株式会社総合印刷高永
高永 好政

アナログからデジタルへ

父親が創業してから半世紀に渡る総合印刷髙永。 家に帰っても「社長」であり「アナログ」だった父と対立する日々が続いた。 そんなある日、まさかの事態が起こる。身を奮い立たせ社長としての第一歩を踏み出す勇気。この決断は業界にも新たな風を生むこととなるだろう。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 高永 好政
会社名 株式会社総合印刷高永
出身地 兵庫県
出生年 1960年
こだわり 諦めない
趣味 ドライブ
特技 健康
休日の過ごし方 ONとOFFはきっちり分ける
座右の銘 有言実行
好きな食べ物 肉、鮨
尊敬できる人 田中 角栄

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    父が兵庫県西脇市で生まれ苦労の連続で神戸市須磨区へ本籍を移し1人この会社の礎を築くまでの間、私は2歳迄西脇市の祖父の家で育ちました。姉が1人いて姉は母方の多可郡 中町 鍛冶屋に1人4歳迄祖母の家で育ちました。私が3歳、姉が5歳の時に神戸市須磨区に移り親子4人で暮らし始めました。その後、神戸市中央区に引越しをして小学校4年生迄普通の家庭の中で楽しい幼稚園〜小学校生活を過ごしました。小学校5年の時に神戸市東灘区御影に引越しをし、初めて転校を経験致しました。今振り返れば小学校5〜6年及び中学校1年〜3年、高等学校1年〜3年其々の間の想い出が1番楽しい想い出として鮮明に残っております。大学入学は1度では成功出来ず1年間浪人生活も経験して京都市の大学へ電車通学をしておりました。京都へは出るものの大学へは行かず京都の街で遊びに明け暮れ、1回〜3回生迄は殆ど授業にも出ず、4回生になってから単位を取得する為にほぼ毎日朝から晩まで授業を受け最後はゼミの先生に助けて戴かき卒業論文で無事卒業する事が出来ました。

  • 社会人時代

    中学校時代は数学が得意で将来は数学の教師になりたいと思っており高等学校では理数系の組に在籍しておりました。車が好きで高等学校3年間の夏休み、冬休みは父の経営する弊社でほぼ毎日夜勤のアルバイトをして、稼いだお金はほぼ車に注ぎ込んでいました。当時の友人5〜6名も一緒に夜勤のアルバイトをしておりました。現在もその中の友人の2人は弊社の社員として在籍しております。高等学校2年の後半頃にアルバイトで仲良くなりました社員の方々、時には父の姿を見てこの会社を引き継ぐんだな…とふと思った時期が有り何故か高等学校3年から理数系から文化系への移動を先生にお願いした記憶があり、今振り返っても不思議です。幼いながら大学卒業後はよその釜の飯を食わないとダメだと思い色々就職活動をしておりましたが、その事が父の耳に入り同業他社に行っても甘やかされるだけだと言われ卒業後、何の抵抗も無く弊社に入社し現場配属を命じられ7年間現場で一通りの勉強を積み重ねました。今振り返ればこの7年間の現場での修行を経験したからこそ今の自分が存在するんだと実感しております。現場を覚えた後営業マンとして6年営業を経験致しました。その後、時代はアナログからデジタルへ急速に変化しており、デジタルの分野の立上げを任され当時のアナログで育った先輩社員の方々とデジタルで育ってきてる社員の方々との狭間に入りかなりの苦労をした事を今でも良く記憶しております。父はそのうち若い社員と上手く行かず、挙げ句の果てには創業当時の社員の方々とも対立する様になり、そのストレスの矛先が全て私に向けられ、毎日毎日怒鳴り散らされ任されたミッションも最後の最後には横槍を入れられてひっくり返される事が度重なり、私はこの会社を辞めようと決心しておりました。

  • 社長就任のきっかけ

    辞めようと思っていたその矢先に、父が会社で仕事中に急逝をしてしまい、そこでこの会社を引き継いでいく覚悟が出来ました。父の急逝後色々なシガラミも経験しカリスマ創業者の元育った社員の方々の指示待ち人間が多い社風を何とか変えないと若い社員が育立たないと痛切に肌で感じました。弊社の礎を築いて戴いた社員の方々が定年の節目を迎えられるまでは若い社員の方々にも説明をし理解を戴きその後、大きく若い社員の為に向け規定関係を全て見直ししました。ただ、そんな直ぐには何も変わる訳もなく私が代表に着き15年の歳月が過ぎた今最終の次の世代の為に私が苦労したシガラミの整理整頓の仕上げを正に継続中です。ただ、今振り返れば父から怒鳴られ続けた日々の数々の言葉の意味が今だからこそ薫陶として良く理解出来ます。弊社は今年の2/20に経済産業省から「健康経営優良法人」の認定も戴き人手不足と言う中沢山の人との良縁を戴居ております。社員あっての会社です。良い意味で父が急逝して貰って良かったと思っております。父が会長で存在していれば今の弊社は又、私自身も存在していないと考えます。この15年間、長い間鬱も患い何度も終活をする自分が居ました。今年の1月にあるキッカケでやっと腹も括れ命懸けで会社の社運、宝物の社員の命運を掛けたプロジェクトに取組んでます最中です。この9/1には3年掛りのプロジェクトのGOがかけられる所迄来ました。絶対に遣り切る覚悟です。幸い35年の間に経験した知識が私には有ります。もう何も怖いものは有りません。次の世代の為時代の急速な変化に取り残されない様に前だけを向いて更にスピードを上げて邁進して参ります。いま、毎日の様に次の世代の要となる人財を見極めるため、全社員の意識を変える為1人2〜3時間掛けて個人面談を全部書と実施しております。今期残り9か月、各部者毎月1人1回として9回個人面談を実施して最終形を構築し、次の世代が苦労しない様に全社員の生活を守る為全社員のベクトルを合わせるように日々努力しております。

  • 現在の事業

    今期に入り(期初は4/1)若年層の方に加えて御年配の方々も、新聞の購読者が急速に減少して行ってます。原因の多くは購読後の処分にかかる労力の低下が有ると私は考えております。タブレット、スマートフォン等々の電子媒体も御年配の方々にも扱い易くなりその利便性も高まってきたのも有ると思います。エンドユーザーもチラシの良さは十二分に御理解されておりますが折角の良い情報もその配送手段である新聞の減少によって届けたい先に情報が届かない…と言う事において色々と検証をされ出しました。例えば、毎週の折り込みを隔週で実施して集客数を見られる様になり、隔週でも集客数に影響が無ければその予算をTVCM等々他の媒体に変更するなど、大手の企業様程その傾向が強く、印刷業界におきまして大きな転換期をいよいよ迎えて来たと思います。現に同業他社様はチラシを生産する輪転機を廃棄し人員を整理される会社が増加して参りました。そんな中、弊社は最後の1社に残る覚悟で先ずは本業をやり尽くす事を最優先しております。同業他社が止める中、残存価値の縁を大事にし弊社には仕事が集まって来ております。内容もきめ細やかな仕事が増加して参り、弊社のハード力(細かい仕事を効率よくこなす力)とソフト力(社員力)とで社員全員が一枚岩となって、このピンチをチャンスと捉えて日々精進して居ります。それと並行して4年越しで現世代〜次の世代の社員の生活を守る為に第4次革命とされますデジタル化に取組んでおりやっとスタート台が見える所迄参りました。ここに来て西日本を中心におきました自然災害(地震、豪雨、酷暑、台風、酷暑)により益々厳しい状況となって来ております。しかし、このピンチもチャンスと捉えて次のステップに進んで参ります。この進行年度が正に正念場となります。

  • 今後の目標

    時代の急速な変化に取り残され無いように全社員が一枚岩となってアナログ→デジタルに革命が起こった時よりもスピード感を常に持って今後2年の時間で(2020年で)本業を核としました第4次革命に突き進んで参ります。私の中では全てが2020年と位置ずけております。私も還暦を迎える歳となり、次期経営者になるであろう人物も修行から戻って来る予定の年です。前だけ向いてやり抜きます。

  • 日本を背負う若者へのメッセージ

    弊社にも若い社員が沢山在籍して頂いております。日本の未来は私の中ではこのままでは終わってしまうと思います。まずは、必ず選挙に行って魂のこもった1票を投票して下さい。御年配も方々は選挙に行かれます。政治は票が命なので御年配の方々に対する法案を最優先します。若い方々は自らの1票でこの国の仕組みを変えて行かないと最後に困るのは若い方々です。TV報道は毎日毎日ウンザリする内容の繰り返しです。その間に数の力で1国会で100位の法律が施行されていってます。皆さんが納めてます税金の使途にも、もっと興味を持って下さい。私ども経営者が(特に我々中小企業)苦労して給与を引き上げても社会保険料を含む税金が上がるスピードの方がどんどん加速して行き可処分所得は一向に上がる事がなく、逆に手取りが減少していくのはこのままでは明らかです。1部のTV放送が日本全体では決してないと言う事を若い方々はご理解して下さい。

会社概要

企業名 株式会社総合印刷高永
所在地 兵庫県神戸市東灘区御影塚町3-7-12
業種 情報通信 - インターネット付随サービス
サービス - 広告
サービス - その他
設立 1966年
資本金 5000万円
従業員 113名
事業内容 印刷、WEB、マーケティング、その他
URL http://www.takanaga.co.jp/

関連動画

ブラザー工業株式会社 小池 利和

ブラザー工業株式会社

小池 利和

株式会社 U-NEXT 宇野 康秀

株式会社 U-NEXT

宇野 康秀

コールマンジャパン株式会社 リチャード ギルフォイル

コールマンジャパン株式会社

リチャード ギルフォイル

ラオアートメディア アノソーン シリサクダ

ラオアートメディア

アノソーン シリサクダ

カノン・アンド・アルアンピトゥ デッディ アルアンピトゥ

カノン・アンド・アルアンピトゥ

デッディ アルアンピトゥ