滝興運株式会社
小宮山 繁

変革を恐れない

突如、経営者人生を歩むことになった賢者。 未経験の業界、初めての企業経営、それでも挑戦した。 時流を読み、改革を恐れない仕事、その哲学に迫る。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 小宮山 繁
会社名 滝興運株式会社
出身地 東京都
出生年 1956年
こだわり やらないのか 出来ないのか
出来ない理由より やれる方法を考えて 先ずはやってみる
趣味 ゴルフ・マリンジェット・温泉&城廻り・一味唐辛子作り
特技 目覚まし無しでの早起き(4:30位に起床)
座右の銘 出会いは 宝
休日の過ごし方 趣味以外は、植木の手入れ・犬の散歩等
疲れているときは、TVを見ながらゴロゴロ
好きな食べ物 クサヤ、果物、辛い物、酸っぱい物(嫌いな物が殆どない)

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    大田区石川台で生まれるも、父母の営む手焼き煎餅店が火事により焼失してしまいました。同時に母を亡くし、父の実家・八丈島に移り、祖母が母親代わりとなり親戚の世話を受けながら自然の中で育ちました。中学卒業後、上京し高校に進学により叔父さん宅から通学しました。当初は、薬学部を目指していたのですが悪友達の誘惑に勝てずヤンチャな生活に浸り、途中で道を外れ進路変更をしました。大学進学後は、有志で相撲部を結成し部活に励みながら、友人たちと旅行をしたり学生生活を謳歌しました。父の仕事の関係で、築地市場内で春休みを中心に4年間夜中のアルバイトを経験しました。

  • 社会人時代

    新卒で東海汽船(株)に入社し、貨物部(2年)、総務部(3年)、旅客部(18年)、八丈島支店(3年)に勤務しました。主に、営業職が長く当時は北海道・東北・新潟・長野・山梨・静岡・北関東を担当エリアとしセールスをしておりました。また、首都圏の鉄道・バス会社・大手旅行会社も担当しながら、ポジションの変更に伴い、企画も手掛けました。ITも発達してない時代の営業は人と人とのお付き合いで決まるため自分の事を知ってもらう事を優先して活動に力を入れました。飛込み営業はもちろん、先輩から引き継いだクライアントに溶け込むまでに特に時間をかけました。例えば、気難しい社長さんに取り入ってもらえるまで通い続け、最後は息子さんの結婚式に呼ばれたこともあります。

  • 就任のきっかけとその当時

    癌を患い、闘病中の創業者の義父の意向もあり、当時の2代目社長と役員が会社の清算も含め検討していたのですが社員家族を含めると400名近くになる関係者の処遇もあり、小職に白羽の矢が立ちました。2004年9月に義父が急逝した為、前後の見境なく、思いあがった責任感だけで転職を決断しました。2004年10月に取締役として転職、2009年専務就任、2011年より現職に就いております。最初の2年間は、前職との責務の違い・重さに耐えられずうつ状態になりました。しかし、前職の当時の社長(命まではとられない)や先輩・現社長(お前の席は何時でも空けておく)たちの
    言葉に励まされるとともに、その後「運輸安全マネジメント制度」の導入を機に、安全管理体制の構築に着手することができ、ようやく切り替えが出来ました。

  • 今後の目標

    本年会社設立50周年を迎えましたが、通過点に過ぎません。次の50年を見据えた企業作りをすることが目標なのですが、最終目標としては会社を大きくすることではなく、強く・堅い経営(財務)体質を基盤にした柔軟な会社経営をすることです。例えれば、ラグビーチームのような経営です。
    ①幸いにして、事業承継者(次男)がいるのでスムーズな引継ぎの出来る体制づくり
    ②主幹事業のドライバー不足の解消の為に、働き易い環境づくりの更なる整備
    ③環境事業の、更なる商材のリストアップと協力店の開拓
    ④第三の柱とすべく、ラッピング事業の内製化の促進
    この4点です。

  • 若者へのメッセージ

    多種多様な社会の中で自分の目標を掴むことができるか・・・。転職後の悶々としていた2年間を振り返り、最近自分でも気づいたことですが好きな事は自分の得意な事から発見できます。取敢えず自分の得意な事を、何でもいいから全てやってみて、その中で一番好きになった事を、全力で推し進めましょう。それが継続できる事(仕事)に繋がるのでは?・・・と実感しております。

会社概要

企業名 滝興運株式会社
所在地 東京都葛飾区西新小岩4丁目9番31号
業種 運輸
サービス - 広告
サービス - その他
設立 1969年
資本金 2,880万円 (2018年7月現在)
従業員 119名 (2019年1月現在)
事業内容 運輸事業
環境事業
トラックラッピング事業
URL http://www.taki-kk.co.jp/

関連動画