KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社リアルインベント
村岡 佑紀

成功の鍵は30%の笑いとメリハリ

社員の意思と共に働く仲間の人間性が最も重要という賢者。 地方活性化と日本全国地元化計画を展望に、未来の創造貢献と真の実現を追求し続ける企業を目指す。 その理念はどこから生まれてきたのだろうか?

SHARE

賢者プロフィール

氏名 村岡 佑紀
会社名 株式会社リアルインベント
出身地 青森県
出生年 1984年
こだわり 他人に迷惑をかけない
趣味 ポーカー、映画鑑賞
特技 人間観察
休日の過ごし方 買い物、家でゆっくり
座右の銘 理想を持ち、信念に生きよ
好きな食べ物 チョコ、つまみ全般、ラーメン
尊敬できる人 両親、兄弟

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    ごく一般的な家庭で育ち、不良だったわけでも優秀だったわけでもなく、勉強が嫌いで出来の悪い方の学生時代でした。中学時代からやっていたバンド活動が生き甲斐でした。高校が工業系だったこともあり、手が油まみれになる仕事は嫌だという理由で、情報系の専門学校に入学したことをきっかけにIT業界に就職しました。

  • 社会人時代

    会社に起業斡旋制度があったことから「社長になる!」が入社当時の目標でした。それにも関わらず、仕事に対し、真面目だったわけでもなく、誠実だったわけでもなく、起業までのプランがあったわけでもなく、ただ何となく働いていました。当時の出向先の上司(恩師)であるU氏から言われた、「仕事が嫌いなのはわかる、お前は基本的に不真面目なんだから効率よくやれ!」という言葉に感銘を受け、そこから常に効率の良さを意識して仕事をしていました。上記を活かし、某大手キャリアのプロジェクトにて業務改善要員として参画しました。当時めちゃくちゃだった体制・報告ルート・各チームからの業務依頼、全てを自分に集約することで、メンバー全員の工数削減に繋がり、チーム全体の大幅な稼働時間削減を実現しました。

  • 起業のきっかけ

    主に、某大手キャリアのプロジェクトで、一緒に働いた仲間が、私が当時考えていた、「効率良く風通しの良い会社にしたい」「自由で楽しい会社にしたい」という意見に賛同してくれたことと、起業という目標を後押ししてくれました。設立準備など、様々なことに協力してくれたことがきっかけとなり、起業することを決意しました。その当時注力していたことは、同じ志を持った創業メンバー集めです。

  • 現在の事業

    最も大切にしていることは、「社員の意思」と「一緒に働く仲間の人間性」です。わがままを聞くのではなく、理念と信念を尊重したいです。やりたくない仕事をダラダラと続け無駄な人生にするより、自分の夢や目標に近づいている実感をしっかり持てる環境にすることで、「この会社に入って良かった」と思ってもらえるようにしていきたいです。

  • 今後の展望

    大きな目標として、地方活性化を通して「日本全国地元化計画」を目指しております。社員の地元全てに支社を作りたいということが、今の僕の夢です。首都圏だけでなく、地方でも同じ志を持つ仲間と出会い、地方課題解決に向け、一緒に取り組んでいきたいと思っております。

  • 若者へのメッセージ

    色々新しい働き方や職業が世の中に出てきているが、その中から自分で選び自分で決めたことに対しては、そこに夢や目標がなかったとしても、とりあえず一生懸命やることです。その中で色々な可能性が出てくるはずです。偉くなることや起業すること、転職することだって可能性の一つです。決して人生を諦める選択はしないでほしい!「死ぬ気になれば何でもできる!」楽しいことだけが人生ではないと思うし、辛いことも多くあると思いますが、辛いことを乗り越えた先に必ず楽しいことがあると私は思っています。

会社概要

企業名 株式会社リアルインベント
所在地 東京都荒川区西日暮里5-14-10
サンライズビル3階
業種 情報通信 - 情報処理・提供サービス
設立 2014年
資本金 1,000万円(2021年11月現在)
従業員 23名(2021年11月現在)
事業内容 ITインテグレーションサービス、受託開発支援サービス、業務改善支援サービス(DX推進等)
URL https://realinvent.co.jp/
{

関連動画