センシン電気株式会社
金澤 健一

先代の言葉を胸に

見た目はとても小さな町工場だが、私たちの生活に必要な大きな施設を守り、影で支える企業。 縁の下の力持ちである賢者が、先代の言葉を胸に目指す未来とは?

SHARE

賢者プロフィール

氏名 金澤 健一
会社名 センシン電気株式会社
出身地 青森県
出生年 1974年
こだわり 目的は徹底的に手段は柔軟に
特技 ジョギング
休日の過ごし方 寝る
座右の銘 行動しなければ始まらない
好きな食べ物 麺類
尊敬できる人 先代社長

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    青森県七戸町で生まれ育ちました。モノづくりが好きだったことから、地元の青森県立十和田工業高等学校に進学しました。電気科に所属していました。電気は将来的にもなくてはならないものですので、やるならば「電気だな」と思っていました。資格を取得して、一端の職人になって生きていこうと高校生の時に決めました。将来の目標も決まり、迎えた就職説明会。ここで人生のターニングポイントとなる先代の小川社長との出会いがありました。小川社長はずっと喋っていて、自分の自慢話を話しておられることが多かったです。他の人が聞いたらなんだ自慢話かとなるかもしれませんが、私は全然そんなことなくて、こういったことをやってこられた方なんだとスーッと受け入れられたんですね。そういうのでフィーリングが合いました。仕事内容が決め手というわけではないです。

  • 社会人時代

    センシン電気に入社しました。入社してからは地道な下積み時代が続きました。電気から電気工事だけであればまだ楽でしょうが、電気通信も絡んできますし、一般人では中々立ち入ることの出来ないようないろいろな現場に行かせて頂きました。普通は5年、10年で一端の職人になれるところを、10年経っても一端の職人になれず、辞めようと思った事は何度もあります。ただ、私の中で社長の存在があり、気づいたら社長が私の側にいてくれ、いろいろとフォローをしてくれました。やはり社長の存在が大きく、中々辞めるにまでは至りませんでした。特に先代社長からは、人と会う時はとにかくまずは信頼関係だという事を口酸っぱく言われました。人の懐に入っていくことからが仕事のスタートなんだと教えられました。古き良き時代ですので、飲んで腹を割って話すことからが仕事だと。信頼関係が無いと仕事は続きません。先代の教えは今でも大切にしております。

  • 就任のきっかけとその当時

    先代の想いは会社全体にも伝わり、益々会社は活気付いた。しかし、2020年3月。先代社長が肺がんにより他界してしまいました。役員会議を開く中で、社員からの推薦もあり、私が2代目社長として舵を切ることとなりました。しかし、その直後に日本でも新型コロナが蔓延。コロナ前から経営の危機に陥っていましたが、さらに危機的状況へと追い込まれました。工事もほとんどストップをしてしまい、火の車でした。さらに当然ですが、社長に就任した際に、私が負債を背負うこととなりました。お金も入ってこないし、社長はもういないし、就任したばかりで何をすれば良いのかもわかりませんでした。ただ、「とにかく会社を潰してはダメだ」という想いだけは頭にありました。とにかく必死でした。先代からの教えを胸に何とか会社を立ち直していきました。どうすれば資金調達出来るだろうか考え、各所に駆け寄って頭を下げるという日々でした。弊社は幸いにも歴史も長く実績がありましたので、会社の実績を評価されて何とか資金調達もすることが出来ました。先代の社長と付き合ってこられた方との信頼関係が厚かったんだなと感じました。ただ、そこから私の信頼も上乗せしていかないとお金は貸してもらえないので、必死に出来ることを模索し続けました。

  • 現在の事業

    特殊な仕事でして、マニュアルを見ただけでは中々出来ないような仕事ではあります。一般住宅ではなく役所や空港など大きな施設の電気設備を守っています。主な事業内容は、電気工事、通信機器の調査や点検です。電気工事は町の小さな電気屋さんでも出来ますが、電気通信を手掛ける会社はそれほど多くありません。一般人が入れないような空港の管制塔なども仕事を通じて入ることが出来ます。マニュアルを見ただけで出来る仕事では無いので、とにかく経験が重要な仕事だと思います。

  • 今後の展望

    徐々に発注も増え、業績は回復していきました。新たな社風も取り入れていこうと、女性社員や外国人採用にも積極的に舵を切りました。人は財産ですので、いろいろな考え方や価値観を持った人を採用していこうと考えております。採用することは確かに苦しいですけれど、今のマンネリ化した雰囲気を打ち破りたい気持ちがあります。職人は今まで築き上げてきたものがあるので、良い部分も沢山あります。ただ職人の悪い所は、今まで築き上げてきたものを柔軟に変化させることが出来ないことです。自分たちが今までやってきたことが1番というプライドがあるからです。もちろん良い側面もありますが、自ら変化を起こさない限りは、これからの時代に対応できないと思います。コロナも誰も予想できなかったはずです。幅広い人材を取り入れ、新しい会社を築き上げていきたいと思います。

  • 若者へのメッセージ

    社会に出ていく上では、人と人の関わりが非常に重要だと思っております。これから社会に出ていく皆さんは、人との信頼関係をこの先もずっと大切にしていってください。積極的にチャレンジをし続け、時代の変化に対応していけるように、一緒に頑張っていきましょう。

会社概要

企業名 センシン電気株式会社
所在地 東京都大田区東糀谷1-16-3
業種 建設
情報通信 - 通信
その他
設立 1980年
資本金 4,825万円(2021年4月現在)
従業員 8名(2021年4月現在)
事業内容 電気工事、電気通信工事、計測器校正
URL https://senshin-e.co.jp/

関連動画