KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

タイシンインダストリアル株式会社ソパースヤナン

女性は誰でも美しくなりたい

タイシンインダストリアル株式会社 ソパースヤナン
この映像・情報は 2010年2月 当時のものです

内容

女性にとって母親は最初の美なのかもしれない。最初の憧れ、最初のライバル、などなど。見た目の美しさだけではなく、生き方の美しさだって当てはまる。賢者の原点にも母という目標があったという。近年、家庭だけでなく社会での女性の存在も確立されてきたが、懸命であることは美しい。

関連タグ
女性 1950年代生まれ 海外の会社 海外 クール

タイシンインダストリアル株式会社

日本でメイクや化粧品について学び、それを生かしたスキンケア商品を展開するタイシンインダストリアル。タイ女性をより美しくしたいと語る賢者の美に対するこだわりとは?

氏名 ソパー スヤナン
会社名 タイシンインダストリアル株式会社
出身地 タイ
出生年 1955年
趣味 ゴルフ、ヨガ
休日の過ごし方 ゴルフ、お寺参り
尊敬できる人 Dr.Suvit Praisankul and Mrs.Udomsri Praisankul (Taisin founder)
日本を背負う若者へのメッセージ 今タイは政治が不安定ですがすぐに良くなると思います。もしタイで起業や投資をしてみたいと思ったら、まずは観光でこの国を訪れてみてください。そうしてから考えてみても良いと思います。もし小さな問題があったとしてもそれは大した事ではないと思います。
幼少~学生時代 両親ともにそれぞれ結婚前から中国、台湾からタイに移住してきました。父は台湾から交換留学生としてタイに来たた後、タイにある日本の会社に7、8年勤めました。 その後自分で会社を設立し、日本の製品の輸入関係の仕事をしていました。私は4人の兄弟の末娘です。兄弟は皆バンコク生まれです。私はチュラロンコン大学の文学部を卒業しました。父も母も実業家でしたので自分も実業家になりたいとずっと思っていました。
社会人時代 両親はよく会議や海外に出張に行く際、末娘の私はいつも一緒に連れて行っていました。そのころから事業に対し意識をしていました。 特に母は主に化粧品や美を扱う関係の事業をしておりましたので、私は幼いころから大きくなったらその事業を引き継ぐものだと思っておりました。私自身も美容に関することは好きでしたので。
社長就任のきっかけ 大学での主専攻は英語、副専攻は日本語でした。日本へ10か月間語学留学し、帰国後事業を手伝い始めました。入社当初は何の役職もありませんでした。娘だったこともあるのでしょうが、母は私をカネボウの担当にしました。そのときはまだ責任者がいたのですが、その6か月後前任者が定年退職してしまいました。そのため私はカネボウ事業責任者へ繰り上がり、ミーティングや市場販売、すべてを担当する全権を委ねられ、そのまま副社長になりました。
就任当初 就就任当初のビジネスモデルはまさに両親でした。卒業後すぐに両親の事業を手伝い、ほかのところで仕事をした事がありませんでしたので、母を目標としていました。また、父はとても勤勉です。父は経営に携わり、母は化粧品、経理関係を担当しておりました。就任して経営で苦労している点は、最近の若者は組織に対する愛情が薄いことでしょうか。前の世代の人は所属する組織や会社に対して献身的でしたが、最近の若者はあまりチームでの仕事を好みません。各部署で問題が起きた場合は素早く私が入って話をして問題を早く解決します。部署によっては数字が下がった場合はなぜ下がったのか従業員を呼んで話しを聞き問題を解決します。放っておくのは会社のためによくありません。前の世代の人は所属する組織や会社に対して献身的でしたが、最近の若者はあまりチームで仕事をしません。各部署で問題が起きた場合は素早く自分が入って話をして問題を解決します。部署によっては数字が下がった場合はなぜ下がったのか従業員を呼んで話を聞き問題を解決します。放っておくのは会社のためによくありません。
今後の目標 今は国内ビジネスを充実させて会社の礎をしっかり築き、将来的には日本はもちろんアジア圏にビジネスを広げていき国際的な会社にしたいです。
企業名 タイシンインダストリアル株式会社
所在地 1521 Sukhumvit Rd.,Prakanong-nua,Wattana,Bkk,10110
Bangkapi, Houy-Kwang Bangkok, Thailand 10310
業種 卸売・小売
サービス - 洗濯・理容・美容・浴場
設立 1951年
資本金 180億バーツ
従業員 300名
事業内容 総輸入代理店、化粧品販売、スパ経営、和食レストラン経営
URL http://www.ichitangroup.com