株式会社じょぶれい
野呂 直史

可能性を見つめ
仕事に光を当てる

情報通信業界を中心とした人材育成、人材派遣事業を展開するじょぶれい。営業・販売系マーケットでのトータルプロデュース企業を目指す同社の取り組みは、社名にもあるように「仕事に光を当てる」という信念に強く裏打ちされている。その強い光と人の可能性に対する熱い視線は、「プログラミング教育」という新規事業にも注がれている。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 野呂 直史
会社名 株式会社じょぶれい
出身地 三重県
出生年 1970年
こだわり 理心利光(弊社の社是)でもありますが、
何事もことわり(理)と得る事柄(利)は均等であり、
そのことを心をもって行うからこそ、自分にも他人にも光が差す。
自利他利ようなこだわりをもって生きています。
趣味 多趣味なのですが、あえて言うなら歴史探索、肉体鍛錬です。
特技 初めてのこと、初めての土地、初めての人とでもすぐ慣れて、
すぐにある程度の実力を発揮することができることです。
休日の過ごし方 家事全般及び自己研鑽
座右の銘 創造は想像にはじまり、揺るがない意志により成し遂げられる。
ただそれは、人様が喜ぶことでないとならない。
好きな食べ物 タンパク質量の多い食べ物(肉、魚、大豆系)と日本米
尊敬できる人 天照大神さま、素戔嗚尊さま

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    伊勢神宮のある三重県伊勢市という田舎で生まれ育ちました。海、川、山ばかりのところということもあり、今の時代の子供達とは異なり、まさに自然児でしたね。食材が宝庫で、自然とたんぱく質豊富な食べ物ばかり食べていました。そのおかげで身体は頑丈で運動大好き、当然体育科目は優秀!小学生の時代の卒業文集には将来、外科医になるというような将来が描かれており、その他の教科も優秀だったかと思います。スポーツ、クラブ活動においても、野球がうまくなる為に、脚が早くなる為になど、勝つ為に、レギュラーになる為に時間関係なく、練習していました。怪我をしようが、熱が出ようが、負けたくないという思いが人一倍強かったような気がします。それは中学生、高校生の時にも負けたくないという思いが強いが上の出来事を今でも鮮明に覚えています。また、当時は学校に言えませんでしたが、高校生の時はアルバイトばかりしていました。欲しいものがあったから!そしてアルバイトしていることが恰好いい、という思いが、アルバイトを始めた動機です。アルバイトの中で、社会人や大学生、自分自身より年上の方々と出逢い、良くも悪くも色んな経験をし、働きお金を頂くということだけではなく、子供ながら社会の楽しみを知り始めた時期でした。まとめると、落ち着きのない割には、目標達成思考が強く、人に恵まれた少年ということになりますね。

  • 社会人時代

    当時は郵政省、今の日本郵便株式会社さんに就職したのが社会人の始まりです。その後転職した先でも、転職先での仕事だけでは飽き足らず、副業をしていました。その仕事が楽しくなかった訳ではありません。とにかく色んなことを知りたかったということが理由です。その副業をしている中で、自営業の方々と知り合うことが増えました。「会社を作るから一緒にやらないか?」というという誘いから始まり、7,8名の先輩の中、がむしゃらに営業をしました。その後新会社を設立する流れとなり、有限会社ですが、経営者として新たな勉強をさせて頂きました。結婚し子供も生まれ家族と生活も落ち着き始めた時期でもあります。その時期に今の私に大きく影響していることがあります。自分自身の能力を高めるという意味で、数々の自己啓発の研修に参加し、講師のアシスタントをさせて頂く程のめり込んでいました。この自己啓発の研修は現在でも礎となっていることです。ちょうどその頃、あるきっかけがあり、以前の会社のお手伝いをすることとなりました。その社長は単身で伊勢から愛知県名古屋市に行き、現在当たり前にある携帯電話の販売に着手していました。それが、私が本格的に移動体通信業界の仕事をするきっかけです。そこから、二足の草鞋を履く生活が始まりました。どんどんのめり込んでいき、名古屋中心の生活となっていったのです。情報通信業界以外のことも含め、成功も失敗もたくさん経験し、その会社で学んだことは数え切れません。感謝しかありません。仕事、会社、社会、そして人に対する考えや想いが進化し確立されていった時期のような気がします。最終的に、仕事、会社、社会、そして人に対する考えや想いを軸に、人財育成という点に一番注力しました。そのことが、この社会にある会社で仕事をする人が、必要とされる人(=生きる力)となり、その力が会社(=個)の利益となると思ったからです。人財育成=生きる力(=必要とされる人)をもった人を育てることであると思っています。

  • 起業のきっかけ

    従前の会社で、仕事、会社、社会、そして人に対する考えや想いが進化し確立されていった結果となるのですが、それまで培ったノウハウと人に対する考えや想いを前職の会社と異なる業界の立ち位置にてビジネスができないものかという考えが芽生えました。しかし、その前職の会社では、様々な理由があり、その時点ではできないことを悟りました。散々考えたあげく、どうしてもそのビジネスにチャレンジしたいという想いもあり、創業に至りました。当初は、やれるかどうかわからないビジネスです。必要とされるかどうかという不安と恐怖、そして必要とされるという自信と期待。ビジョンを掲げ、できるかどうかわからない事業計画を作り、ひたすら現在のクライアント企業さまにプレゼンテーションを繰り返しました。クライアント企業さまだけでなく、たくさんの方にビジョンを語った思い出があります。ようは、このじょぶれいという会社を一人でも多くに方に知ってもらうことに注力し、その後入社する社員達にも同様のことを繰り返しました。じょぶれいのビジョンを共有する=マインドの徹底ですね。

  • 現在の事業

    一番注力し大切にしていることは、新入社員の採用に力を入れ、社員数も増えていますし、日々社会の変化や、会社が進化している背景がありますので、社内において、自分自身も含め、あえて、ビジョンの共有や私達のミッション、そしてマインドが浸透するよう努めています。社内の階層により、役割は異なりますが、必要とされる人=生きる力は、役割により異なります。それを理解し仕事、会社、社会に属してもらいたい。それを理解し成長するからこそ更に必要とされ、生きる力が大きくなることを理解してもらいたい。その想いがあって初めて、具体的な目標をやり遂げる基礎ができます。当然、企業はビジョンを成し遂げる為の事業計画があり、その計画を成し遂げる為に業務改革や新規事業などに取り組んでいます。結局のところ、企業が成り立つ一つとして人財だと思うのです。人間という生き物は面白いもので、よく勘違い、錯覚に陥ると言われています。企業を司るのは人です。その人が、私を含めブレては何もうまくいきません。その勘違い、錯覚を正すのも社であり、私だと、たった17年の弊社ですがそれを日々感じる17年でした。どれだけいい労働条件であっても、どれだけ先進的なシステムがあっても、どれだけ世の中の景気がよくても‥結局、人です。その人が進化、成長しなければ、会社、社会がよくなるわけではなく、個がよくなるわけでもありません。だからこそ、永続的な企業として未来を作る為に、この会社で働く人々が素晴らしい人生を送る一つの支えとなる為に、そのこと一番大切に思い注力しています。

  • 今後の展望

    短期、中期、長期のビジョンにおいて、第一の柱として、HRM事業の多岐にわたるサービスにおいて、業界内でのシェアを上げることと、既存業界以外へ進出することが目標です。この中には、外国人、高齢者、子育てをされている方々の方々の就業支援、そして、約1年前から取り組んでいるPRMビジネスも含まれています。第二の柱として、TID事業の拡大となります。この事業におきまして、これからの5年について、3桁成長、その後は2桁成長を行う計画となっています。第三の柱として、お子様向けのプログラミングスクールの運営、展開及び講師の輩出。一番新しい事業となります。これは中期、長期ビジョンです。義務教育課程となったプログラミング!HRM事業において培った教育や研修ノウハウを活用し、お子様の支援を行うスクールの運営とFC展開に取り組み、同時に必要とされる業界への講師の輩出を行っていきます。これが第三の柱です。この三本の柱を軸に、日本国内各エリアでの拡大再生産の実現を行っていきます。人として生まれ、人として生きる上で、人だからこそできることにこだわりを持ち、AI+IOTの進化に対応し、事業拡大の実現に取り組むことが弊社の使命と考えます。この柱とは別に付帯業務として、海外(アジア圏)への進出も視野に入れ、永続的企業となるべく展望となっています。企業成長と共に、業務にもよりますが、数多くの社員が在宅勤務や直行直帰により、より余暇を楽しめるような働き方ができる企業となることが必須であると考えています。

  • 若者へのメッセージ

    最近よく将来が不安だ、日本経済はどうなるのか、などネガティブな言葉を耳にします。
    なにをもって‥と思いますが、良くも悪くも情報社会の中、それぞれが入手する情報は様々です。しかしながら、今までもこれからも、この日本という国で貧乏はありえません。たくさんの諸先輩、先人の方々、企業が、時代を見据え大小関わらずイノベーションを繰り返し、この日本経済を創造しつづけています。その中、この世界で有数の経済大国として君臨しつづけている国が、皆様がいる日本です。働く。お金を稼ぐ。人それぞれ考え方は異なるでしょう。しかしながら、この国、日本において、皆様が生きる時代、平成、令和の時代に貧困は絶対ありえません。もし、貧困なのであればその方は怠け者です。必要とされる人ではない人。必要とされる人になろうとしていない人。必要とされる人になろうとする人にもなろうとしていない人。まさに怠け者です。この世界有数の経済大国のこの日本。ジャパンドリームがある国です。その時代や時代にあった進化に、必要とされる人になるだけで、素晴らしい人生になります。この日本という国で生きる喜び、素晴らしさ、働くということ、そして可能性をもっと感じてもらいたい。皆様の人生はこれからです。社会に出ることを楽しみにしてほしい。そして、共に素晴らしい人生を歩みたいと願っています。

会社概要

企業名 株式会社じょぶれい
所在地 愛知県名古屋市中区栄3丁目7番9号新鏡栄ビル 8F
業種 サービス - その他
設立 2003年
資本金 5,000万円
従業員 150名
事業内容 情報通信業界を中心としたコンサルティング&アウトソーシング、
営業に関するアウトソーシング業務、人財派遣業務、人財育成・研修など
URL https://jobray.com/

関連動画