前田運輸株式会社
前田 一美

関わる人を幸せに

親から受け継いだ運送業。しかし、その企業は不景気の煽りを受けていた。どん底の中挑戦を続けた賢者。変わることのない経営哲学に迫る。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 前田 一美
会社名 前田運輸株式会社
出身地 千葉県
出生年 1965年
こだわり こだわりにこだわらない
趣味 釣り、BBQ
休日の過ごし方 子供の世話など
座右の銘 仕事も遊びも一生懸命
好きな食べ物 スイカ、肉
尊敬できる人 上杉謙信

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    運送業を営んでいる両親のもとに生まれ、小さい頃はあまり目立たず、おとなしい子でした。中高生のころは人並み以上に悪いこともやってきました。親には迷惑をかけましたが、他人には迷惑を掛けなかったと思います。

  • 社会人時代

    親が経営している運送業なので、もちろん一緒に働きました。成人式も出ることなく一生懸命働いていました。昼は一般の運送(肥料や工事現場への配送)、夜は市場(青果物)、日曜日は家の手伝いで田んぼを手伝っていました。あまり休んだ覚えがなかったですが、家族や仲間と一緒に仕事をしている時は本当に楽しかったです。

  • 就任のきっかけとその当時

    そのまま成り行きで運送会社の社長を継ぐのは分かっていたので安全教育やマナー等が必要だと感じ、当時私は中卒でパソコンの電源も入れられなかったが専務就任(28歳)の時のお客様に従業員の教育は絶対やらなければだめだと教えられ、自分で安全会議の議題を一から考え、トラックに乗務しながら夜中まで資料を作って給料日に安全会議をやってからお給料を手渡しで支払っていました。そうした取り組みも行うようになり、父親である社長の引退を機に2006年に社長に就任しました。しかしその当時はバブルなどの時代の煽りを受け、借金経営が続いていました。弊社は長く勤めてくれている社員が多いので、 従業員たちのためにも頑張って立て直さなければとその時は必死でした。

  • 現在の事業

    その後、これからの運送業には倉庫が必要だと思い、最近になって倉庫業の許可を取得して小さいながらも230坪の倉庫を建てました。現在は読みも当たり常にいっぱいになっています。親からもらった会社も大事だが倉庫業に続いて何か自分でやってみたい気持ちがありました。また、社長就任から何年かして施設に入れない自分の親を看るために何人かの従業員が辞めていきました。そして、障害を持つ親が子供を見るために働けないという従業員がいることも知りました。そのような施設が全然足りないということも分かり、地元市原で障害児通所支援事業を開業することに決めました。

  • 今後の展望

    この9月にオープンしたばかりの放課後デイサービスの施設ですが、早く大勢の方に施設を利用してもらい、仕事はもちろん、ストレス発散の為に親御さん方の時間を作ってもらいたいと考えています。そして、まだまだ足りていない施設を2店舗、3店舗と増やして行きたいです。その後の夢もありますが、今はまだ語れないです。

  • 若者へのメッセージ

    これからの人生まだまだ長いですし、様々な困難があると思います。まずは夢をもって挑戦してもらいたいです。やれば出来る!

会社概要

企業名 前田運輸株式会社
所在地 千葉県市原市岩崎839-8
業種 運輸
設立 1974年
資本金 1,000万円
従業員 33名
事業内容 一般貨物自動車運送事業、倉庫業、産業廃棄物収集運搬
新事業(障害者通所支援事業)
URL https://www.maedaunyu.co.jp/

関連動画