KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

ティ・ディ・パワーシステムズ・リミテッド 日本事務所
森 裕樹

良質なエネルギーを、
国境を超えて。

世界を股にかけて奔走してきた賢者。しかし、社長就任と同時に大きな壁が立ちはだかる。窮地から這い上がるために大切にしてきた賢者の揺るぎない信念とは。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 森 裕樹
会社名 ティ・ディ・パワーシステムズ・リミテッド 日本事務所
出身地 熊本県
出生年 1978年
こだわり 人との繋がりを大事に
趣味 バーベキュー、料理、スポーツ観戦
特技 早起き(歳のせいかも)
休日の過ごし方 2歳の息子の世話
座右の銘 Everything starts with dream.
好きな食べ物 肉全般
尊敬できる人 夢を持って色々なことに取り組む人

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    小学生の頃、親の勧めで始めたバスケットにハマり、学生時代の殆どの時間を費やしました。特に高校時代は熊本県内の強豪校でプレーしていましたので、レギュラーになることは出来ませんでしたが、肉体的/精神的にも鍛えられたと思っています。その当時の仲間たちも現在色々な分野で活躍しており、日々刺激を受けています。

  • 社会人時代

    あまり大きな声では言えないですが、色々な失敗をやらかしました。上司、先輩、同僚に多大なる迷惑をかけてしまうような、出来の悪い社員だったかもしれません。ですが、この1つ1つの失敗が糧になり、それを繰り返さないよう行動し続けていることが今の自分の礎になっていると強く感じています。

  • 就任のきっかけとその当時

    転職活動を行っていた時にエージェントの方に紹介されました。インド製品を日本市場に売り込むのは過去の経験からも非常に骨が折れる、大変な仕事だと理解していましたが、逆にそれを達成できた時の幸福感を味わいたくて入社を決意しました。

  • 現在の事業

    仕事でも私生活でも、結局は「人との繋がり」が一番大切なんだと日々痛感しています。対顧客、対社内に対しても、下手に取り繕おうとせずに本音でぶつかっていけばそれなりの反応や結果が返ってきます。最近、コロナ禍の影響でオンラインでの商談や会議を行うことが増えてきましたが、どうしてもオンラインだと上辺だけの付き合いになってしまい、その繋がりが薄れていくことを懸念しています。

  • 今後の展望

    弊社の発電機は日本国内のごみ焼却発電、バイオマス発電、地熱発電、水力発電のプラントに導入されています。ここ数年日本国内向けの実績も伸びてきましたが、もっとシェアを拡大し、日本の発電機メーカーに対しても引けを取らない会社へと伸ばしていきたいです。

  • 若者へのメッセージ

    大なり小なり、まずは夢を持って仕事に取り組んでほしいです。夢を持つことで仕事に対するモチベーションも変わってきます。日々与えられた業務を淡々とこなすだけでは面白くもなんともない。上司や先輩に迷惑をかけてもいいので、まずは考えたことを思いっきり全力で取り組んでほしいです。

会社概要

企業名 ティ・ディ・パワーシステムズ・リミテッド 日本事務所
所在地 東京都品川区北品川3-3-3
東和ビル4F
業種 製造
設立 1999年
資本金 5億7千3百万円(インド本社2022年6月現在)
従業員 7名(日本事務所2022年6月現在)
事業内容 インド製電力プラント向け発電機の製造、販売
URL http://www.tdps.co.jp/
{

関連動画