株式会社フィットコーポレーション
勝俣 智史

会社は誰のもの?

去り行く社員から言われたその一言が、賢者の心をえぐった。事業の成功を目指すのは、何のため、誰のため?苦しみ、悩んだ末に手にした、その答えとは。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 勝俣 智史
会社名 株式会社フィットコーポレーション
出身地 静岡県
出生年 1983年
こだわり 常に笑顔
趣味 読書・音楽鑑賞
特技 野球
休日の過ごし方 少年野球の小学生に野球を指導すること
座右の銘 継続は力なり
好きな食べ物 焼肉・ラーメン
尊敬できる人 両親・稲盛和夫氏

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    幼少期、兄の影響で始めた野球に夢中になりました。しかしながら、小学5年生の頃にボールが投げられなくなる「野球肘」という故障をして手術をしました。医者からは、「野球をやることは諦めなさい」と言われました。泣きじゃくる私を見て父は、「右手が駄目なら左手で投げればいい!今から皆の3倍努力すればまだ間に合う」と言い、毎日キャッチボールに付き合ってくれたおかげで、1年後にはレギュラーに復帰し、中学卒業には地元を離れ、強豪校への入学、そして大学まで野球を続けることができました。今振り返ると野球を通じて培った精神力が、今の経営に十分生かせているのではと今では思っております。

  • 社会人時代

    大学卒業後は、東京の包装資材の卸売会社に就職致しました。3年半経った頃にリーマンショックが起き、その直後、実家で働く兄から電話があり、当時自動車部品加工を主力としていた顧客から半年後に、日本国内での生産を全て停止するというもので、当時月間3000万円程の加工賃収入がなくなり、工場の閉鎖と従業員のリストラを余儀なく実施せねばならないというものでした。それに加え、突然の事態で労使関係は最悪の状況に陥り、身内である私にSOSを求められ、現フィットコーポレーションに入社しました。

  • 社長就任のきっかけとその当時

    28歳を迎えた平成24年6月に突然父より、取締役社長の就任要請を頂きました。その背景には自分自身が先代から引き継いだ際の年齢が28歳であったことからこの時期に社長の座は譲ることを決めていたようです。私には4つ年上の兄がいます。兄は持ち株会社の社長と私のサポートとして、弊社の管理部長を兼務してもらっています。私はそんな兄の善意を受け実業会社の社長として大きな責任を担うことになりました。就任後、特に注力したことは、会社の目的・意義を明確化する経営理念の策定とその考えを全社員へ浸透する活動と経営の羅針盤となる月次損益及び部門別採算の徹底的な細分化です。そして、物事の判断に全て覚悟を持って、対応することです。考えの違い時には他の役員と喧嘩することをありました。社員とは納得してくれるまで、朝まで飲んだこともあります。

  • 現在の事業

    現在、コロナウィルスの影響で日本だけでなく、世界中で大変な不況と向き合うことになっていると思います。まずは、絶対に下を向いてはならないと思います。「不況こそ成長のチャンス」と捉えて、常に前向きな考えで仕事に取り組むことだと思います。やっぱり、元気のない社長では、社員の人たちも不安になってしまうと思います。時代が変わろうと時代のニーズにフィットできる企業体質を目指し続けること。私自身が率先垂範すること。元気の良い挨拶や毎日行う掃除も精魂込めて行い、何事にも継続してやり続けることで自分自身の人格を高めることがとても大切だと思っております。ものづくりを通じて世のため人のために「ありがとう」と言われる会社、その為に自社の経験と技術を駆使できる人づくりが弊社の使命だと思っています。

  • 今後の展望

    人口減少によって、非常に成長性の描きにくい、世の中だからこそ、地域でも誇れる会社になりたいというのが漠然とした考えです。売上を求めることが経営ではないことを自覚して地域社会に必要とされる企業活動を実践したいです。

  • 若者へのメッセージ

    コロナウィルスによって、働きたくても働けない状況になったかと思います。私たちが受けている今の試練こそ、真っ正面に受け止め、常に明るく前向きな考えと行動によって、物事が善き方向に向かっていくことを信じていきたい。

会社概要

企業名 株式会社フィットコーポレーション
所在地 静岡県駿東郡小山町一色97-3
業種 製造
サービス - その他
設立 1963年
資本金 5,000万円
従業員 150名
事業内容 製造業務のものづくり事業
飲食店の運営を行う飲食事業
URL https://www.tatsumi-ind.jp/

関連動画