十川産業株式会社
横田 郁雄

人も仕事も、縁。

就職を決めたときも、初めての仕事との出会いも、経営の中核へと入っていった時も。 思い返せば、賢者を成長させてきたのは、全て「縁」だった。 それは会社の、そして自身の大きなターニングポイントを迎えた時も、例外ではなかった。 さらなる飛躍を誓う賢者は、新たな出会いを追い求め続ける。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 横田 郁雄
会社名 十川産業株式会社
出身地 新潟県
出生年 1953年
こだわり 意外と頑固
趣味 ゴルフ
特技 どこでもすぐに寝れること
休日の過ごし方 仕事面の整理タイムと趣味タイム、家族タイムの区別をする
座右の銘 人間万事塞翁が馬
好きな食べ物 すし、魚料理
尊敬できる人 父親

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代について

    小学校2年生くらいまで体が弱く、学校をよく休んだので年間の日数が足らないくらいでした。特に体力を付けるように親は食べ物には気を使ってくれていましたので中学より運動クラブに入り体力を付けることができました。高校時代は、自宅から学校が遠かった為に、冬には雪によって通学できなくなり、初めて親元を離れての下宿生活となりました。この時に、他人との付き合い方、礼儀などを学んだと思います。更に、東京の大学へと進み親元を離れ、自分の中で自立心が出来上がったと思います。大学時代は、色々なバイト(郵便配達、引っ越し手伝い、造園業手伝い、印刷製本業、訪問販売)経験を積めたことは、社会に進む中で役立ちました。特に印刷製本では、人の評価でえこひいきの経験、訪問販売では、人の誠実さの大切さを学びました。

  • 社会人時代について

    十川産業へ入るきっかけが、昭和51年当時は就職難でした。その入社試験後の合否の連絡がなかったので人事担当に電話で採用の可否を問い合わせした事が、先代の社長の耳に入り採用になった(積極的が認められた)と聞いています。入社後、技術へ配属されて直ぐに1案件の製品化を任され、成形方法、材料選定、金型設計などをして、試作を何度も繰り返した中で、量産までこぎつけられました。それが自信となり、次の案件、次の案件と任されて3年間で数件の製品開発ができました。その後、新分野の開発と新工場の立ち上げで京都へ転勤。当時、近畿方面に住むとは思ってもいなかった人生。その後、技術、品管、製造、資材と経験し、更に人生で思ってもいなかった海外赴任(中国上海工場に単身赴任)となり、そこで会社経営の基礎を学ぶことができました。しかし、振り返ると技術、品管、製造時代は、モノづくりにおける苦情対応で自分自身も物事に対して誠実に対応することを学んだ時代でした。

  • 社長就任のきっかけとその当時

    先代十川雅一社長から、2014年10月に取締役から常務取締役を拝命。先代十川雅一社長は2013年に動脈瘤の手術をされ、回復されましたが、2015年10月に急に体調が悪くなり入院、その入院時に、会社の十川一族の方から社長の状態が悪く、万一の場合十川産業の社長を引き受けてほしいとの話が有り、私自身そんな器ではないと辞退したが一族の中で直ぐにやれる人がいないので受けてほしいといわれ受けざる得ない状態となり次の世代の人へのワンポイントとして受けることにしました。十川産業は、十川鹿市初代社長、先代十川雅一社長が大きくされたオーナー会社です。経営経験のほとんどない私が清水の舞台から飛び降りた気持ちで受けたのも、入社40年ずっと先代十川雅一社長の背中を常に見て教わってきた経営を(石橋をたたいて渡る考え方)をやっていけばいいと思ったからです。しかし、元気になって復帰して頂く思いは届かず、12月16日他界されました。告別式後、会社運営上、直ぐに融資先の銀行様、主な仕入れ先様に、急死の報告と、今後の会社運営をさせて頂くことの報告をし、理解を得られましたが、一つ問題が残りました。その問題は、オーナー企業であるゆえの連帯保証でした。融資先の銀行様には、私自身オーナではなく雇われ社長であることから連帯保証を外してほしい要望をお願いした結果、了承を得ることができました。次に仕入れ先様、販売先様へ、今まで通りの事業を進めることが、先代十川雅一社長の”お別れの会”を行いさせて頂き、会社役員のお披露目も含めアピールできたことによって、できるようになりました。

  • 現在の事業において

    販売面では汎用品の自社占有率をたかめ特に塩ビ耐圧ホースでのシェアトップとなり確固たるブランドの構築を目指します。又お客様への製品供給の物流面で改善(物流拠点構築)に取り組み、利益確保で財務の強化を進めていきます。生産面では、国内2拠点(工場)と外注(委託)生産会社と、海外1拠点並びに2次加工委託会社の体制ですが「選択と集中」を進め生産効率を高めていきます。将来の基幹となるような製品開発に取り組んでメドを付けます。全体では、環境にやさしい製品造りと材料面のリサイクルにも取り組んでいきたいと思っています。

  • 今後の目標

    5ヵ年中期経営計画の達成です。内容的には、経営理念:優良な製品造りと人材育成を通じ社会貢献をすることです。経営ビジョンとしては、まずこの経営計画の柱は、財務内容改善です。身の丈に合った経営を行い、急成長は求めない方針です。今後の100年企業を目指す為には、人材育成が重要と館得ていますので、人材採用と、メーカーとしての教育の取り組み(最新技術の取り組みと成形加工技術の向上、セールスエンジニアリングの育成)を行っていきます。「選択と集中」を販売面・生産面・財務面の全部門で取り組んでいきます。大型投資はせずに身の丈に合った投資を行い既存設備の有効活用と稼働率の向上と生産技術の向上で生産性を高めていきます。新規開発への投資は継続しながら、次期中期経営計画へと結び付けられるよう進めていきます。弊社の豊富な成形技術・加工技術をベースに幅広い分野に展開し特定分野・特定製品に特化せず、広く浅くニッチな市場の製品造りという基本姿勢を継続します。そして、私自身は、十川鹿市氏・十川雅一氏代々の会社を次への人へつなぐためのワンポイントであると自覚し、次への引継ぎ経営と身の丈経営を行っていきます。

  • 日本を背負う若者へのメッセージ

    人生80年、先ず社会人として人生設計を考えるべきです。社会人として、親の世話になるのではなく自分ひとり立ちの人生を考え、どう生きるかです。私は、生まれが雪国でしたが寒さが嫌いで雪のない生活が小さい時の目標でした。東京で就職、十川産業に入ってん入社当時の夢・目標は、役員まで上り詰めることでした。会社から必要な人として認めてもらえるように努力とまじめに勤め、評価してもらい、次第に責任ある仕事ができ、役職がつき役員になり40年間勤め、縁あって、会社の代表取締役社長をさせていただいています。夢は持ち続けることだと思います。私は今、会社の皆さんに言っていることは、”目標なくして結果は出ない”誰でもが叶うわけではないかもしれませんが、夢なくして人生、先はないと思います。

会社概要

企業名 十川産業株式会社
所在地 東京都東京都府中市南町6-18
業種 製造
設立 1939年
資本金 9850万円
従業員 113名
事業内容 プラスチックホース・チューブ関連製造販売
URL http://www.togawa-sangyo.co.jp

関連動画

mercis マーヤ ケルコフ

mercis

マーヤ ケルコフ

ケンコーウェルネススパ ジミー タン

ケンコーウェルネススパ

ジミー タン

リーイン株式会社 オン ピンツォー

リーイン株式会社

オン ピンツォー

株式会社パソナグループ 南部 靖之

株式会社パソナグループ

南部 靖之

コクヨ株式会社 黒田 章裕

コクヨ株式会社

黒田 章裕