手島精管株式会社
手島 由紀子

やるべき事をやる

群馬県館林市に本社を置く手島精管。精密な技術で作り上げられるステンレスパイプは、国内トップシェアを誇る。しかし、ここまでの道のりは非常に長く厳しいものであった。賢者は一体、どのようにして苦難を乗り越えてきたのか。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 手島 由紀子
会社名 手島精管株式会社
出身地 群馬県
出生年 1972年
趣味 ヨガ、料理、ピアノ
特技 ロジカルシンキング
休日の過ごし方 ヨガ、クッキング
座右の銘 チャレンジなくして成長なし。人生、勉強
好きな食べ物 旬の食べ物

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代について

    5人姉妹の長女として生まれ、家族は工場を営み、注射針を扱っているんだなということは幼い頃から聞かされていましたが、当時は何をしているのか全くわからなかったです。その中で親戚からは後継どうするんだという声が上がり、長女の私は後継だねと言われ、当時は嫌という思いが強かったことを覚えています。

  • 社会人時代について

    私にとって人生の転機は、23歳の渡米と、36歳のMBAに行ったことです。短大を卒業後、商社に勤め、会社はスタッフ全員が外国人でありましたが、当時から英語は得意であったので、難なくと話せるつもりでいました。ですが、全く英語が通じなく、いきなり壁にぶつかりました。当時の社長に相談をしたところ、もう一度大学に行ってみないかと仰っていただけて、社長としてはナイトスクールのつもりだったようなのですが、私は会社を退社し、1年だけと家族に約束をして23歳で渡米をしました。しかし、そこでカルチャーショックの日々が続き、猛勉強をしました。1年がたち帰国する日が近づいた時に、帰国すれば父の会社を継ぐことは目に見えていたので、このままでは何もできないと思い、経営を学びに編入し大学を卒業後帰国をし、現在の会社に入社をしました。入社後は母親の手伝いを任され経理関係の仕事をしておりました。そこで、アナログ式なことに驚き、交渉の末PCを導入して頂きました。当時、経営者である父と交渉をしながら少しずつではりますが、新しいものを導入したり、組織制度を見直したりするなど、会社全体を改革していき、この時から「やるべきことをやる」ということ考えがより行動に現れたと感じております。

  • 社長就任のきっかけとその当時

    2度目の帰国後、当時は、社長になるんだというよりかは、あれもこれもやることがたくさんあるという思いでいっぱいでした。2014年に社長就任しましたが、当時は父も会長として在籍していたため、渡米前と業務はさほど変わりませんでした。ただ、家族とはいえ人間ですので、私と父は考え方が全くの正反対でした。やはり人は変化を恐れる生き物ですので、多くの社員に欠員が出ました。「2016年問題」と個人的には言っているのですが、その頃は日中に明かりがついておらず、機会が稼働していないという本当に恐ろしい時を経験しました。幸いなことに、残って頂けた社員の方も多くいましたので、その方々の頑張りがやってくることができました。

  • 現在の事業において

    弊社は医療用のステレンスチューブと加工品を製造しています。現在では、世界人口増加に伴う各国への輸出を拡大し、おかげさまにて、ベースビジネスである医療用ステンレスチューブ製造においては、世界トップクラスの生産量を誇る企業として成長致しております。主力製品としては注射針になりますが、現在の注射針は、使い捨てになることが多く、ディスポーザブルになっています。やはり需要が増えると、量産体制になってくるので、海外製品を含め価格競争が激しくなります。その中でも弊社はそこを転機と捉え、価格だけでなく、「技術開発」の部分に力を入れており現在では、そのスピードは加速しております。

  • 今後の目標

    海外展示会に出展することが増えてきましたので、海外のお客様をより多く増やしていきたいと考えております。また、新人教育にもより一層力を入れ、強固の組織にし、手島精菅をPRしたいですし、製品や技術をよりグローバルにアピールしたいと考えております。グローバル化が加速する時代になってきていますし、”人”とはボーダレスに関係を構築するべきであると思いますですので、Out Of Boxの精神を磨きながらも、常にfirst moverであり続け、行動をしていきます。

  • 若者へのメッセージ

    人間の行動は”やれること、やるべきこと、やりたいこと”に分かれていて、やりたいことは、やるべきことをこなして、やれることにしていかないとなりません。そうでなければ、やりたいことはできないと思っています。日本の皆さんには、もっといろんなことにチャレンジをしてほしいと感じ始めています。やりたいことを見つけて、その目的というのを明確に探すということをしてほしいです。それで自分の力を大いに発揮して、日本を盛り立ててほしいと思います。そして、日本人であること、日本で暮らしていることを誇りに思ってください。日本は幸せな国であります。

会社概要

企業名 手島精管株式会社
所在地 群馬県館林市下早川田町306-1
業種 製造
設立 1972年
資本金 2000万
従業員 50名
事業内容 医療注射針用ステンレスチューブの設計・製造・販売
URL http://www.teshima.co.jp/

関連動画

上海新帆集装箱配件有限公司 翁 立豊

上海新帆集装箱配件有限公司

翁 立豊

SKF トム ジョンストン

SKF

トム ジョンストン

ライトハウスフィルムサービス ソンブーン ピリヤパッディークン

ライトハウスフィルムサービス

ソンブーン ピリヤパッディークン

ボニーインターナショナル バンディ ニンティラサクン

ボニーインターナショナル

バンディ ニンティラサクン

株式会社クリーク・アンド・リバー社 井川 幸広

株式会社クリーク・アンド・リバー社

井川 幸広