株式会社マツシマホールディングス
松島 一晃

京都の歴史あるカーディーラー

1955年創業。京都を中心に、複数のメーカーを取り扱うカーディーラー。保険の営業を経てマツシマホールディングスに入社した賢者は、一人ずつ社員との対話を重ね、「世界一の中小企業になる」という目標に向かって更に顧客との感情的な繋がりを深める姿勢を打ち出し会社を前進させる。父から教わった義理人情を会社全体の取り組みとして反映させるという取り組みに迫った。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 松島 一晃
会社名 株式会社マツシマホールディングス
出身地 京都府
出生年 1986年
こだわり 全ての社員と直接話す
趣味 スポーツ、スポーツ観戦
特技 社員の顔と名前を覚えること
休日の過ごし方 家族ランチ
座右の銘 人生は全て自分次第
好きな食べ物 卵料理、焼き肉、ラーメン
尊敬できる人

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    物心ついた時から父から「お前は将来社長になるんだ」と言われて育ちました。親の敷いたレールに乗るなんて、と反発する人もいるかもしれませんが自分にはよかったようで、早いうちから覚悟が出来たと思いますし、そのために今何をするのかと考えることができたと思っています。父から一番厳しく言われた事は「義理人情を大切にしなさい」でした。社長になるのなら立派な人間にならないといけないと意識していました。この会社をまた次の世代に繋がなければ、と強く感じています。

  • 社会人時代

    東京海上日動火災で5年間勤めましたが、人と人とが向き合わないといけないと強く感じました。それは今でも一番大切にしている事です。本気で向き合う上司に恵まれた事により、仕事というものの本質や向きあい方を学べたと思います。本当に周りに方々に恵まれました。

  • 就任のきっかけとその当時

    父から社員と変化を体験するのが大切だと言われ2017年から代表を父である社長と共同で務めています。結果的には最高のタイミングだったなと感じています。社員一人一人と向き合う事を心がけました。父からはある程度のことは任せてもらっていました。「これまでは自分がやってきてうまくいってきたがこれからは新しい時代だから色々考えてやっていけばいい」と言われていました。ここまで広げた経営者でありながらそう言えるのは素直に凄いと思うと同時に、しっかり応えられるようにとも思います。

  • 現在の事業

    「全員でつくる家族と社会に誇れる会社」という企業理念の実現です。この理念自体は2015年に出来たものですが、これまでの60年間でやりたかったがやりきれなかったことだと認識しています。利益を上げる、お客様に信頼して頂くというのは当然取り組まないといけませんが、それと同時に働いている社員がこの会社で働いていることを誇りに思ってほしい。家族と社会に自慢できるような会社になりたい。そのために給与面含む福利厚生や労働環境の改善、評価制度の見直し、社内研修の強化、知名度向上のためのマーケティング活動や地元社会・伝統文化への貢献など様々なことに取り組んでいます。

  • 今後の展望

    自動車がなくなるとは思いませんし、これからも自動車をお客様にお届けすることが大切な使命であることは変わらないと思いますが、今後大きく環境が変わっていく可能性はあります。競合が増えるかもしれません。売り方、買い方、流通も変わるかもしれません。自動車を所有しない人も増えるかもしれません。全く関係ないことでなくあくまで自動車を中心に、お客様にどういう価値を提供していけるか。そして価値を提供する側の人たちがどう育っていくか。そういうことを考えて取り組み続けたいと思います。

  • 若者へのメッセージ

    まだまだ偉そうなことを言える立場ではないですが。義理人情を大切にしてほしいと思います。生産性とか権利とかの名のもとにそこが軽んじられるような風潮を感じますが、義理人情を大事にできる人たちと付き合いたいですし、技術が進歩普及して便利になっていって、残るのは人対人だと思っています。最後はそこを大切にできる人や企業が生き残ると思っています。

会社概要

企業名 株式会社マツシマホールディングス
所在地 京都府京都市右京区西院寿町40-3
業種 卸売・小売
飲食店・宿泊 - 一般飲食店
サービス - 専門サービス
設立 1955年
資本金 5,000万円
従業員 525名
事業内容 自動車ディーラー業
URL https://matsushima-hd.co.jp/

関連動画