KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

ほけん選科株式会社
岡本 有加

成果に対し
正当な対価を

保険の営業マンにとって成果とは何か。それは、顧客の喜びに他ならない。働きに見合った報酬は社員の意識を高め、サービスの向上をもたらし、顧客の新たな幸せを導き出す。それゆえに賢者は、日本一の給与還元率を目指し、挑戦を続けるのだ。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 岡本 有加
会社名 ほけん選科株式会社
出身地 愛媛県
出生年 1971年
こだわり 最高のスピードと最高の質で
趣味 ゴルフ、旅行、料理
特技 どんなことでも自分に都合よくプラスに解釈できる
休日の過ごし方 家で好きなことをする
座右の銘 何ごとも熱いハート(心、愛)を持ってするに勝るものはない
好きな食べ物 生牡蠣、ローストビーフ
尊敬できる人 スジ道や義理を大事にしている人

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    父方、母方の祖父や親せき全員が経営者や事業家で、会社員をしている人が親戚に一人もいないような特殊な環境で育ちました。弟が2人いて私含めて全員が今経営者なのも、環境によるものかもしれません。親が過保護でした。私に根拠のない自信をつけさせてくれたのもそのおかげだとおもいます。今もですが、小さなころからとても正義感が強く、スジの通らないことが許せず、そのためには何も怖いものがなかったです。親が教育熱心で国際的な感覚を持っていましたので、留学を強くすすめられ、当時はまだめずらしかったですが、私も弟たちも高校時代に留学をしました。語学というよりも、単身で渡米して現地でいきなり生活をして、スジの通らないことが許せずたくさん修羅場がありましたが、人間的にとても成長をさせてくれました。大学時代は遊びすぎて留年をしました。

  • 社会人時代

    普通に会社に勤めたことがありません。大学5年の時にパートナーの起業に参画をしました。3人でマンションの1室からスタートしてその後2000年に日本で初めて来店型保険ショップをつくり、13年後には、400店舗、売上300億円、従業員4,500人の会社になっていました。この間、2006年から2010年の4年間、アメリカの現地法人に副社長として赴任していました。アメリカの保険業界は日本より10年以上進んでいることは知っていたので現地での経験が今後の日本での事業の使命感に大きな影響を与えてくれ、それが現在の会社のミッションの大きなところとなっています。

  • 起業のきっかけ

    日本より10年以上進んでいるアメリカの保険業界に日本から最先端の代理店としていったときに、いかに日本が遅れているか目の当たりにしました。アメリカはすでに資産形成の重要性を国民も保険業界も認識しておりました。日本と同じように年金がありますが国が自助努力を推奨しておりまして、日本も必ずそうなるという実感がありました。保障も大切ですが、生命保険の加入率は日本は高いものの、高齢化社会の年金制度に不足が生じたときの自分での備え、つまり、老後のための資産形成がかなり遅れています。日本人の主な資産形成の方法は預貯金で、金利が低いので自分の老後を賄うには思うように増えません、そこへの対処が遅れています。もっとアグレッシブに投資や運用をしていかなければ老後が貧しくなります。そして、常に年金問題は話題になるのに、国民が自分事化して、行動をしないと大変なことになります。これが社会問題です。なので、老後の資産形成の重要性を啓蒙し、事業を通じてこの社会問題に貢献したいと強く思いました。

  • 現在の事業

    保険を設計するときには、その方のライフプランを描いて、家族に何か不測の事態があった時でも残された家族が安心して生活できるため、社会保障の足りない部分をご提案します。しかし、老後の生活資金について、つまり、リタイアメントプランニングについて、しっかりと、ヒアリングして数値化して、目的金額を決めて資産形成をプランニングする代理店はまだ少なかったと思います。どうしても余ったお金を漠然と貯金しておきましょう、のような提案が多く、ゴールがないのです。それが問題ですので、私の会社では起業当初から、リタイアメントプランニングを、当社の売りとしてきました。そのためには、社員自身に資産形成やリタイアメントプランニングの重要性を刷り込み、お客様の資産を増やすための考え方や、プランニングについて、私自身も参加して教育をしてきました。当初は、資産形成がそんなに当社の売りになるの?お客様は本当に反応するのかという風潮もありましたが、7年たった今、間違いなくこの方向性にきていると私も社員も実感していると思います。やはり、思っていた通りになってきています。多くの方が労働所得を銀行につみたてるだけでは、豊かな将来は実現できないと投資や資産形成や運用に以前よりかなり興味を持たれています。

  • 今後の展望

    保険はお客様のお金の問題の解決策を提案する仕事です。そこには、自分の人生経験、親身になること、お客様の思いを引出してあげること、などの「人間力」が必要になってきます。知識やスキルは当然で、人間力やコミュニケーション力がとても重要です。お給料が一律で大差なく会社も業界で増えてきました。弊社はコンサルする社員は成果を出す社員には多くの報酬を支払うべきだと考えています。人間力=お客様へのコンサル力=お客様をお守りする力。「保険は人」です。それには努力が必要で、その努力に対しての評価を最大限にする事が次の努力につながります。努力する人に最大限還元する事でより努力する人を作りたい。差がない制度だと努力する人が減りお客様が良いビスを受ける事できないのです。お客様にお金のアドバイスをするのだから、お客様よりも稼ぎ、豊富な経験をし、自分自身も資産をもち、運用の経験が豊富にあるべきです。そういった人にお客様は安心して相談したいはずです。前線でお客様の対応で努力している人に多くを還元する仕組みは絶対に変えたくないですし、日本一の還元率の会社であると自負しております。

  • 若者へのメッセージ

    雇われる、会社になんとかしてもらう、会社からお金をもらうつもりで働いていても会社員として、よい仕事はできません。全て、自分が稼いで、自分で責任を持ってという感覚で仕事をすれば、結果、良い仕事ができます。自信にも繋がり、いつでも事業を始める覚悟もできます。すべてが自己責任、そういう気持ちで生きていけば、公私とも納得のいく人生を歩みやすくなると思います。

会社概要

企業名 ほけん選科株式会社
所在地 東京都港区新橋2-16-1
ニュー新橋ビル8階
業種 金融・保険
設立 2014年
資本金 6,700万円
従業員 60人
事業内容 保険代理店。各地に15店舗来店型の保険ショップを展開。死亡、医療保障、資産形成、運用など質の高いアドバイス、プラン提案、契約。
URL http://www.hokenfp.com/
{

関連動画