株式会社カネコ・コーポレーション
金子 善行

この映像・情報は 2016年2月 当時のものです

勇気があるから楽観的でいられる

幼い頃からの「諦めない」という気質、そして父親から教わっていた帝王学。これが現在の賢者の基盤になっている。何事も楽しんで行うこと、また諦めないで続ける姿勢が、その先に進む原動力となる。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 金子 善行
会社名 株式会社カネコ・コーポレーション
出身地 栃木県
出生年 1972年
こだわり 永遠に続く今を全力で生きる。
趣味 テニス、モータースポーツ観戦、読書
特技 継続
休日の過ごし方 ドライブ、ショッピング、旅行
座右の銘 胆大心小
心に残る本 『言志四録』佐藤一斎
尊敬できる人 ガイウス・ユリウス・カエサル
現在の仕事の魅力と苦労 色々な個性の社員がいる中で、女性や若手社員が活躍し、毎年自分自身の成長を実感していただいている事に魅力を感じ、更なる飛躍に向けてより強いものにしていくために心地良い緊張感を感じています。
日本を背負う若者へのメッセージ 数十年前からグローバルということが言われ始めましたが、当社では創業当時から一貫して言い続きて来た事です。日本人はその時代背景や島国で育っている環境の為に、どうしても視野が狭く、自分だけの価値観を持ってしまいがちです。学歴や資格、テスト用の知識だけではなく、たとえ国籍、文化、宗教等が違っても人間関係を構築出来る、世界に対して通用する人間的な魅力を持って頂きたいと思います。どこにいようともどのような形からでも世界を意識した時点がグローバル化のスタートだと思います。 

賢者ヒストリー

  • 幼少~学生時代について

    体も小さく目立つタイプではありませんでしたが、非常に活発でスポーツは大好きでした。テニス・野球・スキー等色々なスポーツに参加していました。一度はじめるとすぐに夢中になり途中でやめる事はありませんでした。この時期に継続力(諦めの悪さ)が身に付いたのかも知れません。テニスは現在でもずっと続けています。大学生になり全国各地からの友人と知り合い、世の中の広さを感じつつ自分の視野の狭さを実感したことを覚えています。この頃になってようやく自覚したことがたくさんありました。また、小中学生の頃から定期的に父から家庭内講習会が開催され「世の中や経済の成立ちや人間としての魅力、道徳心等について」の話を聞かされていました。何となく記憶の片隅にあるその話が今の考え方の基本になっているような気がします。

  • 社会人時代について

    入社後まもなくは、とにかく営業の仕事が楽しくて時間を惜しんでお客様や工事現場を訪問し、夢中になって営業に没頭していました。非常に自由な社風で、担当者に多くの権限が委譲されているため、やる気があり積極的に挑戦したいと思っている人には、この上ない環境だと思います。反面、多くの失敗もありました。時には数千万円という大きな損害を発生させてしまったことやトラブルで多くのお客様に迷惑を掛けてしまった事もありました。迷惑を掛けてしまったお客様に対しては、心からの誠意を持って対応しました。その結果お客様からも継続的な信頼を頂けるようになり、今ではトラブルでお客様との取引が途切れる事無く、より強い信頼が得られるような逃げない対応がカネコ・コーポレーションの強みにもなっています。

  • 就任のきっかけ

    入社当時から特別な扱いは一切無く、他の同期入社社員と全く同じゼロからのスタートでした。このような環境もやる気を奮い立たせると言う意味では、プラスに作用していたと感じています。また、建設機械レンタルという業界は、日本経済、国家のインフラを支える業務で変化、進化を遂げながらも絶対的に無くなる事が無い業界である事である事も魅力です。そして、夢中になって仕事を行なっていた中で、仕事を通して「お客様から必要とされ、役に立ち、愛されて、お客様を笑顔に変える事が出来る仕事の魅力」に気付き、このサービスをどのように進化させていくかどうかを常に考えるようになりました。自身15年以上という非常に長い期間での現場経験、社会経験があったからこその今だと感じています。

  • 就任当初

    就任当初は、未経験領域へのプレッシャーがありましたが、何事もシンプルに考え一日でも早くそのプレッシャーを克服し、逆に仕事を楽しめるようになれればと考えていました。また、強みを活かしお客様から「あの会社何か違うよね」と思っていただけるようなサービスが提供出来る会社を目指していました。カネコ・コーポレーションの一番の強みは何かを考えた時、それはやはり「個性豊かな人材」です。特に女性と若手社員が活躍出来る環境を整え、経験の浅い部分をベテランがしっかりとサポートするという体制を作り上げることに注力していました。

  • 今後の目標

    世間一般には先代・先々代が築き上げてきたものを、如何に守っていくか、維持していくかという事を目標とされる方が多いと聞いていますが、私は常にバランスを大切にしながらもチャレンジングな姿勢と成長戦略をより進めて行きたいと考えています。会社や組織がそのリーダーの能力以上のモノになる事は絶対にありません。その為にも部下教育、社員教育に注力すると共に常に自分自身の鍛錬も行なっていきたいと考えています。たとえ厳しい状況下での仕事においても次の3点、1.お客様に支持されること。2.何かの役に立つこと。3.楽しいこと。を感じられる会社にしていきたいと考えています。また、社員が楽観的になれる勇気を与えられる企業であり続けたいと考えています。それこそが社会に貢献し、皆様の幸福実現への使命であると考えております。

会社概要

企業名 株式会社カネコ・コーポレーション
所在地 群馬県太田市東矢島町202
業種 建設
卸売・小売
サービス - その他
設立 1975年
資本金 1億2,000万円(2016年1月現在)
従業員 365名(2016年1月現在)
事業内容 建設機械、工事用車両、高所作業車、ユニットハウス、トイレ、事務機器等のレンタル及び販売修理
URL http://www.kaneko.ne.jp/

関連動画

松井証券株式会社 松井 道夫

松井証券株式会社

松井 道夫

ウェーディー株式会社 シンチン シンロン

ウェーディー株式会社

シンチン シンロン

株式会社幸楽苑 新井田 傳

株式会社幸楽苑

新井田 傳

株式会社ミクシィ 笠原 健治

株式会社ミクシィ

笠原 健治

サイゴンテクノロジーユニバーシティー ダオヴァン ルオン

サイゴンテクノロジーユニバーシティー

ダオヴァン ルオン