武ダホールディングス株式会社
武田 幹郎

未来を創り出す賢者の挑戦

経営者になりたい。 賢者は明確な目的を持っていた。2014年に武ダホールディングスを創業し 140名のホールディングスカンパニーにまで押し上げた。 そのキッカケは学生時代に経験したある挫折にあった。 フィールドを開拓し続ける賢者の挑戦を追う。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 武田 幹郎
会社名 武ダホールディングス株式会社
出身地 北海道
出生年 1975年
こだわり あきらめないこと
趣味 テニス、ゴルフ、スキー、旅行
特技 誰とでもすぐに話せること
休日の過ごし方 スポーツをすること
座右の銘 継続は力なり
好きな食べ物 しゃぶしゃぶ、とんかつ
尊敬できる人 両親、孫正義

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    札幌で生まれ育ちました。幼い頃は非常にわんぱくな子どもだったようです。人前に立って話すことが好きで、幼稚園のイベントで開会の挨拶をしたこともあります。子どもの頃から「人前に立つためには何をしなければいけないのか」ということを考えていました。その経験が経営者という立場になった今も生きていると思います。小中高と勉学に励み過ごしましたが、初めて挫折を経験したのは大学入試の時です。北海道大学への入学を志望していたのですが、3度挑戦しても合格できなかったのです。さすがに3浪は厳しいので、希望ではない他大学に進学しました。周りの学生と比べて学歴にハンデを感じていた私は、「皆から認められるためには経営者になるしかない」と強く思いました。将来経営者を目指すにあたり役に立つだろうということでゴルフ部に入ったのですが、キャプテンを任されたことで、自分もリーダーになれる力があるのではと自信につながりました。忍耐強さや辛抱強さも身につけることができたと思います。

  • 社会人時代

    大学卒業後はゼロから経営者になるための勉強がしたいと思い、当時父が経営していた塗装会社に入社し、まずは職人としてスタートしたのですが、そこは痛烈に厳しい世界でした。学問的な知識はほぼ役に立ちませんでした。大学を出たのにどうして職人になったんだと、「大学卒」という肩書がかえってバカにされる理由にもなりました。またストレートにものを言う方が多いので、社員にも社外の協力関係にある職人にも、「お前にはなにもわからないだろう。」や、「なんでお前がここにいるんだ。」など、かなり厳しい言葉を投げられました。ただ私も言われっぱなしで終わるわけにはいかないので、他の職人の塗装技術を目で見て盗んだり、父親から指導を受けたりと必死に勉強を重ねました。そのかいあって、1年と経たないうちに職人たちにも認められるようになりました。

  • 起業のきっかけ

    父の会社は当時、年商2億円ほどの会社でした。塗装業で2億円の売り上げは上位の方だと思います。会社を継承していくのは立派なことですが、塗装業だけでなく、建設業全体に関わることがしたいという夢が私の中にありました。そのために私自身も北海道内中、さまざまなところに営業に回りました。25、26歳の時です。自分で仕事を取ってくるしかないわけですから、寝る間もなく働いていました。退路を断つと人は思わぬエネルギーを発揮するもので、とにかく必死に、どんな小さな仕事でも受注して、一つひとつ実績を積み重ねていきました。そこから協力会社と提携したり、新卒者も採用したりして、徐々に総合建設会社を作り上げていきました。一方で、事業の拡大を図るため、一級建築施工管理技士、一級土木施工管理技士を取得しました。「決めたからには必ずやり切る。」、「経営者という道では誰にも負けない。」と、受験での挫折の経験から、ここでは絶対成功したいという気持ちでしたね。

  • 現在の事業

    創業に向かって2006年に特定建設業許可を取得したことで、総合建設業、いわゆる「ゼネコン」を目指すスタートラインに立ちました。大きな工事を取ってくる「営業力」、そしてそれを受注できるだけの「技術力」、その2つの強化を図った結果、徐々に業績を伸ばしていくことができました。さらなる飛躍に向け、2014年、複数の事業を総括する「武ダホールディングス」を創業し、社長に就任しました。武ダの「ダ」をカタカナにしたのは、「強い意思決定」という意味があるからです。武ダは技術を持って建設物を創設する会社であり、強い意思を持って仕事ができる会社にするという意味を込めています。多くの人たちとの出会いに感謝しつつ、初心を忘れずに街を創るという目的に向かって、日々邁進していきます。現在では、グループ会社6社、社員数140名の規模のホールディングスカンパニーを創ることができました。

  • 今後の目標

    「創業」という一つの夢が叶った今、次のステップは数字で言うと、武ダグループで2030年までに300億の売り上げをあげることです。その理由は非常にシンプルなもので、成功したいからです。上には上がいますので、経営者として、社長として、その人たちに追いつきたい、だからこそ夢のある数字を描いています。また、武ダホールディングスが一体何をする会社なのかと聞かれた時に、「輝く人の力で、豊かな街を創る会社」と答えたいです。これまでは社会資本整備、インフラ、道路、建物を手掛けてきましたが、次は、衣食住の「住」を担える会社にしたいと考えています。子どもを育てやすい環境を作るお手伝いもしたいので、保育園、幼稚園と手がけていきたいです。人が生まれてから死ぬまでに関わる「住」のインフラを、すべて武ダに任せていただけるような会社にすることが、私の使命であり、夢です。そこには、お世話になっている地元への恩返しといいますか、北海道を活性化させたいという気持ちが強くあります。

  • 若者へのメッセージ

    夢は強く想い、信じて行動すれば必ず叶います。皆さん、ぜひ「夢」を持って、失敗を恐れずに挑戦し、行動して下さい。失敗しても、何度も何度も挑戦すれば必ず成功します。あきらめずに頑張ってください!!!皆さんの成功を心よりお祈りしています。

会社概要

企業名 武ダホールディングス株式会社
所在地 北海道札幌市白石区中央2条1丁目6−15 武田ビル
業種 その他
設立 2014年
資本金 グループ全体 306,000,000円
従業員 グループ全体 140名
事業内容 経営コンサルタント業、総合建設業、不動産業、ガソリンスタンド業
URL http://www.takeda-holdings.co.jp/

関連動画

株式会社リブセンス 村上 太一

株式会社リブセンス

村上 太一

カルビー株式会社 伊藤 秀二

カルビー株式会社

伊藤 秀二

SBIホールディングス株式会社 北尾 吉孝

SBIホールディングス株式会社

北尾 吉孝

mercis マーヤ ケルコフ

mercis

マーヤ ケルコフ

東日本旅客鉄道株式会社 清野 智

東日本旅客鉄道株式会社

清野 智