BREMBO S.P.A
アルベルト ボンバッセイ

この映像・情報は 2013年10月 当時のものです

イタリアの歴史とともに進化し続ける技術力

多くの企業が会社を存続させる為に試行錯誤を繰り返す中で、迷わず技術の追求をし続けた企業がある。機械や最先端のシステムを取り入れる中でそれを扱う人の存在を忘れなかった事が、世界のトップメーカーに上り詰めた最大の理由とも言える。数えきれない部品が使われている自動車にはそうした隠れた技術と想いが隠されている。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 アルベルト ボンバッセイ
会社名 BREMBO S.P.A
出身地 イタリア
出生年 1940年
趣味 建築、クラシックカー
特技 建築、クラシックカー
休日の過ごし方 建築、クラシックカー
座右の銘 誰でも単純なことはできるけど、少数の人しか難しいことはできない。私たちは常にその難しいことに挑まなくてはならない。
現在の仕事の魅力と苦労 魅力は毎日新しいことに挑戦することです。過去より早く仕事をこなすことに苦労します。
日本を背負う若者へのメッセージ 勇敢な選択をしてください。それを常に続けて、改革することに投資してください。

賢者ヒストリー

  • 幼少~学生時代

    子どものころ私が常に好きだったのは、建築でした。ただ、私の世代ではやりたいことができませんでした。私がこの思いを父に伝えると、私が言い終わらないうちに父は「お前は機械工学をやるべきだ」と言ったのです。そのため私は機械工学を専攻し、自動車整備工になりました。建築家にはなれなかったのです。

  • 社会人時代

    私は長いこと、会社が成功をおさめた理由のひとつは常に優秀な協力者と有能なマネージャーがいたからだと考えています。私は常に、優秀なマネージャーを探すことに時間を惜しみませんでした。適切な製品を多く生み出していくことができるのは製品の後ろに、製品と同じだけの価値があり良質な人間が存在するからなのです。ですから天才的でユニークな経営者の理論や哲学だけではなく企業が見返り(ご褒美)を受けるのは、よいチームワークと良い人間、良いマネージャーが揃っている時であり、そのほうが肝心だと私は考えるようになりました。

  • 社長就任のきっかけ

    イタリアの企業というのは大変特殊です。平均して小さく、平均的に家族経営です。そのため、他の多くの会社と同じようにブレンボも家族経営の会社として生まれたのです。したがって父、叔父、2人の子ども、つまり私と私の兄弟が集まった会社なのです。

  • 就任当初

    製品を変革する考え方と、新しい製品というものを、とても強く信じていました。そのため、私たちは常に研究と開発に莫大な投資を行いました。それにより私たちは、他に影響力を及ぼすやり方で、常に成長することができました。大きな危機に見舞われた時代も乗り越えたのです。

  • 今後の目標

    真の挑戦は、成功と成長を常に続けていけることにあります。それを人間たちからだけではなく、人間たちを指示する者からも独立して遂げることにあります。ですから、それが可能となるよう努力して成し遂げることが、私の夢といえるでしょう。有名なネクストイレブン、つまり一人当たりの平均所得が一定の水準に達した新興国では自転車からモーターサイクル、モーターサイクルから自動車へと乗り物が変化しています。モーターサイクルは必要とされますし、自動車はもう少しスポーツタイプのものが求められます。私たちは将来、その需要がある場所に存在したいと願っています。今、私たちはそれらの国々へ大きな投資をしています。今この瞬間も、別々の国に、実に5つもの工場を建設中です。市場の変革に対する私たちの答えと解釈は未来へ向けても、自動車とモーターサイクルといった交通手段に大きく介入していく、ということです。

会社概要

企業名 BREMBO S.P.A
所在地 Via Brembo, 25 - 24035 Curno
(Bergamo), Italia
業種 サービス - コンサルタント
設立 1961年
従業員 約4500人
事業内容 自動車・二輪車用ブレーキの製造
URL http://www.brembo.com/

関連動画

ビンスウ株式会社 オー キンワ

ビンスウ株式会社

オー キンワ

RSVP オリベリオ ラペラル ジュニア

RSVP

オリベリオ ラペラル ジュニア

国立ファーム有限会社 高橋 がなり

国立ファーム有限会社

高橋 がなり

株式会社ガリバーインターナショナル 羽鳥 兼市

株式会社ガリバーインターナショナル

羽鳥 兼市

MK RESTRANT Co.,Ltd. リット ティーラコーメン

MK RESTRANT Co.,Ltd.

リット ティーラコーメン