株式会社ウィルモ
時田 秀幸

1を10にする技術

イノベーション、技術革新というのは常にある方向に向かっている。ある方向とは「より便利に」という場所だ。ITは劇的に様々な物事を「より便利」へと変えていった。一つの仕事が1の効率では意味が無い。2にも3にも、10にも変えていく。効率が上がることで生まれるのは「時間」だ。面白いことに、賢者はサラリーマン時代に人一倍働いた。誰よりも働くことで、力を蓄えた。そうしたパワーが、高い技術力、つまりは効率性の高いサービスの提供に結びついているのだ。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 時田 秀幸
会社名 株式会社ウィルモ
出身地 兵庫県
出生年 1967年
こだわり その他大勢の内の一人にならない事
趣味 人材育成
特技 努力の仕方
休日の過ごし方 家族サービス
座右の銘 目標は達成するもの
尊敬できる人 高橋是清

賢者ヒストリー

  • 幼少~学生時代

    小学一年生の時に両親を失って親戚の家で育ちました。自分の中ではやはり劣等感が有り心も少し荒んでいたと思います。ですが本気で物事を行った場合はスポーツも含めて何でも出来たと思います。高校進学の時も高校自体行かせて貰えるのか疑問で勉強していても何の目標も無かったと思います。高校卒業間際で友達3人が高級車で遊びに来た際、人は平等ではなく生まれながらにして不平等だと悟り、何歳になるか分からないが、友達に追いつく事を目標にした覚えがあります。

  • 社会人時代

    学生時代に色々なアルバイトをして経験した結果、コンピュータが苦手だと気付いていたのでコンピュータ技術者の道を選びました。理由としては苦手なので頑張った結果が分かりやすい。今後伸びる職種。手に職を付ける事が出来ると考えたからです。今では問題になるでしょうが、当時は時間外200hぐらいは平気で仕事をしていたと思います。ですが自分では一度も嫌だと思った事がなく芸人と同じで下積みみたいに考えていたと記憶しております。

  • 起業のきっかけとその当時

    学生時代に友人が親に買ってもらった外車を見た時、初めて『人間は産まれながら不平等なんだ』と感じました。人生が終わるまでに自分の力で友人たちに追いつく事ができるかを挑戦しようと思いました。そして21歳の時にIT業界に飛び込み、独学で必死に勉強を重ね起業致しました。起業のタイミングとしては40代では遅すぎると思い39歳で起業する決意を致しました。当初は取引先、人脈、資金、社歴、ブランドと何も無かったので、営業でのアポイントを取るのでさえ苦労しました。有るのは私の提案力と誠意のみでした。ですから一日何件も訪問して足の裏が豆だらけでビッコをひいて歩くほどでした。只そんな状況であっても目先の小さな案件に飛びつく事なく将来性を見込んだ大きな案件を狙い続けました。自分自身の強い拘りでそれは今でも変わっていません。

  • 現在の事業において

    何の技術も持たない者が教育により、専門技術を身に付け自信を持って社会で生きていけるようになっていく姿は物凄く魅力に感じています。何も無い中で全て自分で正しい選択を行わなければいけない苦労はありますけどね。

  • 今後の目標

    今後は社員に只しんどいだけの苦労ではなく身になる苦労をして欲しいと思っています。意味のある苦労にしてあげる事が会社、上司の役目だと考えています。今後も優秀な人材を育てていき、更に規模を拡大し、社員の待遇も良くしたいと考えています。今より一層社員一同が自信を持って友人や家族に話せる会社にしていきます。

  • 若者へのメッセージ

    資本主義の国では何の職でも自分で選ぶ事が出来ます。自分で選ぶかぎりは、目標を持って、自分はここまでしか出来ないと線を引かず、自分には無限の可能性が有ると信じ頑張ってみてはいかがでしょうか。きっと良い未来が開けてくる事と思います。

会社概要

企業名 株式会社ウィルモ
所在地 大阪府大阪市淀川区西宮原1-8-29
テラサキ第2ビル 10F
業種 情報通信 - ソフトウェア
設立 2006年
資本金 3,000万円
従業員 75名
事業内容 トータルソリューション
URL http://www.willmo.co.jp

関連動画

株式会社イエローハット 堀江 康生

株式会社イエローハット

堀江 康生

株式会社ネクスト 井上 高志

株式会社ネクスト

井上 高志

リンナイ株式会社 内藤 弘康

リンナイ株式会社

内藤 弘康

カムパイサナグループ カムパイ ソムサナ

カムパイサナグループ

カムパイ ソムサナ

ジェレシムコグループ ヴーヴァン ティエン

ジェレシムコグループ

ヴーヴァン ティエン