KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

際コーポレーション株式会社中島武

人と違う、新しい事を探し続ける。

際コーポレーション株式会社 中島武
この映像・情報は 2009年4月 当時のものです

内容

業種や規模ではない。まずは、やりたい事が出来るやり方を探す事。そして、自分が飯を食える種になる事なのか?そのマインドを持っていれば、仲間も資金もお客さまも付いてくる存在になれる。

関連タグ
男性 1940年代生まれ 東京23区内の会社 創業 挫折

際コーポレーション株式会社

飲食店で数々のトレンドを打ち出す中島武。その原点は試行錯誤で作った小さな中華料理店であった

氏名 中島 武
会社名 際コーポレーション株式会社
出身地 福岡県
出生年 1948年
趣味 ヴィンテージカー、着物
特技 書道、イラスト
休日の過ごし方 街、店を見る
座右の銘 質実剛健
心に残る本 きりぎりす(太宰治)
尊敬できる人 本田宗一郎
現在の仕事の魅力と苦労 店づくりに終わりはない。これが魅力であり苦労でもあります。
日本を背負う若者へのメッセージ もし起業するならば、何か人と違うこと、世の中で今まで発見されてないもの、それを見つけること。絶えず絶えずいつもそれを考えておくこと。そしてそれを見つけたら、それにエネルギーを集中していけばいい。そして企業を大きくしていけばいい。そしてまた悩んで、つまずいて、そして成長していけばいい。まずは、ご飯の種になるものをきちっと自分で持たなくてはいけない。これが一番大事だと思う。飯の種になるものを自分で探すべきだ。これを探さないと起業ができない。それが僕は一番大事だと思っている。
幼少〜学生時代 とても優しく向上心が高い母に愛情いっぱいに育てられましたが、それに応えることができない子でした。高校はどちらかというとやんちゃな学校でしたので、みんなが「押忍、押忍」言ってるような学校でした。その学校には応援団がなかったのですが、見様見真似で応援団を設立しました。大学に入ってからも応援団は続けました。それこそ大学に行ったというより応援団に行ったという感じです。しかし応援団は厳しくて、留年すると応援団を除籍される決まりがありました。応援団に夢中で大学の授業など一応出るものの、いつも寝ているというような状態でした。高校から大学は本当に応援団一色でした。応援団に夢中になれたおかげで、過激でインパクトの強い青春時代を送ることができました。
社会人時代 応援団の生活と社会人の生活には非常にギャップがありました。応援団に在籍していた頃は、なぜあんなにお金があったのかは分かりませんがお金遣いも荒く、社会人になってからの方がスケールが小さくなってしまい、その点非常に辛かった覚えがあります。その後、いくつかの会社を転々としてから、金融会社に10年位勤めました。その会社は町の金融会社で、不動産でお金を貸したり、ファクタリング等を取り扱っていました。要するにお金を貸す仕事だったのですが、これが生き馬の目を抜くような仕事で、応援団の生活の次くらいに印象深い経験がたくさんありました。お金を貸して返してもらうということは厳しい仕事なのだと学びました。
起業のきっかけ 社会人になる時は、普通の社会人になって、普通にきちんとやっていこうと思ったのですが、どこかに野心があるのですね。高校生時代から、普通のサラリーマンになって、普通の会社に行くことというのは嫌だという思いがありました。金融会社に入ったのも、独立のための一つ手段でしたから。10数年勤めた金融会社の社長に「社長、本当に申し訳御座いません、独立するつもりでこの会社入ったのですが、社長にも育ててもらい、可愛がられて、あまりにも居心地が良いので、気づけば10何年。ちょっと長居したんで、このへんでおいとまさせてください」と申し出ました。「カッコいいこと言うんじゃないよ」と言われて辞めました。その後起業いたしました。
起業当初 前職の経験を活かした金融業をはじめ、不動産業や高級車販売業など、さまざまな事業を展開していました。当時は、バブル景気の真っ直中。時代の追い風も手伝って、200億円規模のビジネスを仕切るほどに成長しました。ところが、90年代前半にバブル崩壊。それを機に、当時手掛けていたビジネスから手を引くことに致しました。金融業や不動産業、高級車販売業が成功したのは、バブル景気のおかげ。バブル崩壊後も続けられる仕事ではない、と判断したからです。そして「自分が食べていくほどのお金なら稼ぐことができそう」という理由で当社を設立し、飲食業界に参入しました。イタリアンレストランの「ウノクイント」と中華料理店「韮菜万頭」を、続けてオープンさせたのですが、最初の頃は月商が50万円くらいしかありませんでした。それでも諦めずに、「どうしたら売れるのか?」という事を自分なりに勉強しました。鉄鍋餃子を世に送り出した頃から軌道に乗り始め、現在は300店舗以上のお店を経営しています。
今後の目標 絶えず新しい会社であることが目標です。時代のトレンドの真っ只中で生きていたいとは思いませんが、時代遅れにはなりたくないと思っています。地味に生きることも、派手に生きることも、時代の中で一つの美学だと思います。どちらを選択するかは自由ですが、私は「存在感がない」ような生き方はしたくありません。だから、いつでも目新しいことを探すのではなく、全体的にいつでも新しいマインドに全社員が向かっていけるような会社にしていきたいと思っております。
企業名 際コーポレーション株式会社
所在地 東京都目黒区大橋2-22-8
千歳ビル
業種 飲食店・宿泊 - 一般飲食店
設立 1990年
資本金 5億4,106万円
従業員 1,186名(2010年10月現在)
事業内容 飲食店の経営、飲食店の企画・商品開発ならびにコンサルタント業
URL http://www.kiwa-group.co.jp/