浜新硝子株式会社
過能 史光

硝子の料理人

システムエンジニアから一転、父の経営する「浜新硝子」へ入社。幼い頃から避けていた「社長」の道。 迷いの先に見た、進むべき道とは?

SHARE

賢者プロフィール

氏名 過能 史光
会社名 浜新硝子株式会社
出身地 福岡県
出生年 1967年
こだわり 五感に響くものづく
趣味 ゴルフ
座右の銘 迅速果断
好きな食べ物 エビフライ
尊敬できる人 医療従事者
休日の過ごし方 ゴルフ

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    幼少期からスポーツが好きで陸上、体操、水泳、球技何でも人並み以上に出来ていました。小学校三年生の時に将来の夢は「社長」になる、と言ったのを覚えています。中学時代からは野球が大好きで甲子園を目指していました。しかし高校時代、度重なる「病気・怪我」で初めて挫折を経験した事が今でも記憶の片隅に残っています。

  • 社会人時代

    卒業後、当時パソコンの普及とともに注目されてきていたシステムエンジニアの仕事に就きました。コンピュータに興味を持っていたので、プログラム・SEの創作はとても楽しんでやっていました。厳しい社長、上司の指導もあり、いってみれば「五感の教育」と言って良いほど人の目の動き、声のトーン、表情の移り変り、など多くの感覚を使いながら仕事をして来たように思います。この「五感の教育」を受けたことが今の自分自身を築きあげていると感謝しています。

  • 就任のきっかけとその当時

    順調にキャリアを積んでおりましたが、当時の社長である先代が社長が倒れてしまいました。やむなく1989年、浜新硝子に入社しました。その頃社員からは、「社長の息子だからできて当たり前」「人の2倍仕事して当たり前」などという言葉が聞こえているような気がして、この会社にいて良いのかな、というジレンマを感じていました。ここに自分の居場所はあるのか、やるべき仕事はなんなのか、など模索する毎日でした。ただそんな中今後私がもしここの経営をやるなら、こんな気持ちでは、現状働いているみなさま、そのご家族に失礼なことをしているなと考え直し、よし、自分のやりたいことをしよう、と思ったのがきっかけでした。自分を信じてやりたいことをとことんやろうと、すぐに自らの硝子文化を見直すためイタリアにいきました。そこで刺激を受け、帰国後硝子の開発に着手しました。

  • 現在の事業

    人と同じことをやらないというのがモットーです。世の中にないものを生み出そうとか、イノベーションという言葉が大好きなので、硝子業界で世の中にないものをどう提供するかということには固守した考えかたをもって、人が求める価値観をもの凄く大事にしております。そして現代社会において「仕事=収入=生活」が当たり前になっている様に感じています。「夢」・「希望」などあまり描けていない若い社会人が多い様にも感じています。当社の社員には、夢も希望も持ち続けてもらいたいです。その為にも多くの経験と体験を積ませてあげられる育成を時間をかけて行っていきます。新たなことに着手する際には失敗してもいいんだよ、よいう社風にし、まずは挑戦させるということを意識しています。

  • 今後の展望

    お客様が真に喜んで頂ける企業且つ社員の皆様が心豊かに生活が出来る企業への成長です。2050年、今よりも激変化の時代がくると思っています。そのために未来を生きる人材の育成が一番重要だと思っています。そんな時代でも力を合わせて生き抜く術を身につけていきます。

  • 若者へのメッセージ

    諦めない限り成功への道は続きます。自分自身の才は無限であると信じ、速やかに思い切りよく決断し、行動に移して下さい。

会社概要

企業名 浜新硝子株式会社
所在地 福岡県福岡県柳川市田脇213-1
業種 製造
設立 1972年
資本金 5,300万円
従業員 80名
事業内容 板硝子製品の設計・加工・販売
URL http://hamashin.glass/

関連動画