きな食べ物 ニンジンジュース
尊敬できる人 自分にないモノを持っている人

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    両親・兄弟と教育一家に生まれながら、勉強・スポーツ・クラブ活動には熱心に取り組んだとは言い難く、学生時代は麻雀に明け暮れました。ただしこの麻雀から学び得るものは多く、柔軟に局面によって対応することができるのはビジネスにも通ずるところがあります。これらは学生時代に遊びから学び得ました。感性・洞察力・バイオリズムへの対処法等の醸成に繋がった時期と言えます。

  • 社会人時代

    当時は高度経済成長期ということもあり、何をやっても夢がありました。4年間浄化槽や排水処理のプラントを販売する営業職に就いていました。そこで1番に喜びを感じる瞬間は、大きな企業様との取引が始まった時でした。今もなお通ずる考え方は、商品を売り込むのではなく「人」を売ることです。気を使って人と付き合うのが嫌で本音で付き合い、仕事にも趣味にも一生懸命取り組みました。

  • 起業のきっかけ

    もともと独立志向は強く、人に指図されて動くより、自身の思い通りに自由に人生を歩みたいと独立を決意しました。そして、下請けではなく自分たちで製作し、企画し、販売するメーカーの道を選びました。よき仲間やお客さんに恵まれ、四国から大阪、関東、上海へと進出して行きました。自分達の考えたものが世に必要とされ、その結果社会貢献となることが、仕事の醍醐味だと考えています。

  • 現在の事業

    水処理事業であれば、リニアにエアー調整の出来るバルブを開発しました。それを開発するにあたり様々な部署の社員が力を合わせ、出来上がった製品です。また、クロスディフーザー(散気装置)の開発に当たっては、今までにない素材にこだわり「布」に着目し、耐久性、性能実験を繰り返し製品化し、日本下水道新技術機構の認定を頂きました。我が社では、研究所だけに頼らず、「オリジナル商品開発会議」という誰も自由に参加でき、共に商品開発に携わることが出来る仕組みがあります。売り上げや利益を考えるだけでなく、一緒に一つの物を開発できる喜びがあり、それが仕事の醍醐味だと思っています。

  • 今後の展望

    水処理事業、ロハス事業、フラワー事業、リサイクル事業の4つの事業をリンクさせながら、SDGsやESG、CSRを意識した事業を展開してゆきたいと考えています。国内では老朽化対策ビジネスに注力し、海外では国内において成功したビジネスモデルを展開しています。この4つの事業に共通して重要なのが微生物です。新たな取り組みとしては、みかんの搾りカスを微生物の力で有機肥料にし、その肥料でにんじんを栽培し、健康に良く・美味しいニンジンジュースの製品化を目指しています。水処理を極めたからこそ、様々な可能性が広がっていると確信しております。会社の価値と規模は関係ありません。信頼できる仲間とイキイキ・楽しくこれからも様々な事業に挑戦していきます。

  • 若者へのメッセージ

    本当に現代の若者は真面目で優秀だと日々感じております。勉強やスポーツもでき、理解力も記憶力もあって羨ましくも感じています。ただ、「感性」という部分では物足りなさを感じます。スマートフォンの普及により、一瞬にして情報を収集出来る時代です。このような時代だからこそ、是非、自分のアイディアを出す発想力そして「感性」を磨いて欲しいです。また、そういう若者が増えてくれる事を期待しています。

会社概要

企業名 関西化工株式会社
所在地 大阪府吹田市広芝町9-9
業種 製造
卸売・小売
設立 1985年
資本金 4,000万円
従業員 120名
事業内容 微生物をコアコンピタンスとして、水処理・フラワー・リサイクル・ロハスの4つの事業を展開。
URL http://kansaikako.co.jp/

関連動画