KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

ポルシェ ジャパン株式会社黒坂登志明

誰もが憧れる車

ポルシェ ジャパン株式会社 黒坂登志明
この映像・情報は 2011年12月 当時のものです

内容

人生の中で一度は乗ってみたい「ポルシェ」。憧れの理由は様々だけれどもその車には他には無いフィロソフィが存在する。ただの移動手段だけでは終わらない、その魅力とは?

関連タグ
男性 1940年代生まれ 東京23区内の会社 エリート スポーツ

ポルシェ ジャパン株式会社

多くのファンを魅了してやまないポルシェ。変えることの無い美学と根底に宿る伝統を導く賢者の軌跡に迫る。

氏名 黒坂 登志明
会社名 ポルシェ ジャパン株式会社
出身地 神奈川県
出生年 1946年
こだわり Never Give Up
趣味 庭造り、オートバイ、自転車、テニス、写真・カメラ、音楽
休日の過ごし方 スポーツ、リラックス、自己啓発
心に残る本 『勝海舟』
尊敬できる人 Wendelin Wideking氏(元ポルシェ社長)
現在の仕事の魅力と苦労 日本の経営環境・特性をドイツ本社に理解・反映させることには、苦労をしますが、スポーツカー文化を日本に育成することには魅力を感じています。
日本を背負う若者へのメッセージ 努力は最大の資源・才能です。頑張ってください。
幼少~学生時代 1946年に横須賀に生まれ、高校まで米軍基地の街に育ちました。今考えれば、アメリカ文化の影響は大いに受けていたように思います。幼稚園・小学校時代は、性格的には人々の影響を受け易く、仲間と集団で過ごすのが好きでした。また、人と競うのが好きで、スポーツに秀れていましたね。小学校5年で父を病で失い、6年で草野球仲間の中学生に諭され、誰にでも好かれる性格を目指すようになりました。中学1年で突然勉強に目覚め、夏休み後に平凡な成績がクラスで一番になりました。
社会人時代 1971年に本田技研工業に入社。当時車にはほとんど興味はありませんでしたが、学生時代に戦後「奇跡の成長企業」としてもてはやされていた会社の中でSONYへの入社を希望していました。しかし入社をしたのは、ホンダ。就職試験の順番でした。その後、外国部へ配属されたことが、結果的には幸運でしたね。ホンダ時代は 総じて言えば、貿易実務のイロハを兎に角学んだ時期だったと感じています。諸先輩の言う事はなんでも素直に吸収するよう心がけました。その後、良き先輩の元で製品開発グループ、北米市場の営業担当等を経験させていただきました。転機となったのは、1977年のオランダ駐在。そこでの現地人トップとの出会いが、後の私の生き方を徹底的に変えました。オランダ流は一言で言えば、大変厳しいビジネススタイルで、かつ合理的。言わば日本流と対極的な経営理念があったのです。自分のベースはそこでほとんど形作られたように思います。
社長就任のきっかけ 帰国後2年半程して、ドイツの現地法人BMW Japan より声がかかり、悩んだ末に転職しました。BMW Japanではマーケティングを担当し、約1年の短い期間ではありましたが、そこでも浜脇社長という日本の輸入車業界の現地法人経営のパイオニアとなった偉大な経営者に触れる事が出来たのは幸運でした。その後、車の業界人にとっては夢の車であるポルシェのインポーターである三和自動車から声がかかり、夢の車のビジネスに携わることになりました。1985年はバブル期であり、当時年間400台の販売が5年後には5倍を超す2000台以上の年間販売を達成し、ポルシェにとっては米・独に次ぐ世界で3番目の市場に成長させることができました。その後、ドイツのポルシェ本社とインポーター・ミツワの間で輸入権の返還が決まり、結果的に1995年にポルシェ ジャパン株式会社を設立することになり、私が代表取締役に就任することになりました。
就任当初 設立してからは当然の事ながら苦労の連続でした。設立当初は大きく言えば、3つの仕事がありました。一つ目に顧客に迷惑をかけず輸入元から、いかに混乱なく輸入販売を引き継げるかということ。二つ目は年毎に高められる販売目標をいかに達成するかということ。三つ目はドイツ本社に日本の経営を認知してもらうためのコミュニケーションでした。これらの課題は既に16年間社長を務めていますが、終ることのないものです。解決策はありません。あると言えば、本社マネジメントに信頼される様になることだと思います。これは簡単ではありません。日々の最大限の努力と実績と幸運が必要です。
今後の目標 本社の役員がほとんど新しくなりました。それに従い、新たな企業目標が設定されます。これからの私の目標は、その中で日本のビジネスを明確に強固な存在に位置づけたいと思います。その中で、単純に喜びのチェーンをつくりあげたいと思います。お客様にはポルシェ顧客となったら高い満足度を継続的に経験。販売店には安心して経営できる環境。ポルシェ ジャパンは働きがいある時代と共に成長できる会社づくりを更に進めていきます。これらを実現するキーワードは、日本において6000台の販売(喜びの提供)を中期的に達成することだと思います。
企業名 ポルシェ ジャパン株式会社
所在地 東京都目黒区下目黒1-8-1
アルコタワー16F
業種 卸売・小売
設立 1995年
従業員 58名(2009年7月末日現在)
事業内容 ドイツ・ポルシェAG社製自動車の輸入、販売ならびに保守管理
URL http://www.porsche.com/japan/jp/