みなとアセットマネジメント株式会社
向井 啓和

日本が抱える
社会課題の解決へ

日本が抱える社会課題に、不動産のスペシャリストとして向き合う賢者。 しかしそのキャリアは必ずしも順風満帆ではなかった。 いつ如何なる時も揺るがない、 賢者の信念に迫る。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 向井 啓和
会社名 みなとアセットマネジメント株式会社
出身地 東京都
出生年 1969年
こだわり ファンダメンタルズを観る。歴史的な流れを考える。
趣味 テニス、登山、釣り、スポーツ全般、海外旅行
特技 一応英語が話せる
休日の過ごし方 テニス等のスポーツをしたり、BBQをしたりする
座右の銘 人間万事塞翁が馬
好きな食べ物 焼き魚
尊敬できる人 亡き父母

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    幼少期は病弱でひ弱だったと思います。その為、強い人にあこがれがありました。男らしいというか武道とか格闘技を習いたいと思ってました。実際少しはやりましたが、打たない「型の練習」だけの武道には魅力をあまり感じませんでしたね。勉強はある程度しましたが、周りがあまり勉強しない環境だったためちょっとやるとかなり良い相対評価が得られました。ただ、それってもっと競争の激しい環境に行くともっと出来る人がいて、挫折もありました。大学受験は現役時代に失敗して一浪して何とか早稲田大学に引っ掛かったという感じです。高校時代、大学時代はラグビーに没頭しておりました。強くなる為にどうしたら良いかばかり考えてました。それと組織と個に関しても考えさせられました。日本的な組織は苦手意識を持ちました。というのが大学の体育会が超日本的な組織でしたので、個の発展よりも組織の維持が優先されていて違和感を持っていました。ただ、のめり込むタイプだったかと思います。何でも、細部までこだわって追及するそんな精神は持っていたと思います。それと、人の意見や考えだけに左右される事には疑問を持ってました。反骨精神と言うか強かったかと思います。

  • 社会人時代

    社会人時代の新入社員の頃はコンプレックスの塊でした。外資系金融機関に入社し、同期は東大、早稲田でそれなりに勉強をしてきた人達でしたし、先輩も高学歴の方達ばかりでした。私も大学を出てはいましたが体育会で4年間過ごしていて周りとのギャップがかなりありました。ガッツはありましたがそれだけでは駄目で地味な事にも几帳面に取り組みました。日経新聞を毎日読むという事から、日経金融新聞、フィナンシャルタイムズ等様々な所から情報を入れてました。英語の勉強も色々と本を読んで、人と話をして、最終的にどうすれば良いか自分で答えを出しました。それは、英語によるコミュニケーションは卓球の様な物かなという事です。ボールは向こうから飛んで来て自分の前を通り過ぎる前にボールを打つ、取り敢えず打つ。ボールを見て見送るというか、あれこれ考える時間はないなという事です。英語(語学)はスポーツに近い形で覚えるというか体得するしかないなと思い、器官を鍛える様にしました。例えば、耳、例えば舌等…、戦略的に考えるのは社会人時代の前半に出来る様になったと思います。

  • 起業のきっかけとその当時

    外資系金融機関に勤務時に不動産投資を既にしておりましたが、不動産会社の営業にはあまり良い思い出がなかったのが一つのキッカケです。自分ならもっと違う考えの基に顧客に接するのにと思っていたらいつの間にかやりたくなったという感じです。

  • 現在の事業において

    まず、現在の事業において基本となる考えは「自分や自分達がこの売買取引を何故するのか」という事を考える事です。顧客にとって意味のない売買ではないか、買主に過度な負担が掛からないか、売主に不当に不利な条件ではないか等をチェックして取引に入ります。単純に言えば、自分の兄弟姉妹が買主だったらこれを売るだろうか?みたいな事です。よく、私も不動産業者から電話がかかって来てマンション買いませんかと言われましたが、何故勧めるの?と聞いても良く理由が分からず、最終的には「お父さんに買ってもらいたいものか?」みたいな質問をしますが、そうすると黙りこくってしまう人が大半です。それって、自分の親には売りたくない様な物を迷惑電話をかけて売り込む事ですよね…当社ではその様な売買はしないと心に決めて対応しております。場合によっては提案するのも辛い相続での不動産の案件もあります。ただ、それでもその人やその人の家族に取っては必要な場合もあります。

  • 今後の目標

    2030年には空家不動産が3戸に1戸と言われていますが、私達の営業エリアである首都圏でも同じ様な状況に突入して行くと思います。私達の営業エリアでは出来るだけ、空家不動産が発生しない様に不動産業者として出来る事をして行きたいと思っています。まずは、年間当社の力で100件空き家問題をクリア出来る様になりたいとまずは思っております。小さな数ではありますが、それがやがて大きな力として集結して日本の空家問題解決につながるのではと思っています。また、その空き家解消にあたって法務税務から始まって葬儀やお墓の問題まで関係してきますのでその辺りまで含めたワンストップの解決が出来る様な組織を作って行きたいと思っております。

  • 若者へのメッセージ

    チャンスは色々とありますので視野を広くアンテナは高く情報を得る様にしてください。また、最終的に一番良い情報は人に帰属するので様々な人とのリアルな交流にも力を注いでください。色々なビジネスチャンスが転がっていますのでどこに気づくのか、それによって方向を決めてスタートし、しばらく行ったらまた立ち止まったり、色々勉強して軌道修正して行ったら良いかと思います。あまりに考えすぎたり、既成概念にとらわれ過ぎるとチャンスを失います。海外旅行や読書は視野を広げたり将来を見据えるには良い方法と思います。

会社概要

企業名 みなとアセットマネジメント株式会社
所在地 東京都港区高輪3-24-21
業種 不動産 - 不動産取引
不動産 - 不動産賃貸・管理
設立 2005年
資本金 1000万(2017年5月)
従業員 8名(2017年7月現在)
事業内容 空家不動産や相続不動産のコンサルティング、管理、運営、売買仲介、等
URL http://www.fudosansouzoku.com/

関連動画

ネットワールドホテル カロリーナ ユツック マツダ

ネットワールドホテル

カロリーナ ユツック マツダ

メガメルト ベイクショップ アンへロ ホセ ロチャ ムラック

メガメルト ベイクショップ

アンへロ ホセ ロチャ ムラック

株式会社ラウンドワン 杉野 公彦

株式会社ラウンドワン

杉野 公彦

コールマンジャパン株式会社 リチャード ギルフォイル

コールマンジャパン株式会社

リチャード ギルフォイル

株式会社メトロ クリスティン バルキ

株式会社メトロ

クリスティン バルキ