FRich Quest株式会社
森野 広太

自由と豊かさの探究

2011年東日本大震災で賢者の考え方は一変した。 「形あるものは無くなる。」確かなものは「自分が存在してるということ。」 孤高だった賢者が提唱する、これからの会社の在り方とは。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 森野 広太
会社名 FRich Quest株式会社
出身地 神奈川県
出生年 1984年
座右の銘 万燈照国
好きな食べ物 自分で作ったカレー
こだわり 人一倍ではなく、何十倍も努力すること
趣味 仕事、運動、知見を拡げる事
特技 数字。人の思いつかない事を思いつく事。ビジネス。敵を作らない事。
休日の過ごし方 家族と過ごす、休日でも仕事

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    文武両道を掲げ何事にも懸命に取り組んでました。子供の頃は父親を超えたいと思っていました。高校生になり、最も稼げる仕事として紹介されていたのは『引っ越し屋さん』でした。1年も働くうちに月に100万は稼げるようになり、父親の年収を超えることができました。

  • 社会人時代

    小売業の仕事をしていた時に3.11を経験。形あるものはいずれなくなってしまう。自分自身を向上させること一番確かだと確信しました。自分に投資をすることの大切さを感じ、現在の仕事に行き着きました。

  • 起業のきっかけ

    起業してから、どんどん拡大したため自然の流れで会社設立となりました。3.11をきっかけに、ロケーションの確保が大事だと考え、どこにいても出来る仕事というのが大切だと考えてました。時間をお金に換えることをひたすらやってきた中で、それも豊かさに繋がっていないと感じたため、時間を余らせかつ収入は上がっていくものはなんだろう、と探求していきました。

  • 現在の事業

    会社は家族のようなあたたかいものだと思っています。今まで孤高という感覚が強かったのですが、会社にいるとベクトルが揃っていたり、周りが合わせようとしてくれます。これはフリーランスや個人事業主だと味わえないものです。会社が今では自分の価値観にとてもポジティブなものになってます。

  • 今後の展望

    自由と豊かさの探求とは、選択肢が増えるということです。選択肢が多くあるからこそ、自分の人生を自分で決めることができ、幸福度、責任感があがっていき、自立の精神が養われます。クライアントにもそのようになってほしいです。また会社=家族である会社家訓を広げていきたいです。そのようなあたたかい考えをもった経営者が増えれば、社会の役に立つことができると思っています。

  • 若者へのメッセージ

    鳶が鷹を生むという言葉は実際あると思っています。例えば自分の親や、今現在の環境が鳶だったとしても、自分のマインド次第で鷹になれます。世の中の成功している人は鳶の環境です。自分が鷹になれると信じて、行動していってください。

会社概要

企業名 FRich Quest株式会社
所在地 東京都新宿区新宿3-2-4
M&Eスクエアビル3F
業種 サービス - コンサルタント
設立 2016年
資本金 2000万
従業員 30名
事業内容 資産形成コンサルティング、各種セミナー、イベント運営
URL https://frich-quest.com/

関連動画