KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

西ノ宮互厚産業株式会社
緒方 雅広

無から有を
生み出す力

数字のゼロをいくら足しても、その数が変わることはない。それは数学の常識だ。しかし、モノづくりの世界に生きる。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 緒方 雅広
会社名 西ノ宮互厚産業株式会社
出身地 千葉県
出生年 1978年
こだわり 一つの事にオタクになる
趣味 ギター演奏、石
特技 体操
休日の過ごし方 料理、公園、神社巡り
座右の銘 スリッター界のプリンス
好きな食べ物 カレー、チョコレート
尊敬できる人 船井幸雄、神坂新太郎氏

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    私の祖父が、技術及び、知識人でした。私のおもちゃ、勉強机、タンス、などはすべて祖父が作ってくれました。祖父自身も、音楽機器のパワーアップ、スピーカーなど、たくさん自作していました。また、母も、編み物教室を営んでいた為、洋服関係は作ってもらうことが多かったです。そんな影響から、ほしいものは、工夫して自分で作るという考えが当たり前に存在していた為、現在の自分に強く影響していると思います。

  • 社会人時代

    入社した当初、何もわからずのままある製品のスリットを任されて、当時の工場長に「この設定でこの通りやって」といわれその通りやっていたところ、同業者の社長が来て私に質問をしてきました。「なぜ、この設定でやっているの?」私からしたら、何もわからない状態でしたので、「この設定でやってくれといわれたから」としか答えられず、そのあとその社長に言われたのが「わからないじゃなくて、分かろうとしていないだけ、機械の操作はわかっているんだから、設定は適正か?スピード、張力をいじったらどう変わるか?を確認してチャレンジしないと成長しないぞ!」といわれたことが強く印象に残っています。

  • 就任のきっかけとその当時

    就任後最も注力したことは、現在も進行中なのですが、今までの受け身だった体制を180度変える事でした。社内的では、社長と従業員の距離を縮める待遇、福利厚生改善、社員の教育の充実、社員の意見を反映させれるような仕組みを作りました。社外的には、いつでも自分が動けるスタンスにしました。また、加工賃改正、YouTubeでの広告宣伝、新事業立ち上げなど、スリット以外のもので弊社にお役に立てられることはないかという事を考えております。

  • 現在の事業

    現在行っていることは、社員を総職人化計画です。対象オペレーターにあった教育科目で指導しています。また大切にしていることは、弊社の経営方針でもある「自由に意見交換ができ、進化する職場作りを目指す」とある通り、常識にとらわれない会社作りを、社員と一緒に構築していくことを大事にしております。

  • 今後の展望

    今後の展望でございますが、職人ならではの発想で、あったら便利だというものの開発に力を入れた行きたいです。また、教育という事では、社内にとらわれず、色々な会社様の新人教育、技術教育などやっていきたいと思います。各セミナーにも力を入れていき、日本全体のスリッター界を盛り上げていきたいと思います。

  • 若者へのメッセージ

    これからの日本を、または世界を動かしていくのは若者です。失敗を恐れずに、やりたいことにチャレンジし続けてほしいです。数ある失敗の中から一つでも成功すれば万々歳という気持ちで邁進してください。どんどん先輩たちに負けじと発言し、日本の工業を盛り上げていきましょう!!

会社概要

企業名 西ノ宮互厚産業株式会社
所在地 茨城県猿島郡五霞町幸主570-2
業種 製造
設立 1961年
資本金 1,000万円
従業員 16名
事業内容 メーカーが製造する食品包装用、医療、工業用途のフィルムを指定の幅に切り出荷
URL https://www.nishinomiya-sl.com/
{

関連動画