株式会社天野産業
天野 貴三

心と心の対話で
得る信頼

リサイクル業界に珍しく、顧客との対話を重んじ、要望に応えていく。 人と人との心の繋がりに重きをおく賢者。その姿勢は、従業員に対しても変わらない。気持ちを通わせ、これからも人々と共に成長し続ける。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 天野 貴三
会社名 株式会社天野産業
出身地 東京都
出生年 1982年
こだわり 一日一善
趣味 海水魚飼育、ゴルフ、園芸
特技 柔道、卓球
休日の過ごし方 公園を散歩、バイクツーリング、植木や魚の飼育
座右の銘 その道において一流
心に残る本 『こころ』夏目漱石
好きな食べ物 カニ、いくら
尊敬できる人 野口英雄、松下幸之助

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    中学生の頃に親からお金をもらうことがなく、困っていました。そのとき、近所の家電リサイクルの会社があり、大型トラックに補修前の冷蔵庫を積み込む仕事を助手として手伝いにいき、お金を稼いでいました。その時に1円でもお金を稼ぐということは大変だと感じました。仕事に取り組む姿勢や、やる気が大事だと感じて、大人(両親)の大変さを実感でき、勉強になりました。

  • 社会人時代

    2000年高校卒業後、大手清掃サービス会社に営業職として入社。顧客と密に対話し要望に応えていく中で、顧客との心の繋がりを感じることが働く喜びとなっていました。充実した日々の中で、週末に家業の手伝いをしておりました。そこでリサイクル業界の閉塞的なあり様に直面しました。

  • 就任のきっかけとその当時

    2011年、社長就任してからは、経営組織の構築と、経営理念の作成に注力しました。組織はライン&スタッフ組織を採用し、通常業務と専門職で2本だてにして、管理職に対する監査や業務協力をできる環境を作るためです。それから経営理念に対しては従業員が分かりやすく、実行できる内容にし目標に対して共働の精神を形にしたものです。会社に安定と永続力を持たせることに注力しました。

  • 現在の事業

    ジェネレーションギャップを会社内で融合させるために、新卒採用や若手の中途採用などを行っています。いい意味で世代特有の考え方を意見交換や交流を持てる形を作るためにファミリー制度を設けています。疑似家族を社内で作り、月一回福利厚生の一環として家族会議と称した、食事会をします。人を人財と捉え、長く働ける環境を作る取り組みに力を入れてます。

  • 今後の展望

    事業としては、業界のリーディングカンパニーになり、銅線リサイクル業界のブランディングを続けることです。また、その上で大切なのは従業員です。従業員は宝です!従業員の相互が成長しながら、そこに信頼感が生まれて、それが相互信頼に繋がっていきます。上限を定めず、社員と一緒にこれからも共に成長していきたい。

  • 若者へのメッセージ

    人は独りではありません。助けてくれる人もいますし、自分が人を助ける時もあります。 人の気持ちだけは忘れず、思いやりをもって生きてください。そして、古くから伝わる理など知らないことを知ることに欲をだし、承前啓後の精神で新しい自分の可能性を見出して長い人生の道を歩んでいって欲しいです。

会社概要

企業名 株式会社天野産業
所在地 千葉県千葉県山武市板中新田192-8
業種 卸売・小売
サービス - その他
設立 2002年
資本金 1億円(2016年4月現在)
従業員 170名(2021年4月現在)
事業内容 銅線・非鉄金属・木製空ドラム・電気機器類の回収・買取・再生加工・販売等の非鉄金属卸売業
URL https://www.amano-recycle.com/

関連動画