ダオファン・グループ
ルアン リットダン

この映像・情報は 2011年10月 当時のものです

人生はコーヒーのようにほろ苦い

コーヒーほど身近にあり、こだわりを持つ人の多い飲み物はあるだろうか?ヨーロッパ人を中心として世界中の多くの人から愛されるラオスのコーヒーのように深い味わいの賢者がそこにいた。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 ルアン リットダン
会社名 ダオファン・グループ
出身地
出生年 1948年
趣味 料理
特技 料理
座右の銘 「人の恩を忘れない」
心に残る本 『三国志』
尊敬できる人 両親
日本を背負う若者へのメッセージ 日本では年配の方もとても元気に頑張っていて、若者からもとても尊敬されているように感じます。私もそういう人になりたいと思っています。私は会社を設立してすでに20年経ちますが、最初の段階から今でもたくさんの問題があります。しかし問題があったとしても諦めないことが重要です。いくら失敗しても何度でも立ち上がって、自分の国のためという想いで頑張っていくことが大事です。

賢者ヒストリー

  • 幼少~学生時代

    8人兄弟の長女として生まれました。長女として弟や妹の面倒をみなければいけませんでした。生活するためにお金になることは何でもやりました。他人の家の掃除や洗濯をして稼いだり、他にはとうもろこしを焼いて販売したりしました。

  • 起業のきっかけ

    大人になってからは自分で商売をしていましたが、周りから「どうして会社を作らないの?」と言われていました。その頃は会社を作る勇気もありませんでした。アドバイスをもらい、起業することにしました。もとからそんなに賢いとは思っていなかったのですが、ほとんど商売に関する計算は得意でしたね。コーヒーを販売しようと思った理由は当時ヨーロッパの人々がラオスのコーヒーをよく買っていたのを目にしていたからです。それをきっかけに、ラオスのコーヒーを多く栽培することになりました。

  • 起業当初

    コーヒー豆の木は霧に弱いのですが最初に植えた段階で霧に見舞われた為に全滅してしまいました。その後、霧の被害に遭わないようにする対策として、コーヒーの木に似ているタンリンドの木を植えるのです。タマリンドの木は霧からコーヒーを守ってくれて、食用として使われるコーヒーの葉も辛くならず、商品として販売できます。他社との競争については苦労が絶えないと思います。一番悩んでいることは、会社の評判を悪くする噂をたてられることです。私は悪いことは全くしていないので心苦しいです。

  • 今後の目標

    会社はどんどん拡大されているように見えますが私はそうは思いません。お客様が我が社の商品を求めてくださっているのです。色々な国から代理店として販売したいとの声をかけて頂けます。今、色々な国で我が社のコーヒーを求めてくださっていますが、これからさらに美味しいコーヒーを作っていきたい、世界に1つだけのコーヒーを開発したいと思っています。

会社概要

企業名 ダオファン・グループ
所在地 333 Ban Phonekoung, Mekong River Crossing Bridge A
Pakse District, Champasak Province
業種 サービス - コンサルタント
卸売・小売
事業内容 コーヒーの栽培、コーヒーショップの運営
URL http://www.daoheuanggroup.com/

関連動画

CONO Kaasmakers エリック フルスト

CONO Kaasmakers

エリック フルスト

株式会社ドクターシーラボ 城野 親徳

株式会社ドクターシーラボ

城野 親徳

Tommy Bahama Doug Wood

Tommy Bahama

Doug Wood

チュングエン・コーヒー ダンレ グェンヴー

チュングエン・コーヒー

ダンレ グェンヴー

GEOX S.P.A マリオ モレッティ ポレガート

GEOX S.P.A

マリオ モレッティ ポレガート