株式会社スノーピーク
山井 太

人生に野遊びを

キャンプは人間性の回復だと賢者は語る。日々、都会で生きる私たちはいつの間にか大切な何かを忘れてしまっているのではないだろうか?そんな中で、キャンプとは大切なことを思い出させてくれる存在だという。自然と接する中で人間が本来求めることを体験できるキャンプ。忙しい毎日を送る人が多い時代だからこそ、これから更に需要が伸びる業界だと感じた。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 山井 太
会社名 株式会社スノーピーク
出身地 新潟県
出生年 1959年
こだわり キャンプは2泊以上する
趣味 フライフィッシング、キャンプ
座右の銘 人生に、野遊びを。
尊敬する人物 父(山井幸雄)

賢者ヒストリー

  • 社会人時代

    大学を卒業後は外資系の商社に就職しました。当時からなんとなくですが、将来は父の会社を継ぐことは意識していましたが、具体的にいつ、どのように、とは全く考えず、目の前の仕事に没頭しました。自分でも、ハードワーカーだったと思います。その時に芽生えたのは、自然に大しての枯渇。子供の頃から自然に触れることが当たり前の環境だったので、ストレスを感じていたんですね。

  • 社長就任当初

    当時のスノーピークは、今の事業(キャンプ用品)とは全く違い、釣具や登山用品がメインの事業でした。しかし僕は会社を継ぐにあたって、オートキャンプの事業を行うと決めてました。当時は、車の10台に1台が四駆の時代。ミニバンやSUVにキャンプ用品を載せてキャンプに、なんてことを考えて、自分のやりたいこととも重なりましたし、そっち(オートキャンプ事業)にシフトさせたんです。もちろん色々と障害はありましたが。自分自身、キャンパーで、年間に数十泊もキャンプをするユーザーとしての目線から、開発したすべての製品に「永久保証」をつけました。経年劣化は仕方ないにしても、製造上の欠陥では壊れない製品が、ユーザーとしては一番必要だと感じたんです。1年半で100アイテム以上をつくり、キャンプメーカーとしての地位を確立していきました。

  • 社長就任当時の苦労

    スノーピークは間違いなくオートキャンプブームを作った会社です。需要も一気に高まり、売上としても当時5億円程度だったものが、5年で5倍になりました。しかし、そのブームも終焉を迎え、6期連続で売上を落としました。なんとか改善を図るべく行ったのが、今でも続けている「snow peak way」というイベント。社員とユーザーが一緒にキャンプをし、焚き火を囲みながら直接ユーザーの意見を聞くことを始めました。そこで頂いた意見は辛辣なものでしたが、それが本当に良かった。イベント後すぐに朝礼で方針を発表し、大きな改革を行いました。「snow peak way」は、そのまま弊社の企業理念にもなっていますが、これが全てだと確信しています。大げさにいうと、1日100万回は言っています。私たちの原点は、キャンプが大好きで、自らもユーザーであること。「snow peak way」はそんな私達の行動指針であり、だからこそ、徹底的にユーザー目線で事業を行えるのです。

  • 今後の目標

    スノーピークのビジネスは、社会問題解決型のビジネスだと思っています。アウトドアという概念は、先進国特有のものです。高度な文明の中で、キャンプは「人間性の回復」を行うことが出来ます。人間性が阻害される部分を癒やすことが、我々スノーピークに社会的存在意義でもあります。今後もそこをブラすことはありません。

会社概要

企業名 株式会社スノーピーク
所在地 新潟県三条市中野原456
業種 サービス - その他
設立 1958年
資本金 9,952万円
事業内容 アウトドア用品などの製造販売
URL http://www.snowpeak.co.jp/

関連動画

セイコーウオッチ株式会社 服部 真二

セイコーウオッチ株式会社

服部 真二

株式会社ラウンドワン 杉野 公彦

株式会社ラウンドワン

杉野 公彦

ミンフン・プラスティック ディンマン フン

ミンフン・プラスティック

ディンマン フン

株式会社フォーバル 大久保 秀夫

株式会社フォーバル

大久保 秀夫

株式会社マルタティラール マルタ ティラール

株式会社マルタティラール

マルタ ティラール