レヴェドボゥ化粧品株式会社
小倉 イツ子

裏切られても裏切らない
人を信じて歩み続ける

結婚した女性は専業主婦となり家庭に入ることが当たり前だった時代。 そんな時代からメイクアップアーティストという職業を確立することに 奮闘した賢者。女性たちを美しくすることに人生を捧げた賢者が貫き通した信念とは

SHARE

賢者プロフィール

氏名 小倉 イツ子
会社名 レヴェドボゥ化粧品株式会社
出身地 大阪府
出生年 1945年
こだわり お客様一人一人を大切にし、美しくすることで自然に仕事に繋がる
趣味 料理(自身で創作すること)
特技 数字
休日の過ごし方 片付け
行きつけのカフェでお茶を飲む
座右の銘 変わらない心
好きな食べ物 和食
尊敬できる人 父母

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    1945年、大阪で生まれました。終戦後、岡山に移り住み、小学5年生まで過ごします。友人も多く出来、現在でも交流しています。何もない時代でしたが、先生や周りの方々もやさしく、家族的でした。活発な子だったようで、その時の友人が悪かったと今でも話題になります。小学6年生より、大阪の小学校、中学校と進み、帝国女子高等学校へ進学しました。学生時代はかなり硬派で、正義感の強い子どもでした。小学校~高校時代を通じ、今でも良い友だち関係を築いています。

  • 社会人時代

    高等学校卒業後、ホテルに就職したが、自分の思いと違い退社しました。オリンピックもあり、高度成長の時代に入りました。その後は、銀行に勤務し、銀行では、仕事や組合活動など、この経験が今現在の自分に繋がっていると思います。

  • 就任のきっかけとその当時

    ほとんどの女性が家庭に入る時代、女性でも仕事を持つべきと言う思いから、29歳のときに、まだ日本では、メイクアップと言う職業がない時代に映画や舞台等では師弟関係でのみ成り立っていた技術の習得を、学校で習得し、映画、舞台、TVはもちろん、広く美容関係で活躍できるよう日本メークアップアーチスト学院を設立しました。

  • 現在の事業

    当初日本メークアップアーチスト学院として、将来のメイクアップアーティストの学校として育成に力をいれていました。今も数多くのメイクアップアーティストの卵の育成をしています。またレヴェドボゥ化粧品としては、上質な化粧品を正しい使い方で、顧客に届けることを目的に、売るだけではなく美しくなってもらうことを何よりも大切にしています。カウンセリングをしてその人の肌に合った化粧品を使ってもらうようにしています。

  • 今後の展望

    レヴェドボゥ化粧品株式会社を創業した当初から変わってはいませんが、売ることを第一に考えるのではなく、まずは美しくなってもらうことを考えています。それは今後も変わることはありませんし、まずは美しくなってもらうことから、販売にも繋がっていくと考えています。また時間に制限のある女性が働きやすい仕組み作りとして代理店方式をとっています。だからこそ働ける時間で、無理なく、女性でも自身の自由や今後の展望も考えれるようになっています。

  • 若者へのメッセージ

    何でも良いので、まずはやってみることです。失敗しても、失敗しても、失敗してもやり続けてみてください。そうやってつまずきながらも、努力することで何かが見えてきます。それに自分自身が気付くことができれば大丈夫です。やり続けることで、良き友人、支援してくれる人が出てきます。そういった繋がりを大切に頑張ってください。

会社概要

企業名 レヴェドボゥ化粧品株式会社
所在地 大阪府大阪府大阪市北区小松原町3番3号OSビル15F
業種 製造
卸売・小売
教育・学習支援業 - 学校教育
設立 1990年
資本金 4,000万円
従業員 10名
事業内容 メイクアップアーティストの育成
レヴェドボゥ化粧品の製造・販売
URL https://ilove-rever.com/

関連動画