株式会社大伸社ディライト
池田 孝二

マーケティング×
クリエイティブ

幼少期から興味があったことはクリエイティブ。 リクルートを経て、印刷広告会社でキャリアを積んでいった。 そんな中、仕事が評価され社長に抜擢される。 しかし、それは同時に、大きな挑戦への序章だった。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 池田 孝二
会社名 株式会社大伸社ディライト
出身地 大阪府
出生年 1975年
こだわり 仲間を大切に、繫がりを大切に生きる
ONE FOR ALL・ALL FOR ONE
趣味 スポーツ全般・音楽全般
特技 器用なゼネラリスト、ラグビー、歌を歌うこと
休日の過ごし方 大切な人たちと過ごす
座右の銘 自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ
好きな食べ物 鶏肉全般、野菜炒め、青椒肉絲
尊敬できる人

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    幼少期は勉強と運動がバランスよくでき,大将気質の子供でした。小学4年時にはクラスにサッカーチームを作りチームを牽引したり、6年時には生徒会長、運動会で選手宣誓や学芸会などで総合司会などをしていました。また、幼少期より器械体操、水泳、空手、ソフトボール、習字、そろばん、ブラスバンドなどの習い事をし、忙しい毎日を過ごしていました。大阪市立中野中学校に進学しラグビー部に所属、強豪チームで3年生時には大阪市大会優勝と、ハードな練習で人生において一番鍛えられた時期です。この時の根性と忍耐が今でも活きていることに感謝しています。中学卒業後、大阪府立富田林高校に進学しラグビー部に所属。文武両道を強みとした学校であったことが私には肌に合い、ラグビーの合間を縫って体育会系部活所属の者ばかりでバンド活動にも打ち込んだりと、沢山の良い仲間にも出会え、非常に楽しい時間を過ごしました。その後は関西学院大学経済学部に進学し、ラグビー部に入部したが2回生時に「人生=ラグビー」の毎日に違和感を持ちはじめます。「もっと色々な経験しておきたい!」という思いから退部し、塾の講師のバイトや音楽活動、旅行など充実した時間を過ごしました。

  • 社会人時代

    新卒として大手製薬株式会社でMRとして勤務、その後、株式会社リクルートで就職サイト『リクナビ』のプロモーション業務に従事。この時に培った働くということの精神と素敵な上司や仲間との出会いが私のビジネスマンとしての大きな礎となっています。その後HR領域の知識とプロモーションスキルを活かし、求人誌制作会社を友人と共同で起業、そこで幼少期より興味のあったデザイン領域やモノづくりに携わり、もっとこのジャンルのことを学びたいということで株式会社大伸社へ入社、2014年 株式会社大伸社がホールディングス化。5つの事業会社に分社化に伴い、株式会社大伸社ディライトにて執行役員となり、2016年 株式会社大伸社にて常務取締役及び株式会社大伸社ディライト代表取締役社長に就任しました。

  • 社長就任のきっかけ

    2014年12月に5つの事業会社に分社後、大伸社ディライトにて執行役員となり、その2年後の2017年2月に代表取締役社長に就任。分社から2年の会社立ち上げ時は非常に業績も悪く、事業会社としての方向性や業界での強みも明確なものがなく負の連鎖状態でした。前役員が退任後、役員層の若返りが実行でき、時代に合った企業の強みを明確にすることができたことで、新たな顧客層を開拓できたことや社内の雰囲気も中堅層から若手層までの一体感が生まれ、業績も一気に回復し直近3期連続大幅な黒字転換となりました。1952年に印刷業からスタートした企業が、デザインに着手しその後マーケティング領域に進み、現在はデジタルマーケティングやMA(マーケティングオートメーション)、イベント企画運営、空間プロデュース、SNS、インバウンド戦略など様々なチャネルを駆使し、デザインとマーケティングでクライアントのマーケティングコミュニケーション課題を解決できるコンサルティング企業として自信をもって進みだしました。これからもコミュニケーションにおける流行や技術における最新の知識を常にインストールし続けクライアントの課題にコミットできる企業を目指します。

  • 現在の事業

    事業としてはデジタルマーケティングやMA(マーケティングオートメーション)領域とインバウンドのマーケティンコミュニケーション戦略に注力。大阪万博やIR誘致などを見据えスピード感のある事業推進を心掛けています。またスタッフ一人一人が作業者ではなく創造者として何かを生み出していける社員教育と会社の土壌づくりを大切にしています。

  • 今後の展望

    大きく4つあります。1つ目はデザインとマーケティングでクライアントのマーケティングコミュニケーション課題を解決するコンサルティング企業としての業界での地位の確立すること。2つ目は会社と事業のグローバル化(万博・IR誘致に伴い)。3つ目はスタッフ一人一人の仕事への意識変革と生活の質の向上。具体的には2017年から2021年の5年間で社員発案の事業創造により新部署の立ち上げ2件又は1件の分社化と社員平均年収を約2倍にすることです。そして4つ目は働き方改革(デジタル化)により社員のゆとりある生活改革です。

  • 若者へのメッセージ

    社会の歯車でなく自分で考え、自分で行動することで社会の中心となれるような人財になって欲しいと思います。それには努力は必須ですが、自分の尺度ではなく第3者の目線で努力できているかを計って欲しいと思います。またデジタル化・グローバル化か疾風のごとく進む現在社会において、若い皆さんの知識やスキルは大きな可能性を持っています。『風が吹けば桶屋が儲かる』ではないですが社会の小さなことにもアンテナを張り、何が起こればその後に社会がどう動くかの想像力を働かせる訓練を若い内から心がけてください。リアルな繋がりとソーシャルの繫がりとを最大限に活用した人脈作りも今後は大きな力になることでしょう。それらを普通にできる今の若者たちは自信をもってビジネスの場で活かし活躍してください。

会社概要

企業名 株式会社大伸社ディライト
所在地 大阪府大阪市中央区難波5-1-60
なんばスカイオ17F
業種 サービス - 広告
サービス - コンサルタント
設立 2014年
資本金 1,000万円(2019年10月 現在)
従業員 106名(2019年10月現在)
事業内容 デジタルマーケティング施策の導入・運用支援。マーケティングオートメーション(MA)運用支援。コミュニケーションツールの企画制作(カタログ・会社案内・大学案内・WEB サイト・映像メディア等)ブランディング、プロモーション支援。PIM /データベース・システムの設計開発。イベント企画・運営。空間デザイン(店舗・展示会の企画・デザイン)撮影・CG 制作。レンタルスペース運営
URL https://d-delight.jp/

関連動画