KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社堀場製作所堀場厚

京都企業というユニークさ

株式会社堀場製作所 堀場厚
この映像・情報は 2013年12月 当時のものです

内容

意外なほど多くの世界的な、あるいは日本の産業に欠かすことのできない企業が京都にはある。そうした企業をいつからか、誰が呼んだのか「京都企業」と敬うようになった。素の、自然体の「おもてなし」文化が生きる京都企業に、ユニークさの持つ意味を見た!

関連タグ
男性 1940年代生まれ 関西地方の会社 継承 海外

株式会社堀場製作所

分析・計測機器大手の株式会社堀場製作所。自動車などの排気ガス測定・分析装置分野では世界シェア80%とトップシェア。近年では医用分野に積極的に取り組み、新たな市場で存在感を発揮している。

氏名 堀場 厚
会社名 株式会社堀場製作所
出身地 京都府
出生年 1948年
こだわり 常に誇りをもって行動すること
趣味 ゴルフ、ヨット
特技 小型飛行機操縦
休日の過ごし方 散歩、自宅のテラスで琵琶湖をながめる
座右の銘 『Open&Fair』
心に残る本 「建築家 安藤忠雄」(安藤忠雄)
尊敬できる人 両親
現在の仕事の魅力と苦労 魅力はグローバルに活動できる所です。苦労は多くの国の人たちを団結させて仕事を進めることです。
日本を背負う若者へのメッセージ どんどん失敗をしてください。
幼少~学生時代 私の祖父は京都大学の教授で、物理化学の分野の研究者でした。父も京都大学に入り祖父と同じ道を志したみたいですが、ちょうど第二次世界大戦が終わり先輩達が帰ってくるところで、このままいくと講師くらいにしかなれないと分かり自分で事業を起こそうとした事が今の堀場製作所の始まりです。産まれたときからうっすらと記憶が有りますが、家の中は実験器具で溢れていて、その中で遊んでいました。そんな環境の中で育ちました。従業員が7~8名のころから会社の中にずっと会社の中で住んでいた感覚でした。
社会人時代 大学を卒業と同時にアメリカに行きたいと両親に話をしたら、当時堀場製作所でちょうど合弁会社ができたところで、派遣されるサービス員の海外第一号として渡米することとなりました。タイミング良く渡米が出来たことはラッキーでしたが、新人時代は苦労もしました。海外オペレーションを始めたばかりで上手くいかず赤字続きでした。品質問題でトラブルが起きてそれを本社の方でカバーしてもらうこともしばしばあり、一時帰国した際に本社に責められておりましたので、そのときは辛かったですね。
起業のきっかけ 私が社長になった当時は成長感がスローダウンしているときで、私が社長になった当時も減収減益でした。そこで自分が社長になって色んな改革を致しました。改革をすると、今までのやり方を変えるので、効率が悪くなり成績がおちました。開発投資をして経費もかかるので赤字になって表向きの数字は悪くなりました。3年間はしんどい時期がありましたが、改革の末にV字回復をすることができました。
起業当初 自動車や環境等の工業製品といったところでは、ある程度シェアをとれておりますが、今後は医学関連のピッチをあげたいと考えております。医療関係は我々色んな分析において基礎技術はもっているのでこれから医療ジャンルはそういった技術を展開していける広いマーケットだなと考えております。
今後の目標 今の環境に甘えないで、どんどん外に出て行くことが大切だと思います。自分のいる世界から外に行くことによって学ぶことはたくさんありますし、それを超えることが結果的に自分の自信に繋がっていくと思います。是非皆さんチャレンジして下さい。
企業名 株式会社堀場製作所
所在地 京都府京都市南区吉祥院宮の東町2
業種 サービス - コンサルタント
設立 1953年
資本金 120億11百万(2012年12月時点)
従業員 5530名(グループ連結)(2012年12月時点)
事業内容 自動車/環境・プロセス/医用/半導体/科学の分野でグローバル展開する分析・計測機器メーカー
URL http://www.jp.horiba.com/