株式会社ミート・コンパニオン
阿部 昌史

社員を愛し
社員に愛される会社

お肉屋さん。皆さんは「肉屋」にどんなイメージを持っていますか?東京都立川市に本社を置くミート・コンパニオンは1974年の創業以来、多くの人へ安心・安全なお肉を提供してきました。そんな中で、「肉屋のイメージを変えたい」、その一心で活動してきたのが賢者。お肉屋のイメージがちょっと変わるかもしれません

SHARE

賢者プロフィール

氏名 阿部 昌史
会社名 株式会社ミート・コンパニオン
出身地 東京都
出生年 1965年
こだわり 走りながら考える
趣味 ゴルフ・食べ歩き、音楽
特技 ギター、カラオケ
休日の過ごし方 ゴルフ
座右の銘 変化しないことは後退を意味する
好きな食べ物 やっぱり肉料理
尊敬できる人 実母

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    幼少期は何となく父の仕事に関わるのだろうなあと思って過ごしていました。特に後を継ぐなど父に一切言われておらず、当時は音楽活動に精を出していました。バブルの時代ということもあり、就職活動で苦労するようなことは想像せず、いざとなれば父の会社に就職すればいいと思っておりました。しかし、その時になり父に入社させてほしいと相談すると、案の定「ダメだ」という返答がありましたが、何度か話す中で3つの条件を提示されました。入社までに強く印象に残ったことが、千葉県北柏にあった全寮制の伊藤ハムの食肉技術学校の1年コースに入学した際に、夏休みに富士の陸上自衛隊に1カ月間体験入隊した経験です。あまりにも辛く、いい意味で「学生」ではなく「社会人」になるという自覚が芽生えた瞬間でした。

  • 社会人時代

    入社当時は職人気質の体育会系の会社でしたので、上下関係も厳しく、誰かが誰かに仕事を教えることや、支えるという文化がありませんでした。だからこそ、転職を推奨する時代でもあり、この社風に合わずにほとんどの人が継続せずに辞めていくのを目の当たりにしてきました。しかし私は会社を継ぐ意思があったので、辞めるわけにはいかず、まずは周りの社員に認められるよう努めました。具体的に言うと、社外に対しての営業として飛び込みに近いぐらいの営業をしながら、新しい取引先と販路を開拓し続けました。そのような中で、閉鎖的で受け身体質の強い社内に対し、人を育てていきたいと自然に感じ始めました。そこで営業担当業務の傍ら、従業員の評価制度や就業規定など、当時透明性のないものを全て数値化して、「見える化」するところから社内改革を行いました。

  • 社長就任のきっかけ

    社内改革を推し進めていく中で、平成9年に唯一の取引銀行であった北海道拓殖銀行が破綻してしまいます。取引先へも多額の支払い遅延が発生し、業界内にも不安情報が流れていました。私自身、常務取締役に就任し、倒産も覚悟しながら資金調達に奔走し、約1年かけて多くの方の支えもあり、危機的状況を乗り切ることができました。そして父より経営のバトンパスを受け、2009年に代表取締役社長に就任しました。その後O-157食中毒事件、国内BSE問題など食肉業界の波にもまれながらも、看板ブランドとなる「TOKYOX」を中心に、その時々で新しいことも柔軟に取り入れながら、乗り越えてきております。

  • 現在の事業

    弊社には工場が全国にありますが、肉を切り身に分けて1枚のステーキ肉にしたり、肉に味付けや揚げて商品を作ったり、焼いたり蒸したり加工をするなど、仕事内容が多岐にわたっております。元々弊社は問屋でしたが、時代のニーズに合わせ変化し、今ではメーカーとして食肉業界の発展に努めております。それに伴い、必要人財も変化していきました。当初は身体が大きく忍耐強い社員が理想でしたが、現在は仕事内容が多岐にわたっており、時代のニーズに合わせた様々な部署や人材が必要になってきております。また従業員に対して配慮し、休憩室は居心地がいい空間にしなくてはいけないと考えております。同じ空間に仕事をしている人がいると、休憩している人が休憩している気にならないため、現場とは全く違う空間にしております。本社が全事業所のモデルとなって、徐々に各事業所に繋がっていくように取り組んでいます。

  • 今後の目標

    肉を加工する技術や肉を扱う知識は、もっと価値の高いものであると思っております。さらに日本の食肉業界の地位を高めていきたいと思い、もっと皆が夢を持って憧れる業態になっていってほしいです。そのため弊社では、更なる食肉活動やイメージアップに力をいれ、食肉業界が選ばれる職場になってほしいと思っております。また、働いている人が自分の会社が好きで、自分自身の仕事に誇りを持っていたら、自分の息子が就職活動等で悩んでいたら「お父さんの会社に推薦するよ!」と言える会社は素晴らしいと考えており、そういった会社を目指しております。

  • 若者へのメッセージ

    若い時に心に残った言葉があり、その言葉は「三カク精紳」というものです。「三カク精紳」とは「モノを書く、汗をかく、恥をかく」の三つであります。特に「恥をかく」ということは、なかなか積極的に出来ない部分だとは思いますが、いい意味で若者の特権だと思っております。例えば、会社で大きな声をだして挨拶するとなると勇気のいることだと思いますが、社員からすれば「お!あいつは元気だな!」と良い印象をもってもらえます。恥をかくことで結果的に自分の成長の機会の創出に繋がります。若者の皆様は、勇気をもって「恥をかく」ことを恐れずにいってほしいです。

会社概要

企業名 株式会社ミート・コンパニオン
所在地 東京都立川市富士見町6-65-9
業種 農林水産
製造
設立 1974年
資本金 6,000万円
従業員 512名/その他派遣会社従業員 約220名(平成31年3月現在)
事業内容 食肉卸売事業、食肉製品を中心とした食品製造事業、海外輸出事業他
URL http://www.meat-c.co.jp/

関連動画