株式会社サンフェル
深澤 朝房

日本一の
不動産ソムリエ

銀座に本社を構えるサンフェル 。不動産の紹介・売買を取り扱う同社にはある特徴がある。 多くの人が新たに家を購入する際、気にするのは一体なんだろうか? 駅から家が近い・日当たりが良い・・・。サンフェル にとってそんなのは当たり前のこと。それだけでない必要なポイントに導いてくれるのが賢者だ。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 深澤 朝房
会社名 株式会社サンフェル
出身地 山梨県
出生年 1959年
こだわり 無遅刻、無欠勤
趣味 お寺廻り
休日の過ごし方 競馬場
座右の銘 人事を尽くして天命を待つ
好きな食べ物 ステーキ
尊敬できる人 心のきれいな人、鳥羽博道

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代について

    山梨県で生まれ山梨県育ちです。幼少期時代はリーダー的な存在であり、子供の頃からお菓子なども自分で仲間の分もまとめて買うような性格で、まとめ役であり、遊びのルールなども自分が決めてしまうような幼少期でした。

  • 社会人時代について

    たまたま友人の不動産会社の面接に一緒について行った際に、なぜか自分も面接を受けることになり、その不動産会社の社長から、是非働いて欲しいとスカウトされ不動産業界に飛び込ました。そこでそこの社長がたまたま山梨県の母校の先輩というご縁もあり導かれような形で不動産の扉を開きます。入社して2か月でトップ営業マンとなり、最初の1か月間で当時のトップ営業マンの先輩に教え て頂き、不動産営業のノウハウを学び起業に至りました。

  • 起業のきっかけ

    24才頃に結婚するということがあり、当時の社長に仲人をお願いしていました。ただその際に勤めていた会社の社長が喋るのが苦手ということで仲人を受け入れてくれなかったので、そこから独立に走ったのがきっかけです。また弊社サンフェルを立ち上げたのが、世界的なニーズが変化していく中で、アメリカやヨーロッパなどで信託の権利が大きく変わり、その信託を売買する関係で銀座近辺のデパートなどのフロアを自由に組み立てができるようになり、不動産が金融商品になります。そんな時代が今から15年程前にあり、信託受益権という世界的な不動産の免許をとることとなり、海外からのニーズが多い為、世界的な都市の銀座にサンフェル社を設立致しました。

  • 現在の事業において

    私は不動産ソムリエとしてお客様と向き合います。物件を選ぶ際に、駅から何分で、広さが何平米等の情報はお客様でもわかると思うんですね。ただ私は、この物件の運気をお話できるので本当の家選びを一緒に行っています。私から家を購入し、大成功された方も多くいます。その際に感動され盛大にお礼をされるときもありますが、お客様の親身になり細部にこだわることを意識することで、お金ではなく、お客様のニーズにあわせて喜んで頂くことがなによりもうれしいです。住まいというのは人間にとって不可欠な物です。なので一軒一軒、社会貢献していくとう気持ちで創業から今現在もこの会社を運営しております。

  • 今後の目標

    グローバルに活躍していく事です。日本は世界一治安が良い国でありながら、意外と皆さん知らないのですが、利回りがすごく良いです。ニューヨーク、ロンドン、香港という世界的な首都は利回りがすごい高い。つまり利回りが低いんですよ。日本は時間や約束といった当期も正確です。なので今後は日本に不動産を求めて海外の投資家や民間企業などが日本の不動産を売買するという事が増えてきます。今後は日本だけででなく世界に目を向けて人を幸せにするための修行と想い、絶対的な信用力を高めて、もっともっとお客様に喜んで頂けるように孫の代までお世話させて頂くことを目標にしています。

  • 日本を背負う若者へのメッセージ

    これから家を選ぶに大事なことは、運を引き込む家です。運のいい家。お金がいっぱい入ってくる家。この運の良い家を取得して大いに飛躍して下さい。

会社概要

企業名 株式会社サンフェル
所在地 東京都中央区銀座8-8-8
銀座スリーエイトビル12F
業種 不動産 - 不動産取引
設立 2005年
資本金 1億円(2018年11月 現在)
事業内容 不動産売買・仲介事業・管理事業/不動産の再生・再構築事業/不動産特定共同事業
URL http://www.sanfel.com

関連動画

マネックスグループ株式会社 松本 大

マネックスグループ株式会社

松本 大

株式会社エース・ハードウェア パウルス オン

株式会社エース・ハードウェア

パウルス オン

セーラー万年筆株式会社 中島 義雄

セーラー万年筆株式会社

中島 義雄

マイリングループ ホー ヒー

マイリングループ

ホー ヒー

イー・アクセス株式会社 千本 倖生

イー・アクセス株式会社

千本 倖生