Tommy Bahama
Doug Wood

人材がつくる
ブランドの未来

幼い頃から、ビジネスに触れていた賢者は世界的な大企業での多くの経験を積んだ。そして飛び込んだ新しい業界でこれまでにない仕事の喜びを感じている。そこには賢者の仕事の哲学と従業員や顧客への強い想いがある。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 Doug Wood
会社名 Tommy Bahama
出身地 アメリカ合衆国
出生年 1965年
こだわり 毎日やりがいのある仕事をすること
趣味 ゴルフ、サイクリング、卓球
休日の過ごし方 サイクリングや水泳など
尊敬できる人 妻、両親、祖父母
現在の仕事の魅力と苦労 会社のミッションである、お客様をリラックスできる環境や用品を作ることを素敵な人たちと共に毎日目指していること。ネガティブな面は、経済状況の変化に関してのストレスだけです。
日本を背負う若者へのメッセージ 優しい人でいてください。ビジネスを成功させる秘訣は、人に優しく、そして優しい心を持つことです。

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    幼い頃は活発で、スポーツが好きな少年でした。その一方で読書や漫画も好きでしたね。とにかくよく働いてよく遊び、どこか違う場所にいるのを想像するのが好きなイマジネーション豊かな少年でした。私の母の家族が宝石店を営んでいたので、幼い頃からそこで働き、包装用のリボンを作っていました。そして、15歳の時には会計を任されるようになり、店の帳簿をつけるようにもなりました。その時が、私が会計やビジネスと関わりを持つことになった始まりですね。私は会計担当でしたが、母親家族の宝石店での経験は「顧客対応」「サービスの提供」「どのように顧客の期待に応えるか」などたくさんのことを教えてくれました。それは今でも多くのことに活かされています。小さなビジネスでは、顧客を大切に扱うことが何よりも重要なのです。彼らが求めているものを知った上でそれにどう応えるか、それ以上のものを提供できるかが事業存続の鍵になります。それは、トミーバハマも変わりません。

  • 社会人時代

    大学卒業後はボーイング社の宇宙空間部門で働き、契約や商談に関わりました。スペースシャトルの部品にも携わっていたので、何年間かはシアトルとスペースシャトルのあったケープカナベラル間を行き来してました。20代の若者だった私には、とてもワクワクする仕事でしたね。初めて東海岸やフロリダにも訪問することができ、大学卒業後の最初の仕事としては素晴らしい仕事でした。ボーイング社での失敗談は思いつきませんが、その後Car-Tel communicationsという後にAT&Tに買収された携帯会社に転職しました。

  • 社長就任のきっかけ

    コンサルタント業務をしていたAT&Tを退職したとき、トミーバハマの設立者と知り合いの友人から電話を受けたのです。共にビジネスをする最高執行責任者にふさわしい人材を探しているということでした。彼らとバーで面会して話をし、共に働くことにお互い合意しました。とても気が合ったのです。しかし私は彼らに、ぜひ一緒に働きたいが小売業界や服については何も知らないと伝えました。私をとても気に入ったのでそれでも構わないと彼らは言い、1か月後に電話がありました。その時に私を最高執行責任者にしたいと言われたのです。彼らのビジネスについて何も知らない私を任命するとは正気かと尋ねました。彼らの回答は、ブランド設立や服飾について彼らは知っているので問題ない。しかし、システム、予算、人事など彼らが詳しくないその他のことを私に任せたいということでした。お互いの分野に口出ししない役割分担は、大変上手くいっています。

  • 社長就任当初

    2社のハイテク業界を経験した後でアパレル業界に飛び込むのは大変でした。今までずっとシステムの中で働いてきましたが、ここにはそれがありません。一方、どのように利益を上げるかがシンプルだというポジティブな面もありました。ビジネスの経営について考えた時、通信業界の金融の仕組みは複雑で利益を上げているのかすら分からない時もあります。その点アパレルや小売業の金融状態はとても見やすいです。そこに気づいた時、ここでやっていけるなと思いました。目に見える商品を作り販売する、顧客にサービスを提供するというのは私が経験したことのないものでしたが、簡単に受け入れることができました。

  • 経営哲学

    全ての人々が毎日のように問題を抱えている事を踏まえると、トミーバハマのような大企業に問題がない訳はありません。1つ目の対処法として前に起こった事がある問題か、そしてその時どうしたか。2つ目は仮に初めて起こる問題なら有能な人材を集めて意見を取り入れる事です。私はそれがビジネスの方法だと思っています。そして失敗を認める雰囲気を作る事です。仮に何かを試してみて、それが失敗に終わっても今度は違う事を試すのです。我々の会社はこのようなスタイルを取っているのです。ビジネスは一筋縄では行かないので目標がすぐには達成されないと理解されるべきです。成し遂げたい事を決め、それが実行されているか常にチェックします。仮に達成されていなくとも、その経験から学ぶべきです。それが最高経営責任者の仕事で、我々のスタイルです。

  • 会社の魅力

    様々な才能を抱えた従業員達と共に仕事をするのは本当に楽しいです。デザイン、販売、運営、eコマースなど他分野に及び、彼らのエナジーは素晴らしいものがあります。幸運なことに私が店舗やレストランに顔を出した時、いつも従業員達はお客さんとコミュニケーションしてくれています。それが本当に力になります。私ばかりが彼らに励まされている気がして悪いくらいです。店舗マネージャーやレストランのマネージャー達と共に時を過ごすと我々のお客さん達の素晴らしさが伝わってきます。我々のブランドを愛してくれていて、それは私たちを力づけてくれます。ですから、従業員達やお客さん達との関わりが私は何よりも好きなのです。

  • 若者へのメッセージ

    自分を信じることが大切です。自分で思っているより有能な自分に出会えるかもしれません。恐れてはいけません。誰もが恐れはありますが、そこから何か新しいことが学べるでしょう。そして成功した暁には、さらに新しい学びがある事でしょう。恐れずに最後まで思いやりの気持ちを忘れずにいてください。

会社概要

企業名 Tommy Bahama
所在地 400 Fairview Avenue North, suite 488 Seattle, WA, 98109
業種 サービス - その他
設立 1992年
従業員 約4,000人
事業内容 アパレル、家具の製造、レストラン
URL http://www.tommybahama.com

関連動画

バークレイズ証券株式会社 木曽 健太郎

バークレイズ証券株式会社

木曽 健太郎

上海裕生企業発展有限公司 倪 思礼

上海裕生企業発展有限公司

倪 思礼

株式会社幸楽苑 新井田 傳

株式会社幸楽苑

新井田 傳

ランカルジャ・マンディリ・アバディ アファンディ ジャンダ

ランカルジャ・マンディリ・アバディ

アファンディ ジャンダ

加賀電子株式会社 塚本 勲

加賀電子株式会社

塚本 勲