KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

パカルティ・ヨガ・グループルキトワナンディ

発展途上のハングリー精神

パカルティ・ヨガ・グループ ルキトワナンディ
この映像・情報は 2010年11月 当時のものです

内容

発展途上国の現実を知ると、平和な日本に生まれて良かった思うことはあるかもしれない。それでも発展途上国だからこそ培われるハングリー精神はある。本気で国を変えたいと思える事は素晴らしい。もっと世界に目を向けて見ようと思った。

関連タグ
男性 1970年代生まれ 海外の会社 海外 エリート

パカルティ・ヨガ・グループ

ホテル経営や自動車部品生産、通信業務などをマルチに行うパカルティ・ヨガ・グループ。若くして事業を継承した賢者の素顔に迫る・・・!

氏名 ルキト ワナンディ
会社名 パカルティ・ヨガ・グループ
出身地 インドネシア
出生年 1971年
趣味 読書、映画鑑賞
尊敬できる人
座右の銘 「過ちを恐れない」
日本を背負う若者へのメッセージ チャンスはいつでも訪れます。ですからそれを手に入れる方法を知りましょう。そして人生は一度しかなく過ちから様々なことを学びます。ですから過ちを恐れてはいけません。私もいろいろな困難を経験しましたし、それを乗り越えていかなければならないのです。自分がやっていることに自信を持てば人々に尊敬されます。そのためにも、自分の能力を高める努力をして下さい。
幼少~学生時代 1971年生まれ、政治家で事業化だった父がいる家庭環境で育ちました。小さい頃から、父のビジネスパートナーと会う機会も多く、父の教育や教えの影響を受けながら幼少期を過ごしました。高校時代はアメリカへ行き、1992年にボストン大学を卒業しました。98年にシンガポールの大学でMBA取得のため勉強しました。そして父は、私に経験を積ませるために他人の会社で仕事をしてほしいと言いました。
社会人時代 これまでの父のビジネスを続けると同時に、私なりに新しいビジネスを探しました。インドネシアの先を考えたときに「このままではダメになる」という思いもありました。その頃、通信用のタワーやホテルといったビジネスが発達していました。インドネシアには豊富な自然があるので観光が一番の売りになります。他にも鉛・石油・天然ガスにも注目しました。インドネシアの石炭はオーストラリアの次に質がいいのです。こういったことをビジネスにし、何かできるのではないかと思い、会社を立ち上げました。
社長就任当初 2000年からはパカルティヨガとサンティニという2つの持株会社を経営しています。人的資源についてはもちろんのこと、生産的にはあまり問題ありませんが、中級経営レベルに問題があります。我々の人的資源はまだクリエイティブとはいえない状況なので、主導権はとれますが、解放はできません。無論、彼らにはそういった教育の場を多く与えなければなりません。
今後の目標  わが社は35周年を迎えました。ビジネスは長期間で考えるものです。インドネシアには事業主があまりいませんので、そういった方々に教育の場を多く与えなければならないと思っています。
企業名 パカルティ・ヨガ・グループ
所在地 Jl Tmn Kb Sirih II 7;JAKARTA 10250
業種 サービス - コンサルタント
飲食店・宿泊 - 宿泊業
その他
従業員 10,000名
事業内容 ホテル経営、自動車部品生産、通信業務などホールディング事業