株式会社フジナガ
藤永 雅也

雨過天晴

褒められるのが嬉しいから頑張れるんです。少年のような笑顔で語る賢者はその思いを糧に自らを奮い立たせ鳥獣対策業界で確固たる地位を築き上げた。そして今、鳥と人との未来への一手を打ち出そうとしている。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 藤永 雅也
会社名 株式会社フジナガ
出身地 兵庫県
出生年 1979年
こだわり 常に良くなる、現状維持が嫌い
趣味 社員との懇親、自分が良くなることにお金を使うこと
特技 お金に関わる計算
休日の過ごし方 その時に自分が必要としている、できる限りの好きなことをする
座右の銘 九(苦)をのり越え十の楽しさがある
好きな食べ物
尊敬できる人 知人

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    人様に言えるような幼少期、学生生活は特に無く、家は母子家庭で母と弟と3人で暮らしていました。母は1月1日以外、364日働く人でしたが、決して裕福ではなく、だからといって自分も奮起することも行動することもしない若者でした。高校を卒業して働くわけですが、入社し直ぐクビになり、それでも楽しいことしかせず、先のことを考えると正直怖くて見ないふりをしていました。

  • 社会人時代

    鳥害対策の新規事業が始まった20代の頃はよく‘‘無理”とか‘‘できない”という言葉が嫌いで過剰に反応していました。今思えば、自分自身、その事に対して理解できない程、失敗はしない、失敗にしないということに必死でした。私は‘‘九(苦)を乗り越え、十の楽しさがある”という言葉を大切にしています。

  • 就任のきっかけとその当時

    株式会社フジナガは祖父が公団住宅の内装修繕業として創業し父が株式会社を設立しました、祖父の時代は景気もそれなりに良かったのですが、父の代で経営は悪化し廃業寸前まで追い込まれました。2002年にダメもとではじめたのがこの鳥害対策事業です。父は当時何もしていない私にこの事業のことを全て任せたいと言ってきました。但し会社はもって1年。当時の私は殆ど会っていない父の仕事が嫌いでした。父の会社の記憶というと儲からないという父のグチと公団住宅の中を手作りの台車に道具を入れ、押している姿がかっこ悪く見えてしまい、自分はそれ以上に惨めであるにも関わらず‘‘汚い仕事”と決めつけていたのです。しかし当時、家を飛び出しどうしようもなくなっていた私にはこの新事業の話は断る選択肢はありませんでした。

  • 現在の事業

    私たちの仕事はニッチ業であり、しかし無ければ困るという防止・対策の仕事です。当初から、特に大切にしていることは‘‘役に立つ鳥害対策”です。皆が困るわけでもないですが、誰でも困るかもしれないというのがこの仕事。‘‘お客様が自分だったら”を常に拘ります。プロとしての知識はもちろん大事ですが、害という対策には人それぞれ悩みは異なり、そこに正解はないです。フジナガは念頭に‘‘鳥害対策のプランナー”であること、いつでも相談して頂けるよう日々励んでおります。

  • 今後の展望

    ニッチ業だからこそ、スタンダード(基準)がないので、どんな時代でも自分たちで創造したことができる会社にした方が、おもしろい!と考えています。フジナガでこの業界を確立することこそ、私たちの創造するべきことだと考え、フジナガのブランド化を実現します。

  • 若者へのメッセージ

    皆が平等であり、唯一無二1回限りの自分自身の人生ということを本当に知れば、先ず自分が1回限りの人生にどうなりたいのかということを強く望むことです。夢でも何でも構いません、ぼやけていたっていいと思います。ただそこを誰よりも、本物の強く望むということをしてください。諦めや、妥協が一切ないもの、そこは自分自身がわかると思います。そうすれば、そこから信念に変わり、やり遂げていくものが鮮明に見えてきます、人に成功の差があるのなら、その差なのではないかと私は思います。

会社概要

企業名 株式会社フジナガ
所在地 兵庫県尼崎市道意町6-28-7
業種 その他
設立 1998年
資本金 1,000万円
従業員 107名
事業内容 鳥害対策総合コンサルタント(商品開発・対策工事)
URL https://www.fujinaga810.co.jp/

関連動画