株式会社フィールドフォース
吉村 尚記

少年野球の
未来のために

少年野球の悲しい現状を目のあたりにしてきた賢者は 少年野球に携わる人のために独創的なトーレーニング用品を開発し さらに練習場所がない子供たちのために気軽に使える室内練習場を作ったりと 賢者は少年野球の楽しさを多くの人に知ってもらうために 今日も走り続ける。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 吉村 尚記
会社名 株式会社フィールドフォース
出身地 東京都
出生年 1975年
こだわり 日本の文化・国技である野球を通じて、明るい社会を築く
趣味 仕事
特技 何事もまずやってみること。
休日の過ごし方 学童野球の指導者
座右の銘 巧遅拙速に如かず
好きな食べ物 日本食
尊敬できる人 母親

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    東京下町の浅草生まれです。浅草という土地柄、三社祭りや隅田川花火大会、酉の市や羽子板市と、年間を通じて多くのイベントがあり、小さい頃から沢山の人に囲まれて育ちました。兄の影響で小学校3年生から野球をはじめ、高校を卒業するまで野球一筋。野球というスポーツを通じ、協調性・思いやりの心・気遣いの心・忍耐力を学びました。

  • 社会人時代

    大学では中国語を専攻し、中国の大学へ留学しました。過程修了後、大好きなことを仕事にしたいという思いで、スポーツメーカへ就職しました。その後、特技の中国語を駆使し、日本と中国の生産工場の橋渡し的な役割を担い、企画から開発業務、ものづくりの基礎を学びました。

  • 起業のきっかけ

    OEM供給がメインの業態であったため、思いを込めて企画・生産した商品が最終的には相手先のブランドへ。ここに達成感と充実感を感じられず、自分のブランドを作りたいと 起業を決意しました。巧遅拙速に如かずの精神のもと、フィールドフォースを起業しました。フィールドフォースの経営理念は、「プレーヤーの真の力になる」、フィールドで活躍するすべての人の力になることが、フィールドフォースに課された最大の使命です。

  • 現在の事業

    近年野球界を底辺で支えてくれている学童・少年野球を取り巻く練習環境は年々悪化しております。公園・広場では野球禁止。チームの練習は週末の二日間だけ。平日練習がしたくても、練習が出来ない。そんな悩みや問題を抱えています。その問題を解決することが、我々に課された使命です。

  • 今後の展望

    野球界の底辺である学童・少年野球を取り巻く問題は山積。その問題を解決するための商品開発に、今以上のエネルギーを注ぎこみます。また場所を気にせず気軽にボールを投げたり打ったり出来る室内練習場「ボールパーク」の建設も同時に進めていきます。

  • 若者へのメッセージ

    人生は選択の繰り返しです。今、目の前にあるのは自分が選択してきた結果です。自分で考えてきた脚本は、いくらでも書き直しができます。でも、そこに行動力がなければ、人生は変わりません。言い換えれば、行動力さえあれば、自分の人生はいくらでも変えることができるのです。是非、自分の可能性を信じ、行動力を持って突き進んでください。

会社概要

企業名 株式会社フィールドフォース
所在地 東京都足立区東伊興1-6−10
業種 製造
卸売・小売
教育・学習支援業 - その他
設立 2006年
資本金 6,000万円
従業員 40名
事業内容 野球用品を中心としたスポーツ用品の企画開発、製造販売、アフターサービス、野球に特化した室内練習場(ボールパーク)の運営、野球スクール、学習塾
URL https://www.fieldforce-ec.jp/

関連動画