吾妻建築店株式会社
吾妻 義昭

家とは家族を守る城

父の姿に憧れて建築業界を志した賢者。 しかし、理想を実現する事が困難な時代が続く。 そんな時に出会った、巨匠達の建造物。 再び覚悟を決め挑んだ、賢者の仕事に迫る。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 吾妻 義昭
会社名 吾妻建築店株式会社
出身地 北海道
出生年 1972年
こだわり 情熱を持った家つくり
趣味 モータースポーツ
特技 妄想の展開
休日の過ごし方 アウトドア
座右の銘 形態は機能にしたがう
好きな食べ物 カレー
尊敬できる人 松下幸之助

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    物心ついたときから大工である父親の背中を見ながら自ずと建築に興味がわいていったなか、11歳の時、父親が同級生の家を新築しました。 その同級生は親友であり、その親友が父親の作った家に住んでいる、守られているという事の嬉しさがあったことを今でも忘れないです。 父親が家つくりをすることによってたくさんの家族を幸せにしているんだなという父親の役割が好きでした。

  • 社会人時代

    ゼネコンで大きな建物を現場管理し、目先で施工に携わっていたが父親が行ってきた人生観は味わえず、住宅業界に参入しました。建築士の学習をしている中で、そもそも建築とは?という疑問立ち向かったときにガウディーやライトのような巨匠を知ることになり、建築には答えがないということが心理の探求心をくすぐりました。それ以来建築の追及が始まりました。

  • 起業のきっかけ

    多くの自分が信じていることや概念を外した思いは損得が先に立つ相手には伝わらず、 想いや、信念を大切にしなければならないと自信に強く言い聞かせました。 共感してもらえず、わかってもらえないなら自分でやるという勇気が必要であり、そうでなければ社会に貢献ができない。神様にいただいたこの生を多くの人のために役立たせなくてはいけない、その思いで起業しました。また、当時はバブルがはじけ資金繰りが難しい時代だったからこそチャンスと感じました。

  • 現在の事業

    自信の想いに嘘はつかないという事です。正直にあり、怠けない。 社員にも自己主張させ、考え方の違いがあるという事実を受け入れ更に錬磨していくよう努めています。 これまで間違いなくやっていてよかったことは性能をあげて使いやすさを追及していっていることです。 住んでいる方が気持よく住んでもらえる状態をつくることが、後からお付き合い出来る自分たちの信念だと思っています。

  • 今後の展望

    日本の住宅業界を先取りし、新しい家族の安心生活を創りあげていきたいです。 時代を変えていかないといけないと思います。 「30年保てばいいんだ」と思われることもあると思いますが、そうではなくて受け継いでいって孫までその家に住んで貰えるような場をつくっていきたいと思います。 そのためにそのような建物を先陣をきってつくっていき、この業界を少しでも良い業界にしたいという想いが強いです。

  • 若者へのメッセージ

    若い方はチームワークを組むことが得意なので、皆で集合しながら同じ価値観を高めあって、好きなことをどんどんと市場に広げていって、楽しい日本にしていって欲しいな、と思います。 自分に嘘はつかず、自分を信じ、好きなことを仕事にしていくことができると良いと思います。

会社概要

企業名 吾妻建築店株式会社
所在地 茨城県つくば市春日4丁目16-5 7番館201
業種 建設
設立 2003年
資本金 1,000万円
従業員 5人
事業内容 一般木造建設業、木造住宅新築、リフォーム工事
URL http://azuma1.com/

関連動画