KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社丸商福田学

お客様の思いを形にする

株式会社丸商 福田学
この映像・情報は 2016年2月 当時のものです

内容

建売住宅が並ぶエリアは、建物の多くがすでにデザインも色も固定されていているため、統一感のあるキレイな町並みでもある代わりに、個性に欠ける町並みであるとも言える。賢者は、後者の方に、ある目標を定めた。それは、きっと、賢者自身が豊かな個性を持っていたからなのだろうと思う。だからこそ、そこに疑問を感じ、個性が活かした町並みを想像す ることが出来たのだろう。

関連タグ
男性 1970年代生まれ 関西地方の会社 サクセス モノづくり

株式会社丸商

建物を通してオンリーワンの価値を提供する、丸商。個性を活かすモノづくりに迫る!

氏名 福田 学
会社名 株式会社丸商
出身地 京都府
出生年 1976年
こだわり 早起き
趣味 学生3大駅伝観戦
特技 目標達成に向けて逆算すること
休日の過ごし方 ランニング・GYM
座右の銘 率先垂範
心に残る本 『経営者になるためのノート』柳井正
尊敬できる人 孫正義
現在の仕事の魅力と苦労 仕事を通じて年齢関係なくたくさんの人との出逢いがあり、その出逢った人と一つの仕事を作り上げることが魅力です。また、社内メンバー全員で御客様のことをとことん考え抜いて今後の商品の展開やプランニングを決定したときの期待感、達成感は何事にも変えられません。苦労はあるかもしれませんが、トラブルを含め全ての経験は成長の糧になると前向きに捉え、冷静に考え対応します。
日本を背負う若者へのメッセージ 失敗を恐れずにどんどん挑戦し、その失敗を自分の経験、力に変えてもらいたいです。経験上成功から得られるものより、失敗から得られるもののほうが何倍もこれからの自分の地力となると思うので、高い意識のもと、とにかく何事にも強い気持ちをもって挑戦してもらいたいです。
幼少期~学生時代について 歩けばすぐに知り合いに出逢うような、自然がたくさんの京都府北部の舞鶴市というところで生まれ育ちました。小さな頃はとにかく負けず嫌いで、目立ちたがり屋。小中学校の頃、ほぼ休み無しの毎日、学校が終われば寝るまで水泳をする生活をしていました。その頃は、ただただ自分の自己ベストを0.1秒でも更新したい、大会で優勝したいという目標に向けて、我武者羅な日々を過ごしていました。また、そういう同じ目標を持った友人とスイミングを通じて会えることも幼ながらに楽しかった記憶があります。水泳で身に付けた「努力をする力」を糧に自然と勉強や他のスポーツに取り組むことが出来ました。自分の家は何事にも一番になることに対してすごく執着のある母親がいたので、一番になるためにはどうしたらいいのかと逆算する性格が幼い頃から確立できていたのではないかと思います。
社会人時代について 父親、祖父、親戚と経営者一家で育ちましたので、幼い頃から経営者になるという意識がなんとなくありました。学生時代はファッションが好きだったのでアパレル業界への就職も頭をよぎりましたが、経営者になるという想いから「不動産業界」を選択しました。社会人としての常識から不動産の知識、又経営者になるためには会社の数字が見られないといけませんので経理、税務も早々から日夜学びました。いろいろな仕事から年齢関係なく、良くも悪くもたくさんの方々と出会い、一緒に仕事をしてきた中でたくさんの失敗や挫折もありましたが、その失敗や挫折から多くのことを学び感じ、今の自分を形成しているのだと思います。
起業のきっかけ 滋賀県の不動産業界で働くなかで、住宅ディベロッパーが作る同じような変わりばえしない建物が並んでいる街並みと、自分が本当に住みたいと思える理想の建物との違いに違和感を感じていました。それぞれの家族にスタイルや興味があり、それを不動産、住宅を通じて実現できるような、ハウスメーカーや滋賀県の住宅ビルダーにはない不動産会社を作りたいと思いました。又、そういう熱い想いや高い志を一緒に共有できるようなメンバーだけを集め、滋賀県でも東京のITベンチャー企業に負けないような、熱く格好良く仕事ができる企業を作りたいと思いました。
起業当初について 会社立ち上げ当初、とにかく売れなかったです。いい場所で納得のいくコンセプトモデルを建て広告をしても御客様も来ないという状況でした。自分の経営スタイルはメンバーを信じて任せるというスタイルですが、半年くらいたったときに、さすがに自分も限界を感じ、設立メンバーの住宅事業部の責任者と現在の当社のナンバー1営業を呼び出し、どうすれば良いのか話し合いました。現状と徹底的に向き合い、打破する方策を真剣に考え、こちらが納得したいい建物を作れば御客様は来るという甘い考えから、このときの自分含めメンバー全員の意識が御客様のことを心底考え、モノづくりに対して細部までこだわって、最後は予算を無視してでも、本当に御客様にいい物を提供するために、やり切るくらいの意識に変わりました。そこから御客様の来店数も増え、広告などの反響も格段に増えました。それから社内メンバーとは定期的に真剣に向き合って話す機会を設けています。
今後の目標 「21世紀滋賀県を代表する企業へ」をビジョンとしていますので、不動産業界の古い常識や成功事例に惑わされることなく、どんどん未来を向いて新しいことに挑戦し、住宅を通じて滋賀県を中心に御客様の想いの詰まったこだわりのある街並みを地図上に残していきたいなと思います。そして、社内メンバーはじめ、自分の関わりのある全ての人たちが、自分と出会って良かったと思えるような生き方をしていきたいです。
企業名 株式会社丸商
所在地 滋賀県大津市松本1-4-1
業種 不動産 - 不動産取引
不動産 - 不動産賃貸・管理
金融・保険
設立 2015年
資本金 4,000万円(2016年1月現在)
従業員 15名(2016年1月現在)
事業内容 不動産売買、賃貸借、管理、仲介、買取、宅地開発事業、新築分譲事業、一般建築、注文建築、分譲住宅、リフォーム、エクステリア事業
URL http://www.marusho-shiga.co.jp/