日本バイオテクノファーマ株式会社
篠原 直樹

医療従事者としての
誇り

製薬会社で勤める中で知った夢と現実。医療従事者として、少しでも多くの人を幸せにしたい。そんな賢者の志には大きな壁が立ちはだかった。夢を形にしていく男、その歩みを辿る。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 篠原 直樹
会社名 日本バイオテクノファーマ株式会社
出身地 東京都
こだわり 不安に生きるのなら理想に死ぬ
趣味 演劇、映画、加圧トレーニング
特技 書道、音楽(作詞・ドラム)
休日の過ごし方 ひたすら睡眠、ジム、ドライブ
座右の銘 忍辱負重
好きな食べ物 焼肉
尊敬できる人 父(10年前に他界)

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    印象に残ることがないくらいぼーっと生きてきました。リトルリーグからシニアリーグまで野球をしていましたが、シニア時代に肩を壊し断念。高校時代バンド、大学時代は演劇部に籍を置いていましたが、劇団を作って独立しました。このころに何か人を感動させたい、役に立つ影響をしたいという気持ちが芽生えました。

  • 社会人時代

    外資系製薬会社入社し研修終えた時期に米国本社へしばらく勉強のつもりで行ったときに、現地で何しに来たといわれ、勉強にと言ったら、何もできないなら帰れといきな言われ、2日間泣いて、3日目に出来ることを20個箇条書きにして持っていたら、Welcomeといわれた経験が支えています。あの時日本に戻ったらずっと負け犬根性そして逃げる癖がついていたと思います。

  • 起業のきっかけ

    長い間の外資系製薬企業での仕事、自分の思いとしたいこと、本社の指示のギャップに悩み、最後の仕事は日本の医療の為に役立ちたい、微力だけど日本の医療の課題解決に尽力したいと強く思ったときに創業を決意しました。

  • 現在の事業

    医療に対するnice to haveを具現化して実行することを大事にしています。リウマチの薬は非常に高い中で、でも患者さんは若い女性の方が多く毎月何万円もの薬剤の持ち出しを余儀なくされ、なかには投与してもらいたくても出来ない患者さんもいます。少しでも安く良い薬を作って普通に投与できるような環境を作っていきたいです。

  • 今後の展望

    少しで医療の課題を解決したいと思います。そしてみなさんに医療の問題を知ってもらい、知ることによってみんなに協力していきたいです。知ることによって環境の予防であったり、きっかけになったと思っていただけるような状況にしていきたいです。若い方にこのような医療の問題を知ってもらい、共感してくれる若者がいるなら起業をしてほしいと思います。そして医療のnice to haveを実現する会社でありたいと思います。

  • 若者へのメッセージ

    出会いを大切にしてください。出会う人々があなたに色々な事を教えてくれます。なのでそういう人たちを大事にしていけばそのうち自分のやるべきことが見つかっていきます。是非一緒に頑張っていきましょう。

会社概要

企業名 日本バイオテクノファーマ株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町2-6-13
業種 製造
設立 2016年
資本金 1億円(2020年10月 現在)
従業員 18人
事業内容 バイオ医薬品の開発・製造販売を中心に、ワクチン・グロブリン製剤輸入販売・医療機器・検査キット・体外診断薬開発販売
URL https://www.japanbiotechnopharma.com/

関連動画