KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

オジデザインワークス株式会社橋本亮介

初めてやりたいと思ったのが、デザインだった。

オジデザインワークス株式会社 橋本亮介
この映像・情報は 2009年7月 当時のものです

内容

新しいものとは、奇をてらったものではない。今までに無かったものには、無かったなりの理由があるはずだ。それが分かった時に初めて新しいものを作るチャンスが訪れる。大切なのは前向きでいる事。それを持って人と関われればきっとあなたも新しい人生をデザイン出来る。

関連タグ
男性 1970年代生まれ 東京23区内の会社 モノづくり イノベーション

オジデザインワークス株式会社

デザイン業界におけるワンストップサービスを提供する賢者。社長を務めながら、現在もディレクターとしてそのタクトを振る。28歳にして起業、そこに至る過去、視線の先にある未来を紐解く。

氏名 橋本 亮介
会社名 オジデザインワークス株式会社
出身地 千葉県
出生年 1973年
こだわり 謙虚さ、前向きさ
趣味 料理にまつわること、スキー
特技 生活や食事等、様々な事をデザインする事
休日の過ごし方 あまり休日は取りませんが、依頼を請けた仕事を考えながら妻と食事をしたり犬と散歩したりする事です。
座右の銘 自分として勝ち、自分として負けること。
心に残る本 マイケル・ケンナの写真集 「The Elkhorn Slough and Moss Landing」「Le Notres Gardens」等
尊敬できる人 父と母、同僚のデザイナー達、原兆英、原成光、レオナルドダビンチ、近藤勇、松下幸之助(誕生日が一緒なので一方的に親近感を持っています。)
現在の仕事の魅力と苦労 様々な業種の経営者様と重責を担ったお仕事が常なので、業務の困難さと充実感が我々の業務の最大の魅力と苦労する所です。
日本を背負う若者へのメッセージ まだまだ、ものを言える立場ではないのですが、己の立場を守ることと同じ様に、人と人の良い関係を目指し理想のかたちに挑戦していく事が、これからの仕事をする人々にとって大事な心構えかと考えています。
幼少~学生時代 団塊ジュニアの一番子供の多い世代に生まれまして、企業勤めの父と母という家庭環境で育ちました。自分なりには色々と悩みや我慢もしたつもりですが、恐らく父の世代等と比べるとあまり生活に苦労は無く、モノに囲まれ、選びながら育った環境であったのであろうと思っています。衣食住の環境で言えば、畳の和室は家にはありましたが、テーブルに椅子でパスタや、ドリア等をおふくろの味として食べ、今考えると興味深い環境であったのではないかと振り返ったりもします。子供のころから手先が器用で、何かを作ったり、絵を描いたりすることで友達から認められることが多く、より一層そういった事に夢中になって行った事を思い出します。高校受験、大学受験は倍率が非常に厳しく大変な思いをしましたが、それがきっかけで先々の事、自分のやれる事等、比較的じっくりと十代後半に考える事が出来ました。
社会人時代 一度就職してから学生に戻った経緯があります。インテリアデザインの会社で働き出し、実務的な事は真剣に取り組めば、どんどん向上すると実感したのですが、自分が置かれた業界というものを理解しきれず、もう一度勉強をしたくデザインの学校にいこうと考えました。両親にも大学受験等で、迷惑をかけていたので、飲食店や、土方の現場、ビラ配りや、ファーストフード等、一年間いろいろなバイトをしました。ボランティアのお兄さんもやった事があります。いくらかお金は貯金したのですが、3年間の授業料は払いきれず、結局、両親に助けてもらいました。一度、社会を解らないなりに体感した後の学生生活3年間は有意義であったと考えています。その後、業界で有名なデザイナーさんの会社に就職させて頂きました。今もですが、若造の自分でしたが、様々な経営者さんと多数お会い出来、様々な議論をさせて頂いた経験が貴重な財産になっています。
起業のきっかけ デザインの考え方は、師事した原兆英先生・成光先生から学びました。心底デザインのすばらしさや必要性を、世間知らずなりに信じ、世の中にもっとデザインを活用して欲しいと願い、同じ様な考えの仲間に巡り会えた事が、弊社の起業のきっかけだと思います。当時はトータルデザインという言葉で説明をしていましたが、今風な言い方で言えばワンストップサービスを目指し努力しています。商業施設等の立ち上げやリニューアル時に、インテリアデザイン設計、ロゴマークデザイン、広告物やパッケージ、Webデザインなど様々なものをデザイン出来るデザイン企業を創りたいと考え事業展開しています。現在迄、飲食店や、物販店、クリニック、ホテルや、住宅等から、CDジャケットや、商品パッケージ、ホームページのデザイン等、様々なお仕事を通じ、感覚的価値のご提供を目的に、デザインやブランド構築の仕事をさせて頂いています。
起業当初 起業当時は、ご縁があり飲食店や美容院等お仕事を頂きました。設計のみならず、ムービーを作りたいとか、印刷物を作りたい等様々なニーズにお応え出来た点において、お客様のご要望を深く理解し、デザインに反映出来る様つとめて来た事が、お客様との接点を増やし、営業的効果も生んだ様な気が致します。またお客様へのプレゼンテーションには特に意気込みを表し、業界の為、生活者のためと言った考えで表現等、他のデザイン会社ではやらない様なプレゼンを意識していましたので、クチコミでお仕事は広がって行きました。又、医療等の空間やCI関係等にも着目をし、取り組んできましたので歯科医院等の業界でもご評価を頂いております。役員や社員が増える中でオフィスを2年毎に増改装し、環境の変化によっての業務効果を人事的、実務的、財務的、営業的に試行錯誤している事が現在も労力のかかる事ですが、お客様へのご提案の幅を作る秘訣でもあります。
今後の目標 様々な業種の企業様、個人オーナー様などが、日々、開発展開されている機能的価値があります。機能にデザインという感覚的価値をご提供して行く事で、心地良い社会環境に貢献出来る様つとめて行きたいと考えています。情緒的で主観的に評価されるデザインや感覚的価値という我々の商材は、評価が非常に難しいものですが、人が喜んだり、豊かな気持ちになったりするモノには一貫性があると考えています。また大きな力があります。デザインの発祥はインダストリアルデザインです。職人の時代から、デザインと工場で分業を始めた事が時代に必要であった為だと考えています。デザイン企業として分業の本質を考え、組織的な仕事のあり方を考える事が重要な事だと考え、弊社のマインドとして想像と創造を掲げています。これからもお客様とより良いもの、あるべき形を目指し、様々なビジネスの意図を深く理解する為の、想像(imagination)と、創造(creation)をして行きたいと考えています。
企業名 オジデザインワークス株式会社
所在地 東京都港区高輪1-7-11
白金高輪ビル
業種 サービス - 専門サービス
設立 2004年
資本金 1000万円
従業員 9名
事業内容 企業CI構築、ショップ等各種商業施設のデザイン設計、ロゴマーク、印刷物、Web媒体等の広告物の企画デザイン
URL http://www.ozidesignworks.com/