KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社パル井上隆太

自分はファションのことは分からない?

株式会社パル 井上隆太
この映像・情報は 2010年8月 当時のものです

内容

これだけ若者に人気で個性の際立つブランドを打ち出す会社でありながら、賢者の物腰は意外なほど柔らかい。そして社会人時代は遅刻や居眠りを繰り返していたとか。ビジネスに集中すればするほど、自分の夢は現実的に近づく。その変わり方が面白い。

関連タグ
男性 1960年代生まれ 関西地方の会社 継承 ユーモア

株式会社パル

アパレル業界の中心で、多くのブランドを抱え、飛躍し続ける株式会社パル。賢者が語る「パルドリーム」に秘められた思いとは・・・?

氏名 井上 隆太
会社名 株式会社パル
出身地 兵庫県
出生年 1965年
こだわり 何事も(仕事も遊びも)真剣にやる。
趣味 渓流釣り。人を喜ばせる事。
特技 テニス
休日の過ごし方 妻とデート
座右の銘 「水の如く」、「勘と度胸とデータ分析」
心に残る本 『原因と結果の法則』ジェイムス・アレン
尊敬できる人 父、松下幸之助、野村克也
現在の仕事の魅力と苦労 私はファッションに関しては限界がありますので、感性の部分はお客様と同世代の社員に任せています。任せた社員が成功して成長していく姿を見られる事が喜びですね。自社ブランドの商品を着ていただいているお客様を街中で見られる事も魅力と言えると思います。思い通りに行かない事はたくさんありますが、自分で選んだ道なので苦労だとは思っていません。
日本を背負う若者へのメッセージ 学生の採用内定者に毎年聞かれるのが「在学中にやっておくべき事はありますか?」という質問です。私のアドバイスは「遊んでください」です。遊びと言っても楽しい飲み会から美術館巡りまでさまざまなものを指します。要しますと、さまざまな分野で経験を積んで欲しいのです。多様な経験は将来必ずアイデアの源泉になります。社会人になったら、あるいは中堅社員になったら忙しくて遊ぶ暇はなくなります。時間のあるうちに大いに遊んで見聞を広め、感性を磨いてください。
幼少~学生時代 スポーツ少年でした。小学校は野球部、中学校~大学はテニス部に所属していました。高校・大学では部活の合間に授業に出る感じでした。数回あった留年のピンチは気合で乗り切っていたように思います。大学のテニス部は体育会でしたので、プロの練習相手を務めたりすることもありましたが、プロを目指せる程は強くはありませんでした。
社会人時代 就職活動をしている時から家業を継ぐ気はまったくなく、大企業で出世しようと思っていました。最初に就職した帝人株式会社では、社内で一番厳しいと言われる部署に配属され、社会人の基礎を叩き込んでいただきました。ただ、大企業ゆえの仕事の障害も感じていました。
社長就任のきっかけ 社会人になって5年目くらいでサラリーマンは向いていないと確信し、社長になりたいと思った時に振り返ったら家業がありました。当時社長の父に意向を話したら「やる気があるのならやってみろ」と言われ、話が速いと思いましたがやはりそう甘くはありませんでした。その後6年間、アパレルメーカーや商社で生産管理やマーケットについて学んだ後、ようやくパルに入社。パル入社当初は「社長の息子がなんぼのもんや?」という視線を痛いほど感じていました。「早く先輩社員に追いつかねば」という気持ちから、43連勤したこともあります。不振事業の建て直しを立て続けに成功させた事で、社員に受け入れてもらえたのだと思います。現場で7年間、実績を重ねて社長に就任しました。
就任当初 社長を志した当時は「自分の才覚で・・・」などとうぬぼれた考えを持っていました。部下が数十人、数百人と増えるにつれ自分の未熟さに気付き、経営について勉強しました。経営者は野球で言えば監督だと思います。ビジョンを示し、人選をして、指示を出す・・・。でも実際にプレーしてくれるのは選手(社員)です。自分がグランドに出てプレーしてはいけません。試合に勝てば選手のおかげ、負ければ監督の責任です。(業績が良ければ社員のおかげ、悪ければ社長の責任。)経営資源は「人物金」と経済学では言われていますが、パルでは「人人人」です。
今後の目標 店舗も会社も「求められる」存在でありたいと思います。買い物の場として、職場として、選んでいただける存在でありたいです。上場して公の器になったからには、社会に貢献し、世代交代を重ねていける企業に仕上げていきたいですね。
企業名 株式会社パル
所在地 大阪府大阪市中央区北浜3-5-29
日本生命淀屋橋ビル4F
業種 卸売・小売
設立 1973年
資本金 31億8120万円
従業員 2024名(連結)   
事業内容 婦人服、紳士服、雑貨等の企画・製造および販売
URL http://www.palgroup.co.jp/