横浜環境保全株式会社
髙橋 義和

子供たちの憧れに

曽祖父が前身企業を創業し生まれた、横浜環境保全。 父に誘われ賢者は家業に入る。 しかし突如として訪れた、別れと事業継承。 父の遺志を継ぐ賢者の改革は、 業界の未来をも照らすのか?

SHARE

賢者プロフィール

氏名 髙橋 義和
会社名 横浜環境保全株式会社
出身地 神奈川県
出生年 1974年
こだわり 笑顔でいる事
趣味 筋トレ
特技 筋トレ
休日の過ごし方 子供と過ごす
座右の銘 謙虚にして驕らずそして感謝の気持ちを大切に
好きな食べ物 焼肉
尊敬できる人

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    横浜市中心部にほど近い下町、万世町に髙橋家の長男として産まれました。家系としては東京足立区の本家より髙橋六蔵が万世町に居を構え、し尿の汲み取り業「髙橋清掃」を始めました。私で4代目となります。幼少期は自宅にバキュームカーのとまっている都会では珍しい家だったと思います。そんな中で従業員の皆さんからも可愛がられ、家系では初孫が男子だった事もあり父母はもちろんですが祖父母からも背中にはいついかなる時も期待を感じながら育ってきました。幼児期は体が弱く小児喘息にかかっていましたので3歳の頃から水泳を始め、祖母からは男児は字が綺麗でなければならないと近所の書道教室に通い、小学校に上がると父が好きで監督をやっている地元の少年野球チームに入り、自宅には叔父が使っていたピアノがあったためピアノを習い、その他、強く礼儀も学ばなければならないと空手、冬はスキーキャンプ、学習塾等々父母、祖父母の進めるものは全て私を成長させてくれるものと思い受け入れながらやってきました。そして小学校受験に失敗、地元の小学校に通い、続く中学校受験にも失敗。父は自身出身の法政に入れたかったようですが勉学には優れていなかったようです。以来自分の有能感には自信が持てずに育ちました。始めて自分で大きな意思決定をしたのは高校受験だったように思います。全国でも名を轟かす名門ボクシング部に入部したく横浜高校に進学しボクシング漬けの3年間を過ごしました。

  • 社会人時代

    社会人として最初に入社したのは当時の求人広告「ガテン」で見つけた東京ガス指定工事店の下請け会社でした。20代から30代の若い社員が10数名働く会社で社長が30歳で独立をし興した会社です。主な業務内容は戸建から大型マンションに引き入れる道路地中にある本管から建物内全ての配管工事です。ここでの社会人時代に阪神淡路大震災が起きました。その復興応援隊として当時20歳から21歳の1年間を大阪神戸で過ごしています。当初3ヶ月は毎日始発から終電まで働いていました。その時に仕事に対する責任感のようなものが培われたように思います。

  • 社長就任のきっかけ

    父が社長就任した2004年「お前もそろそろいいだろウチに来い」と言われ考えた末「宜しくお願いします」と横浜環境保全に入社をさせていただきました。当時29歳です。現場ドライバーで一から修行を始め3年目に本社移動。その4年後先代社長である父に病気が見つかります。肺がんでした。発見された時で既にステージ4、脳にも転移をしていて翌夏を超えられるかわからないという状況で脳の放射線治療から始まりました。そして肺がんへの抗がん剤治療をするため入院すると3ヶ月で逝去しました。当時の財務状況は借入も多く金融機関の融資を受けられない状況になれば当社は立ち行かなくなるかもしれないという状況でした。そこで当時の役員会が嫡男を代表取締役にして父を代表取締役会長に就いてもらい2代代表制を敷くことによって乗り越えようというのが就任のキッカケです。

  • 現在の事業

    当社企業ミッション、ビジョンを最も大切にしています。企業ミッション「未来そして子供たちのために環境保全事業を通して地域社会に最も貢献する」ビジョン「環境を守り社会に貢献し私たちを取り巻く全ての人たちの明るい未来を実現する・社会へそして子供たちに誇れる会社にする・全社員が一つになりお客様から信頼されすべてに感謝しあえる企業にする」このミッションビジョンをもとに採用から全てを行っています。また、上記を達成するために必要な価値観をすり合わせるため「横浜環境保全の考え方」を全社員が学び社業を通じてそれぞれの人間性を高めプライベートにも活かしより豊かな生活をしてもらいたいと思っています。だからといって押し付ける訳ではなく触れてもらい何かを感じてもらえれば嬉しく思います。

  • 今後の展望

    当社は大きな意味で社会のアンダーグラウンドを支える事業かもしれません。廃棄物処理法の目的である「生活環境の保全と公衆衛生の向上」に寄与していく責任があると考えています。更に当社が多く扱うゴミ収集車は「子供たちの働く車人気ランキング」3位に上がる人気車輌です。車だけが人気ランキングに上がるだけでなく当社の行う事業が職業として「子供たちの就きたい職業人気ランキング」上がるようなそんな将来を目指しています。その結果として若手の参入が更に増え、「地球の健康」に寄与できるそんな企業に成長するべく全社員で努力を続けます。

  • 若者へのメッセージ

    笑顔でいきいきと働くことが最高のパフォーマンスに繋がると思います。社会に出て、皆がため息を吐いて、肩を落として仕事をしていたら、社会に出たいと思える若者は減っていく一方だと感じます。だからこそ、いきいきと元気で笑顔で働いて、今後の日本社会を支えていってもらいたいです。一緒に頑張りましょう。

会社概要

企業名 横浜環境保全株式会社
所在地 神奈川県横浜市中区山下町273番地
業種 サービス - その他
設立 1972年
資本金 9800万円(2019年11月現在)
従業員 237名(2019年11月現在)
事業内容 一般廃棄物収集運搬処分、産業廃棄物収集運搬処分、医療系産業廃棄物収集運搬、資源物収集運搬(リサイクル業)等
URL https://www.y-kankyo.co.jp/

関連動画