KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社ノーヴィック金田昌彦

見方を変えれば

株式会社ノーヴィック 金田昌彦
この映像・情報は 2013年5月 当時のものです

内容

人は現状に不満を感じ、何かを打開する。例えば仕事。仕事に対する不満が辞める最大の理由になる。そしてより良い環境を求める。しかし、見方を変えれば今の現状は人生における大きなチャンスかもしれない。その意味は動画の中で!

関連タグ
男性 1970年代生まれ 中部地方の会社 熱血 創業

株式会社ノーヴィック

新郎新婦に最高の結婚式を提供する株式会社ノーヴィック。結婚式を通じて彼等が送り届けるものとは?

氏名 金田 昌彦
会社名 株式会社ノーヴィック
出身地 愛知県
出生年 1978年
こだわり 日常に感謝すること
趣味 旅行、読書、運動
特技 全ての事柄をポジティブに捉えること
休日の過ごし方 家族と過ごす
座右の銘 先義後利
心に残る本 多くの経営者の方々の本
尊敬できる人 二人の祖母
現在の仕事の魅力と苦労 大切なお客様に一生懸命サービスを提供すると感謝を伝えていただけることです。これほど感謝という言葉がいきているありがたい仕事はないと思っています。またそれを素晴らしい仲間達と共に、サービスの向上と鮮度を追求し、挑戦し続けることに大きな魅力があります。苦労は思いあたりません。
日本を背負う若者へのメッセージ 私はまだまだ若者へメッセージを送れる立場ではございませんが、私自身いつも自分に戒めていることは、自分が求める目標、夢には、正面から向き合い、本気の本気の本気で、全ての視点をポジティブに捉えて深く考え、ひたむきに一筋に行動をし、結果がでるまで変化し、やり続けるということです。またこの恵まれた時代に産まれ育てていただいた世代としては、「心豊かになる生き方」を追求していきたいと思っております。
幼少~学生時代 父は一般的なサラリーマン、母は早朝からパートタイムに行っていました。真面目に働く両親のもとで育ちました。そのため、物心ついた頃から、朝は6時には起きて、妹を連れて、親戚などの家に朝ごはんを食べに行き、そこから学校へ通う生活をしておりました。親には本当に感謝しておりますが、決して裕福な家庭ではなく、私が中学に行く頃には、父は土日もアルバイトに出ておりました。我が家はサラリーマン家庭でしたが、親戚はほとんどが会社経営をしている環境でした。物心ついた頃から大人の会話をよく聞く子供で、どこの親戚の会社が順調で、どこが厳しいとか、サラリーマン家庭はどうだとか、バブルで会社がどうなったかなどを今でも事細かに記憶しております。小学生時代に平家物語の盛者必衰、おごれる者は久しからず。という言葉が実社会に紐づいて感じた記憶があります。その様な事から真面目におごらず生きる、生き方の大切さを学んだように思います。
社会人時代 大学卒業当時は自分がやりたいことが明確になく、1、上場企業(親が安心するかと思い)2、非常に教育が厳しいと評判な会社(自分の成長の為)3、形ないものを販売している会社(将来起業したいと思っていた為)の3点で就職活動し、システムインテグレータ企業へ就職をしました。今でも親交ある厳しくも愛ある上司の方々に恵まれ、徹底的にビジネスの原理原則を教えていただきました。システムの仕事は様々な業界の企業の販売管理や生産管理、また会計経理人事などの課題を改善していく提案をしていく仕事であり、そのおかげで、様々な業界のルールや会計の知識を身につけることができました。結果としてこの経験をさせていただいたことが、今に繋がっていると思います。またその後、このブライダル業界に転職をし、そこで一緒にお仕事させていただいた方々からはこのブライダルの仕事との向き合い方、人間の感情についての原理原則を教えていただいたように思います。
起業のきっかけ 父にサラリーマンではなく、職人になりなさいと言われてきました。手に職をつけ、自分で何かを作っていく仕事について欲しかったのでしょう。ただ私は職人を少し捉え違え、幼いころより、自分で起業する意識を強く持つようになりました。最初に就職したシステム会社は自分が求めて入った環境でしたが、好きなことという視点では選んでおらず、起業するときは漠然と好きなこと、自分の特性は何かを冷静に考えてやりたいことを仕事にしたいと常々考えておりました。結果、自分自身が結婚式をした際に感じた感動と、ものすごくシンプルですが、「お客様にありがとう」と仰って頂ける仕事に就きたいと、ブライダル業界に転職いたしました。お客様に素敵な結婚式の一日を提供したいと思い、披露宴会場に所属する中で、披露宴をしないお客様のニーズがあること、様々な背景やお客様によって結婚式のスタイルも変化していることを学び、NOVICを起業いたしました。
起業当初 苦労話としてはお話がなかなか浮かびません。「結婚式の一日を最高の一日にするサービス」「結婚式の選択肢を増やすサービス」を本気で考え、日々生活をし、披露宴会場に勤めている際も、まずは結婚式の文化、業界の過去と今を知ることを心がけ、同業の様々な方々と出会う場にて自分の夢を話しておりました。その為もあってか、たくさんの方々に応援していただき、創業時から素晴らしい仲間にも恵まれ、振り返ってみても、本当にありがたい環境で起業させていただいたように思います。自分の特技にも書きましたように、全ての事柄をポジティブに捉えることが得意なので、ひょっとしたら一般的には苦労と言われることもあったのかも知れませんが、全ては自分自身と仲間の成長、企業の成長の為に勉強させていただいていた通過点だと思っております。
今後の目標 現在は2つのビジョン「結婚式の一日を最高の一日にする」「結婚式の選択肢を増やす」を軸に、披露宴をする方のアフターパーティー(二次会)、リゾート挙式をする方のお披露目ウェディングパーティー、披露宴をしない方のウェディングパーティーをお手伝いさせていただいております。今後もお二人の背景にあわせて、多様化しているお客様のニーズがマストであると考え、お客様のスタイルに対し、プランナーという人間力(ソフトウェア)にて、お客様の声を誠実にお伺いし、その声を実現する事を追求し、その時代にあったウェディングパーティーをご提案していきたいと考えております。企業の生命であり、財であり、そして付加価値であるNOVICプランナーが一丸となって、このブライダル業界のオンリーワン企業を目指して行きたいと考えております。
企業名 株式会社ノーヴィック
所在地 愛知県名古屋市中区栄3-19-5
BUILD ZERO 7F
業種 サービス - コンサルタント
設立 2009年
資本金 1000万円(2013年5月現在)
従業員 108名(2013年5月現在)
事業内容 アフターパーティー(2次会)、事業アフターパーティー(2次会)演出企画事業、ウェディングパーティー事業、ウェディングプランナー教育事業、ブライダル業務請負事業、パーティー会場受託事業
URL http://www.novic-w.jp/