株式会社SYG
山本 泰大

世界に誇れる、
日本の「顔」をつくる。

小学生で株を、中学生で個人事業を、、、 と、それを聞くだけでも驚きを隠せない。 そんな賢者が20代でホールディングス築く。 しかしその手前でぶつかった壁。一体会社というものはなんのために存在しているのか。 賢者が出した答えとは?

SHARE

賢者プロフィール

氏名 山本 泰大
会社名 株式会社SYG
出身地 東京都
出生年 1989年
趣味 読書、旅行、スキー
特技 アイススケート、スキー
休日の過ごし方 旅行、水泳、読書
好きな食べ物 フルーツ全般
尊敬できる人 ウォーレンバフェット

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    昔からお金に関心があったように思います。最初は、小学生の頃に株主優待か何かに興味を持ちました。親族に証券会社に勤める人がいたので、その人に聞きながら株の本を手に取って読みあさり、株式投資を始めてみました。基本的には独学で学んだ部分が多いですね。学んでいるうちに「お金が増えるって面白いな」って思いました。

  • 社会人時代について

    14歳の時、ウェブサイトの受託制作事業を立ち上げました。よくパソコンを触っていたので、システムエンジニアリングが多少できたんです。DMを打って、お願いをされて、サイトを作って、とそれだけでやっていました。当時はちょうど携帯サイトのニーズが急速に高まった時期でしたので、手に職があるだけで契約が取れていました。そのままそれを2006年に法人化(現会社)しました。

  • 起業のきっかけ

    2006年に法人化してから暫くの間は継続してシステム受託事業を続けていましたが、翌年、景気が一気に悪くなり、事業の客単価も落ちてしまいました。景気に左右されてしまうのは「価格交渉権」がなかった為だと気づき、その後、特許を主とした先端技術ベンチャーを目指しました。経営・収益が安定してからは改めて創業者として何を社会に提供したいのかを突き詰め、ミッションを変更し今の総合商社型に落ち着きました。

  • 現在の事業

    SYG本社においては、事業を立ち上げ、再生し、成長させることができる経営戦略に聡い人材が思う存分活躍できる制度にしています。彼らが新規事業のため新設した会社や投融資先へ出向することで連続的に連結収益を伸ばしています。また、同時にファイナンス、システム開発などのどの事業においても必要になる専門業務を、子会社のSYGパートナーズ各社が原価で提供することで、新規事業だけではなく、投融資先の企業においても、成長速度の向上、成功確率、FCF向上に繋がっています。SYGはこの2つを強みにして、再現性をもって事業を伸ばしつづけています。

  • 今後の目標

    2018年は当社にとって大きな変化がいくつもありました。MBOを終え、創業社長として改めて、何を実現したいのかを考え抜き、コーポレート・ミッション、経営方針、コーポレート・ビジョンを書き換えました。目指すものが変わったことで、あるべき姿も変わり、今期は組織図や人事制度、資本政策などにも大きな変更が予定されています。新ビジョン実現のための、戦略も明確になりましたので、今後はそれらを着々と実行していきたいと思っています。

  • 若者へのメッセージ

    自身もまだ年齢的に若いため僭越ですが、私自身、早く経験、早く失敗、早く成功すればするほど、誰よりも先が見えるようになると信じてます。

会社概要

企業名 株式会社SYG
所在地 東京都千代田区神田2-15-9 The Kanda282 6F/7F
業種 情報通信 - ソフトウェア
金融・保険
サービス - コンサルタント
設立 2006年
資本金 2億6,537万円(資本準備金除く)
従業員 80名(子会社除く)
URL https://syginc.jp/

関連動画

株式会社スマイルズ 遠山 正道

株式会社スマイルズ

遠山 正道

上海蛙扑網絡技術有限公司 王 勇

上海蛙扑網絡技術有限公司

王 勇

zillow スペンサー ラスコフ

zillow

スペンサー ラスコフ

株式会社ぐるなび 滝 久雄

株式会社ぐるなび

滝 久雄

象印マホービン株式会社 市川 典男

象印マホービン株式会社

市川 典男